山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:遠野の水辺( 27 )


2016年 03月 15日

早春の水面

c0337257_23290355.jpg
早春の山間
c0337257_23292092.jpg
水面に引き寄せられる
c0337257_23292801.jpg
水に温かさを感じるようになったからだ
c0337257_23293670.jpg
なにも緑が見えないが
c0337257_23291058.jpg
五感は春を感じている


by Wild_Cat_Seeker | 2016-03-15 23:35 | 遠野の水辺 | Comments(2)
2016年 03月 05日

足ヶ瀬TV 解氷速報

c0337257_11011645.jpg
軽便 跡子 候補
解氷率20% 春当確はまだ出ません。
c0337257_11012049.jpg
解氷率70% あ、出ました。
軽便 跡子 候補! 春当確です!
c0337257_11012336.jpg
え~、ただいま入った情報によりますと、軽便 跡子 候補陣営で
融雪剤による不正解氷があった模様です。

残念ながら春当選取消です。。。。。

な~ちって。。。
氷も消えつつあるのに、ワタクシのギャグは滑りまくり・・・・
いまだに真冬の寒さ哉・・・・_| ̄|○


by Wild_Cat_Seeker | 2016-03-05 11:12 | 遠野の水辺 | Comments(3)
2015年 05月 11日

遠野郷が「みずうみ」になる日は?

この季節、遠野郷をクルマで流していると、田に水が入りつつある風景に出会います。
c0337257_07542180.jpg
だいたい、GW前に田を起こし、GW中に素晴らしい「かほり」がする天然由来肥料^^を撒き、GW後に水を入れ、5月中旬から下旬に田植えと作業が進むようですが
今年は陽気が良かったせいか、少々進行が早いようでした。
c0337257_08282976.jpg
水が入っている田が増えてくると、あそこに行って俯瞰で見なければなりません。
c0337257_08283080.jpg
ということで高清水はトウヌップ展望台へひとっ飛び^^
c0337257_08282904.jpg
松崎は登戸、野田の辺りは特に早いですね。
c0337257_08282995.jpg
「あたいの姐さん」がおわす松崎橋近辺も水鏡化進行中

遠野物語の序文じゃないですけど、

「三つ四つ五つの田を続けて水を張りしは、すなはち一家に属する田にして、いはゆる名処の同じきなるべし。」

なのか?(自信なし^^)
c0337257_08282938.jpg
順調にいけば、5月16日までには一面に水が入り、遠野郷は「みずうみ」と化します。

近年、米価が下がり、作っても赤字になるため、他の作物に転作する動きがあるとニュースで拝見しました。値下がり原因のひとつはコメの需要が減っているから、つまりワタクシたちがコメを食べなくなったから、と言われています。

遠野郷がいつまでも美しい水鏡風景を見せられるよう、
みなさん、コメを食べましょう!^^/



by Wild_Cat_Seeker | 2015-05-11 06:25 | 遠野の水辺 | Comments(0)
2015年 02月 18日

先端恐怖症の方、ご遠慮ください。

c0337257_22490954.jpg
ワタクシも何を隠そう・・・・雨の日の雑踏は大の苦手ですぅ。。。


by Wild_Cat_Seeker | 2015-02-18 22:51 | 遠野の水辺 | Comments(2)
2014年 12月 07日

用水路

c0337257_20480687.jpg
風情あり


by Wild_Cat_Seeker | 2014-12-07 20:49 | 遠野の水辺 | Comments(3)
2014年 12月 04日

トンノミオータムン

c0337257_19391101.jpg
この冬のさなかに、なんとする?
c0337257_19391232.jpg
残暑の季節を懐かしむ
c0337257_19391395.jpg
トンノミに近づくと、水面が乱れる
c0337257_19391300.jpg
やはり、此処は今も霊異な場所なのだ。
c0337257_19391341.jpg
葦毛の駒に跨った貴人が出てこないうちに立ち去ろう


by Wild_Cat_Seeker | 2014-12-04 19:57 | 遠野の水辺 | Comments(2)
2014年 10月 13日

早瀬川散策

夜明け頃は深い霧だった遠野郷

c0337257_12331377.jpg
午前8時には完ぺきな秋晴れである(あった。^^)

遠野郷八幡宮へは歩いて行くことにする(9/21の事です)
まぁ、これはほんの軽い気持ちだったのですが・・・・


c0337257_12331354.jpg
定番風景

早瀬橋からの六角牛山
まさに千両役者です。


c0337257_12331353.jpg
この木何の木気になる木・・・・・

あ、栗でした!
歌変えなきゃ・・・・・
小さな栗の木の下で・・・・・


c0337257_12331385.jpg
対岸をカマーが通る。

おそらく「はまゆり2号」です。


c0337257_12331306.jpg
女の子カッパの看板は珍しいです。

なんか、「ふぁいと!」と励まされているようで^^


そう、そろそろ左に曲がらないといけないのですが、
これがなかなか道が無いのですよ。
ようやく曲がれたのは、遠野病院と八幡宮を結ぶラインより、かなり東でした。


んでも、そのおかげで心地よき光景に出会えたのですから
けがの功名でやんすよ。


その話はのちのち・・・・





by Wild_Cat_Seeker | 2014-10-13 23:29 | 遠野の水辺 | Comments(2)
2013年 12月 11日

しぶき氷を街中で

冬の遠野で、もっとも美しきものの一つに「しぶき氷」があります。



c0337257_12311130.jpg



ただ、見られる場所が少々山奥で、万人が気軽に見ることは能はずなのです。



でもですね、ワタクシ発見しました。
街中でも「しぶき氷」が見られることに!



それがこれです!



c0337257_12311141.jpg



これです!



c0337257_12311174.jpg



場所はこちらです。



c0337257_12311172.jpg



どうです?
お得で楽で綺麗でしょう?      ・・・・・むむっ 殺気!



by Wild_Cat_Seeker | 2013-12-11 22:48 | 遠野の水辺 | Comments(4)
2011年 06月 17日

華道を少々

池の傍裏潜家踊鹿流第十三代家元作



c0337257_12242857.jpg







c0337257_12242849.jpg


いや、なかなか・・・・このやうな境地にまで達するには、
さぞかし鍛錬を積まれたのでしょう。





 



by Wild_Cat_Seeker | 2011-06-17 01:37 | 遠野の水辺 | Comments(2)
2011年 03月 08日

重湍渓へ・・・

c0337257_12234074.jpg



さぁ、いぐど~!



c0337257_12234091.jpg



をおっふ!
こりゃ、重機が必要だわいw



本当は雪の重湍渓(ちょうたんけい)を満喫(マンガ喫茶ではないw)して



c0337257_12234114.jpg



橋とこの風景を収めたかったのだが、、、
徒歩でいくか?



c0337257_12234180.jpg



クルマ止める場所がないよ。
う~む、Uターンもままならないので、直進するしかないね。



で、駐車スペースを探して走るうちに小出の集落を通り過ぎ、



いつのまにやら重湍渓の文字はワタクシの側頭葉から抹消されてしまった。



今日のエントリーのタイトルは「重湍渓へ・・・行けなかった」でしたね。



すんまそんすんまそんすんまそん・・・  _|‾|○






by Wild_Cat_Seeker | 2011-03-08 23:06 | 遠野の水辺 | Comments(5)