山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:遠野の里( 261 )


2017年 12月 09日

初冬の奇跡

c0337257_10430230.jpg
とある年の初冬のとある日、ワタクシは「つぎもす」の奥までバスで行き、
c0337257_10432460.jpg
「遠野ふるさと村」まで歩いたことがございました。
c0337257_10433304.jpg
街道沿いはクルマで辿っただけでは見逃す、歩いたからこその発見がございました。
誰がガケの上に水路があり、古き墓石があると想像できましょうや?
c0337257_10434288.jpg
川に遊ぶ白鳥も歩いているからこそ目に留まるもの
c0337257_10435113.jpg
今は無き風景ですが、お気付きでしょうか?
ワタクシは「遠野ふるさと村」を通り越しております。

何が起こったのか・・・・・

まさか、路線バスが冬籠りをするなど、誰が想像できましょうや?

バス路線が生きているであろう「つつぶつ」まで歩くことを決意したワタクシ・・・
結論から申し上げれば、このバス停のほんの数十メートル先で歩みを止めました。

何が起こったのか・・・・・

まさか、あの広い遠野で知人がクルマで通りすがるなど、誰が想像できましょうや?


by Wild_Cat_Seeker | 2017-12-09 11:33 | 遠野の里 | Comments(2)
2017年 12月 02日

師走のココロはハハ(笑)心

ちょっと気を許したら、もう師走ですなぁ
つい、この間、雑煮を食ったばかりなのにwww

そして、この時季の振り返りはワタクシに膨大なプレッシャーを与える。

12月初旬に遠野へは伺ったことがない・・=写真は無い。
なので、まったくの模倣エントリーをしでかす吾ありw

c0337257_19161524.jpg
里を大寒波が襲い・・・(ただし数年前w)
c0337257_19201210.jpg
街中もまとまった降雪・・・(えっと、数年前ねw)

でも、陽が射せば、小春日和になるのも12月初旬ならでは(推測w)
c0337257_19381978.jpg
そうなると里へ行きたくなるのは山猫のサガ
c0337257_19391635.jpg
しかし、この時節、歩きでこの辺りを移動する人は、極めて稀でして
c0337257_19385672.jpg
家々の奥から、「アヤシイヤヅ」光線を浴びて、横っ面や背中が痛いw

そんな痛みは・・・・もうお分かりですね?

指圧のココロは母ココロ、押せば命の泉湧く!

指圧で癒しましょうwww


by Wild_Cat_Seeker | 2017-12-02 19:50 | 遠野の里 | Comments(0)
2017年 11月 18日

気付けば冬な日々

今から1週間後の未来のハナシです。(ただし11年前のネw)
c0337257_22270570.jpg
夜明け直後、朝飯前に郊外を廻ろうと愛車に近寄れば・・・・
「初号機は凍結中」www

エンジンを十分にアイドリングして、デフォッガーをフル回転させて
フロントガラスの氷を溶かす。
c0337257_22272938.jpg
数日前(ただし11年前のネw)に早池峯は冠雪
モルゲンロートが美しい!
だけど・・・・・めっちゃ寒かった!(今でも震えあがりますw)
c0337257_22275608.jpg
氷点下5℃というところでしょうか?
c0337257_22281184.jpg
もちろん・・・凍りついていますw
c0337257_22281853.jpg
かなり厚く・・・スケートが出来るほどw
c0337257_22282106.jpg
2度目の冠雪を果たしたお六を朝一番の羽田行きが手刀を切る。

真実の遠野は、昨日初雪を果たしたそうで・・・

季節はまた廻る


by Wild_Cat_Seeker | 2017-11-18 23:05 | 遠野の里 | Comments(4)
2017年 10月 15日

流れる時間はそれぞれ

ワタクシ、大きな勘違いをしていました。
遠野まつりの最中は、遠野市民総出でまつりに携わっているものと・・・・
c0337257_17403858.jpg
しかしながら、開店直後のパチンコ店は次から次へとクルマが入ってくる。
おいおい、遠野市民よ! まつりはいいのか?
じぶん祭りを「じゃんじゃんばりばり」やっているよ~w
c0337257_17372109.jpg
運動公園では、ぱこ~ん パこ~んとテニスに興じる方も居れば、
背後の野球場では白熱の試合を行っているし・・・(もっとも両チームとも県外でしたが)

ん?
ここまで書いて気付いてしまった。。。

そもそも、あ~た!
え? ワタクシ?

そう、あ~た! 
あ~たこそ、まつりそっちのけで、こんな処で油売ってていいんですかっ?

ええっと、あ~、そ、その~~
あ、山田君だ! お~い! 山田~、やぁまぁだぁ~~~!

と青笹方面に遠ざかるドップラー効果・・・_| ̄|○


by Wild_Cat_Seeker | 2017-10-15 15:13 | 遠野の里 | Comments(4)
2017年 10月 10日

初秋の遠野郷(松山限定w)

c0337257_17495883.jpg
市内から飯豊に向う道沿いで一際(ひときわ)異彩を放つ場所があります。
c0337257_17500812.jpg
連なる鳥居群!
手前の鳥居の笠は、あの地震で落ちたままです。。。。
c0337257_17501516.jpg
なぜ、ここに、鳥居が集中しているのか・・・・
遠野の方に聞いたような聞かなかったような・・・・
酒の席だったので、酔いが醒めるとともに忘れてしまったのか・・・w
c0337257_17502093.jpg
奥には小高い丘の上に社があります。
確か、地震が起きた年にまがってみた記憶が・・・
c0337257_17502700.jpg
横から見ると、ツイストを踊り始めている。
そのうち、おっけそうになるだろうね。
c0337257_17503060.jpg
栗の毬は徐々に拾われるようになっていました。
c0337257_17503552.jpg
地震の後は崩壊していた灯篭が復活しています。
c0337257_17504236.jpg
さて、話は元に戻る。。
なぜ、ここに鳥居が集中しているのか・・・・

ここは、かつては深い森で、遠野の城下から飯豊に帰る人を、きつねが化かしたという。
なので、「松山のきつねの関所」という称号が今でも生きている。
c0337257_17504777.jpg
あ、もうひとつ思いだした・・・
この場所は、かつては道があったと・・・
c0337257_17505207.jpg
これが旧道跡 ・・・ということになるのか・・・


by Wild_Cat_Seeker | 2017-10-10 06:48 | 遠野の里 | Comments(0)
2017年 09月 10日

遠野 夏の終わりに

c0337257_12135126.jpg
もう9月も半ばにさしかかろうとしている今日この頃
そろそろ夏遠野な絵を封印したいと思います。
c0337257_12140176.jpg
遠野を離れる直前、ふと、撮り忘れている風景を思い出し、田園へ
c0337257_12141967.jpg
を! やってるやってる! 遠野名物「もやしもん」
夏の最後を飾る絵としましょう。
あ、BGMも用意していますよ。
c0337257_12151579.jpg
♪すも~~くぉんざたんぼ~~~火の粉がばちばち~w
c0337257_12381157.jpg
火の粉がばちばち~w
c0337257_12472848.jpg
♪すも~~~~~くぉんざ
c0337257_12155079.jpg
うるさい! おだまり!



特別ゲスト「あたいの姐さん」の迫力ある〆でワタクシの夏遠野は幕を閉じましたwww


by Wild_Cat_Seeker | 2017-09-10 05:57 | 遠野の里 | Comments(2)
2017年 06月 19日

庭園

c0337257_14303899.jpg
気持ちの良い庭園だ!

これが関東だったら、入園料取りますネ。

思わず、ここにビーチマット敷いて
パン一で日光浴をしたいところですが

10分後に「トーノケーサツ」が駆けつけ
職質必至ですから
自重しないとwww


by Wild_Cat_Seeker | 2017-06-19 06:29 | 遠野の里 | Comments(0)
2017年 06月 18日

反省の聖地巡礼

岩手県遠野市土淵町山口

行政的に表記すれば、11文字の漢字で表記する

しかし、遠野フリークが表記すると 2文字の漢字で済む。

聖地

遠野を一躍全国区に押し上げた存在「遠野物語」
その情報の源が「山口集落」
それゆえ、此処を「遠野物語の聖地」と位置づける人は多い。


え? 前置きが長い?
このパターンのエントリーは、ロクな写真しか撮れなかった時・・・・

・・・・・・読まれとる。。。。_| ̄|○

以下、戒めと来年への糧として恥ずかしい中途半端な絵をアップしていきます。
c0337257_13045023.jpg
素直に山口の水車を撮れない。
挙句の果てに「ナニコレ?」な絵を切り取って自己満足w
c0337257_13052064.jpg
山口集落の入口にある「お出迎えの赤鳥居」(勝手に命名w)
切り取り方が難しい被写体です。
ワタクシ的にはこの構図がベストかとオモタのですが・・・どうにもこうにも・・・・
サクラが散っているからだ!
と責任転嫁する吾ありw
c0337257_13252818.jpg
山口版「桜下六角牛山の図」を狙った割には、杜撰な構図です。
中腰か、ヤンキー座りをすれば解決出来るのに、それをしないところが大甘です。
(ひじゃかぶ(膝)が痛い、など言い訳に過ぎないヨw)
c0337257_13254355.jpg
通称「偽孫左衛門」(呼んでいるのはワタクシだけw)
背景の家と被ってしまっているヨ。
もっと右に寄るか、寝そべってあおり気味にするかして、フレームアウトさせるべきでしょ。
ダメダメです。
c0337257_13271121.jpg
そんなワタクシが撮る大洞のヤマザクラは「凡庸」そのもの
続石(さすが)に気付いて小細工に走りますが
c0337257_14072923.jpg
一言で申せば企みが「あざとい」
二言目を足せば「技量不足」


そして、致命的なのは
c0337257_13274091.jpg
守りの姿勢
10年前のワタクシならば、迷わず突進していっただろう。
(挙句に脱輪するかもしれないがw)

老いたな・・・・ワタクシ


あ、なんだか自己批判が過ぎて、オチ込んできたw





by Wild_Cat_Seeker | 2017-06-18 14:24 | 遠野の里 | Comments(0)
2016年 08月 03日

がんりゅうおとも

小友といえば
c0337257_21570627.jpg
厳龍神社!
小友の入口に君臨するランドマーク!
c0337257_21584007.jpg
そこから振り返ると、かつてのゴールドラッシュタウン、かつての宿場町が彼方に収束していく。
c0337257_21585209.jpg
この流れの中に、こがねおくおく、かもしれない
それは幻想ではなく、正夢に近いかもしれない。
c0337257_21585758.jpg
ふたたび、厳龍神社を見やる
c0337257_21590000.jpg
威嚇する謎の生物と嗤うホワイトエレファント!

笑うといえば
c0337257_21590440.jpg
この奥に、笑うヤツがいたなぁ・・・・・

つーことで、晩酌が過ぎてヘロヘロなので、明日か明後日につづくw



by Wild_Cat_Seeker | 2016-08-03 22:22 | 遠野の里 | Comments(0)
2016年 08月 02日

おっともっと

お弁当チェーンの話ではござらんw
久しぶりに、彼の地を訪れました。
c0337257_22192399.jpg
聊か広い遠野郷
通い人の悲哀で、気がつくと、「あれは3年前、止める貴方・・・」みたいになります。
なんのこっちゃ?
c0337257_22192846.jpg
んで、こちらも、何年振りかで訪れたわけです。

きょうはヘトヘトですので、続きはまた・・・・


by Wild_Cat_Seeker | 2016-08-02 22:30 | 遠野の里 | Comments(0)