山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:安倍奥な日々( 12 )


2007年 04月 01日

April wind

雨の予報は覆った。
たまには地元を徘徊して春を楽しみましょうかね。



c0337257_12084129.jpg

静岡市民にはおなじみの竜爪山(りゅうそうざん)
空は晴れているのだが、青空が見えないヘンな天気。



c0337257_12084105.jpg

竜爪山の中腹にある穂積神社。
境内には樹高30mはあろうかという大杉がいっぱいあり、その姿は新幹線からも見えるほどだ。



c0337257_12084162.jpg

山を降りてくるとそこは観光施設になっていて水車は回るし



c0337257_12084113.jpg

はて、どこかで見たことあるような・・・(笑)木の橋が架かっているし



c0337257_12084144.jpg

ちょいと下ると興津川の流域に入りました。
鮎釣師の間では名の知れた川です。
しかし、変ですね~、なぜワタクシ額に汗しているのでしょう?



c0337257_12084109.jpg

ををっふ!
ヤクザな気温計なので 2,3℃引かなきゃいけませんが、それでも考えられない気温だ。
4月1日だよね?
4月の風にしちゃ、焼けていないか?

アメダスで公式記録を見たら午後2時で31.5度だったそうな。
真夏日やんか!?









by Wild_Cat_Seeker | 2007-04-01 16:57 | 安倍奥な日々 | Comments(12)
2006年 08月 11日

夏休みの絵日記6

なんか、久々に安倍奥なエントリーです。
気まぐれに目指したのは十枚山(じゅうまいさん)



c0337257_12063156.jpg
登り口の集落「中の段」
よくぞ、この急斜面を開墾した! 賞賛したくなる光景です。



c0337257_12063195.jpg
はいはい、判りましたよ。



c0337257_12063148.jpg
水場です。●●の巣窟でした。



c0337257_12063159.jpg
雲が騒ぐが、まあまあの夏空です。



c0337257_12063268.jpg



c0337257_12063207.jpg



c0337257_12063255.jpg
あの高みまで行こう。



c0337257_12063296.jpg
雲が騒ぐ・・・・



More

by Wild_Cat_Seeker | 2006-08-11 16:32 | 安倍奥な日々 | Comments(6)
2006年 03月 15日

もうひとつの青笹山

c0337257_12051545.jpg

これは先週登った青笹山の近くから撮影したものです。
山奥ですよ~~!!
c0337257_12051535.jpg
ほいで、これが林道からの入口。当然のことながら道標なんかありません。この写真は7月のものです。シシウドやクガイソウが真っ盛りでした。
c0337257_12051514.jpg
これのどこに道がある?

いやいや、かすかに、かすか~に踏み跡があります。

c0337257_12051566.jpg
でも基本的にはこんな感じです。
登山道という概念はここにはありまっせん!
c0337257_12051559.jpg

結局、途中の小河内岳でタイムアップ!お泊りセット(テント、シュラフ)を持っていなかったので、ここで撤退しました。青笹山はここからさらに3時間はかかります。
待ってろよ~! 必ず戻ってくるぞ!
c0337257_12051543.jpg



by Wild_Cat_Seeker | 2006-03-15 20:34 | 安倍奥な日々 | Comments(2)
2006年 03月 12日

天津山(下十枚山)

今週は平地人でしたので、せめてもの過去ログです。
2004年3月21日の記録です。
直前に南岸低気圧が通過しました。
春先のしぞおかの山では思わぬ降雪となります。


赤石岳から荒川岳の雄姿。

c0337257_12051581.jpg

右 聖岳、左 上河内岳。あそこに登ったのは遥か14年前のこと・・・・・
c0337257_12051511.jpg
安倍東山稜を振り返ると手前から仏谷山、少し奥に青笹山、頭だけ出しているのは真富士山。
c0337257_12051599.jpg
積雪は10cm~20cmなので体力はあまり消耗しないが、運動不足でふうふう言いながら到着しました。
天津山(下十枚山)1732.4m。
c0337257_12051561.jpg
富士山も本日はご機嫌であります。
おっと、yamanekoの素顔は放送コードに抵触するので、自主規制しました。
c0337257_12051569.jpg

あまりに激しい紫外線の照り返しで、yamanekoの顔は、オーブンに突っ込んだように焼けていました。
ここは四季を通じて素晴らしい山です。



by Wild_Cat_Seeker | 2006-03-12 22:55 | 安倍奥な日々 | Comments(2)
2006年 03月 04日

青笹山~第二真富士山

リハビリ登山第二弾です。
今回はちょっと欲張りすぎたかも。
出発点は先週と同じ『大河内県営林』。一昨日の悪天時に若干の降雪があった模様。林道上にも積雪があり、折からの冷え込みでアイスバーン状の箇所も見受けられ、『イナバウアー』で通過しました(笑)。
林道終点です。


c0337257_12051364.jpg
先週と同じく、先ずは浅間原を目指しますが、微妙にルートは変えました。
本日も南アルプス深南部の秘峰たちは元気です。


c0337257_12051303.jpg
南アルプス方面は雲多く、辛うじて光岳から茶臼岳が見えるくらいです。


c0337257_12051335.jpg
途中の造林小屋です。レトロなランプがありました。



c0337257_12051394.jpg
小屋の中は鍋釜 があり整理整頓すれば緊急避難できるかな? と思いましたが残念! 屋根がありませんでした。



c0337257_12051324.jpg
本日の第一目標『青笹山』は目前です。名は態を表すとおり、一面の笹原です。



c0337257_12051314.jpg

ほっと一息『Tea time』中です。


c0337257_12051327.jpg

春はそこまで来ています。


c0337257_12051342.jpg

おお~っと! まだ行程は長いぞ!
あれが最終目的地『第二真富士山』


c0337257_12051311.jpg

ふう・・・・やっと着いたよ!
本日、本物のお富士さんはご機嫌斜めで、一回も顔を出してくれませんでした。


c0337257_12051440.jpg

でもさあ、山の名前に第二はないよネ。イメージよくないよネ。と地蔵が嘆く。
ここは二等三角点です。一等、二等って差別するのはよくないと地蔵が・・・・


c0337257_12051427.jpg

ここからはバリエーションルートを使って下山です。2003年にも利用していますが前回はものの見事に道を失い難儀したルートです。
尾根に入るとすぐに現れる『とおせんぼ岩』(勝手に命名)


c0337257_12051431.jpg
上から見ると高さ30cmくらいの岩ですが、ご覧のとおりの落差があり、勢いで下ってくると肝を冷やします。


順調に尾根を下り、黒沢に向かって下降を開始します。とても判りにくいルートですが、
まあ、なんとか・・・・や、やべえ! またルートはずした・・・ここはどこ???


c0337257_12051404.jpg
なんと踏み跡は沢の右岸に付いてました。急がないとまた陽が暮れるぞ。


c0337257_12051449.jpg
なんとか、明るいうちに平野林道に降り立ったが、クルマのところまで林道を1キロほど登らなければならない。
ひ~~~、もうリザーブの体力ないよ!



ワタクシ、あそこから降りてきたのですよ。


c0337257_12051468.jpg
全工程 11kmは欲張りすぎだよ。明日は重度の筋肉痛でしょう。

コースタイム
大河内県営林(990m)11:12-13:04浅間原(1410m)13:04-13:51青笹山(1550m)13:55-14:05独標1518m(1518m)14:25-15:17湯野岳(1445m)15:17-16:18第二真富士山(1401.7m)16:25-17:22平野林道(880m)17:22-17:40大河内県営林(990m)



by Wild_Cat_Seeker | 2006-03-04 22:40 | 安倍奥な日々 | Comments(2)
2006年 02月 25日

浅間原-湯野岳

今日はおだやかに晴れ渡り、気温も10℃は軽く超えています。
そろそろ、登ってみましょうかねぇ。
ということで、雑用を放り出して安倍奥へ。 安倍奥な山々の奥に見えるのは聖岳と赤石岳でしょうか?
ここまで全く雪が無い。昨日の悪天は雪にはならなかったようです。


c0337257_12051205.jpg
さて、本日はガイドブックになんか絶対に載りそうもない『送電線巡視路』を使って、ちょっとワイルドな登山をします。

登山靴を履くのは8ヶ月ぶりかなぁ?(いいんですかい? リハビリ登山にこんなハードなところ選んで!) これが道しるべのかわり。


c0337257_12051253.jpg
赤布、テープは適度にあります。涸沢の直登はコタエますが、標高1280mくらいでトラバース道になって楽になり突然送電線に遭遇!

c0337257_12051213.jpg
これが浅間原のはじまり。たおやかな笹原が続きます。


c0337257_12051254.jpg
浅間原に到着。下渡への分岐にあった。


c0337257_12051261.jpg
しかし、眺望はその手前の方が抜群にいいです。
画像補正はかけましたが、ド迫力の富士です。下は雲海で滝雲となって峰を越えます。(しかし送電線がジャマ!!)


c0337257_12051208.jpg
こ、これはもしや・・・・


c0337257_12051365.jpg
湯野岳に到着です。陽はかなり低くなり、雲が掛かるとみぞれが落ちてきます。予定変更して、湯野岳から西に落ち込む尾根を降りました。


c0337257_12051393.jpg
やれやれ、陽が暮れた。
このあと15分でクルマを置いた林道にピタリと降り立った。


c0337257_12051325.jpg
ああ、足つりそう・・・・



コースタイム
【平野林道(大河内県営林の看板)(1000m)】14:39-14:43【巡視路2-103入口(990m)】14:43-14:59【涸沢出合(1130m)】14:59-15:32【涸沢離脱(1280m)】15:32-16:19【浅間原(1410m)】16:26-16:57【湯野岳(1445m)】17:02-17:45【平野林道(1000m)】



by Wild_Cat_Seeker | 2006-02-25 23:36 | 安倍奥な日々 | Comments(0)
2006年 02月 22日

本当の富士山

過去ログばかりで申し訳ない!
これは2003年10月19日の記録です。


この山の名前は真富士山(まふじさん)。或る意味、本物の富士山? 
街道から登山口に至る7kmくらいの間に

c0337257_22385092.jpg

歴史は浅いようです。ただ、この信仰心の強さに脱帽します。
人生の教義のような言葉が添えてあるのは余計なお世話ですが・・・。
で登山口に到着です。
c0337257_22385001.jpg
2006年2月現在、登山口はさらに林道の上300m付近に付け替えられています。

で、登った先は真富士神社。ここからの富士山は完璧の構図です。ちょうど弛み部分が窓のようになって、そこに風景画の如き富士が見えます。
c0337257_12051237.jpg


ここから程なくして第一真富士山です。

c0337257_22385030.jpg


盛りをすぎたリンドウが咲いてました。


清水方面を眺めてます。
c0337257_22412295.jpg

ついで第二真富士山です。ここから、バリエーションルートをたどってクルマまで戻りました。途中、道を失いましたが、カモシカさんの通り道をたどって無事林道に下りました。
c0337257_12051235.jpg
紅葉には1週間ほど早かったようです。



by Wild_Cat_Seeker | 2006-02-22 21:47 | 安倍奥な日々 | Comments(2)
2006年 02月 21日

ご近所の山

朝な夕な、視界に入る山に登ってみました。
正直どこから登れるかも判らなかったのですが、そこはそれ、培った野生の勘で(道がなければヤブに突進するけど)道を嗅ぎ分けました。

で登ったピークはこのとおり。 山の名前がわからなかったのですが、地元の方はもろ『安倍城』と呼んでいました。

c0337257_12051241.jpg

歴史は古く南北朝時代に狩野貞長なる人の築城らしい。
今川氏に攻められ落城したとのこと・・・・・

c0337257_12051224.jpg
東側の眺望はよいです。

しかし、この写真を見るとしぞおか市民は海と山の挟間5キロの範囲に密集しているのがよ~く判ります。



by Wild_Cat_Seeker | 2006-02-21 21:35 | 安倍奥な日々 | Comments(0)
2006年 02月 17日

晩夏2003

2003年8月24日の記録



大井川の西、ブナの原生林を手軽に楽しめる蕎麦粒山へ行きました。
車で山犬の段まで入れるのが魅力(堕落?)。山頂まで35分。

c0337257_12051113.jpg

山頂から。富士の山も遠く夏雲に隠るる。
c0337257_12051121.jpg

南赤石林道の惨状。何百億という金をかけても帰するところは自然破壊の連鎖である。

c0337257_12051177.jpg

しぞおかの秘峰、黒法師山。一等三角点マニア垂涎の峰。
c0337257_12051176.jpg


山を降りて、大井川鉄道の家山駅に憩う。

c0337257_12051182.jpg

雰囲気は昭和30年代でしょうか?
c0337257_12051132.jpg




by Wild_Cat_Seeker | 2006-02-17 23:00 | 安倍奥な日々 | Comments(0)
2006年 02月 12日

南アルプスの出発点

2003年8月10日の記録です。



静岡市内北部、浅間神社から始まる尾根があります。
この尾根をず~~っと北にたどっていくと南アルプスになってしまうんですね~!
そういう意味で、ここは南アルプス、なわけないですが、歩いておけばいつか本州横断の礎にはなるかな? ということで自宅近くまで歩くことにしました。

c0337257_12050964.jpg
これが出発点の浅間神社。しぞおか市民の初詣先№1?
c0337257_12050951.jpg
裏手に、なんと古墳があります。この日は先客がいて「もの凄い『気』を感じませんか?」と訊かれましたが・・・・



遠くに安倍川が見えます。さらに進むと次のピークが賎機山(173m)

c0337257_12051046.jpg
上の写真はその先、静清バイパス上あたりから中心街を俯瞰したところです。
c0337257_12051023.jpg

大分、我が家が近くなりました。このピークは下から見上げると、この杉の木が一本だけ目立つので、勝手に『一本杉山』と呼んでいました。北東西の展望が抜群で一本杉の向こうに伊豆半島まで見えてます。


c0337257_12051070.jpg
この尾根の終着点である竜爪山が見えます。まわりはさすが『しぞおか』って感じのお茶畑です。この先で送電線巡視路を使い、北部体育館へ下りました。
しかし、暑かった!
ペットボトルのお茶を2本消費しました。




by Wild_Cat_Seeker | 2006-02-12 22:02 | 安倍奥な日々 | Comments(0)