山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:遠野の里山( 20 )


2017年 12月 10日

冬、山恋し

山はすっかり根雪となり、クルマではもう登れない季節となりました。
しかしながら、体内に99%ほど「ば○」成分を蓄えているワタクシの
高いところ登りたい病は収まらず、知らず知らずのうちに代償行動を
おっぱじめるのです。
c0337257_12373571.jpg
愛宕様の急な石段を前にして息を整え、さぁ1歩を踏み出すと・・・・
素晴らしいまでに凍結したワイルドな石段は街靴のソールの摩擦係数を限りなくゼロに近づけやがります。
躊躇と逡巡を繰り返して・・・・
c0337257_12380556.jpg
石碑の撮影を始めるワタクシw
c0337257_12424038.jpg
いやしくも冬遠野を訪れる者、ビブラムソールの靴を履くべし
あるいは、バイパス沿いのコ○リやワ○クマンやホ○マックで
スパイク付きの長靴を購入すべし

ただし、それを履いた途端、あなたは地元民と看做され、すれ違う人々に会釈をしたりすると
怪訝な顔をされ「おめ、どごがでみだかおだな」と濁点話法を返されること請け合いであるw

いえ、ただの物好きなカンコーキャクでさぁ と返せば
顔と長靴を交互に数回見やった挙句に、首を傾げながら去って行く。
ぼがだべ、カンコーキャクが寒くて何もない冬遠野に来るわけないべ
と背中で語りながら・・・・

話がそれましたな・・・
冬遠野でプチ雪山気分を味わうなら、欠ノ上稲荷か鍋倉山がオススメでがんす
c0337257_13021137.jpg
欠ノ上稲荷は木々がうっそーというくらい鬱蒼と茂っていたので展望は殆んど無かったのですが
近年、斜面を大規模に伐採して一躍遠野市街展望の山となりました。
c0337257_13074500.jpg
鍋倉山も負けてはいません。三の丸広場からは市街が一望できて
c0337257_13095564.jpg
なんと早池峯の白き頂きも見えます。
c0337257_13112392.jpg
鍋倉山の最高所、本丸に佇めば、物見山さらに高く
c0337257_13123813.jpg
遥か六角牛山は凍てついて輝いています。

山恋は昇華したのか?
いえいえ、さらに山恋し感が高まり、さらに奥山へと歩を進めるきっかけとなるのでした。
本当に「○か」丸出しでございました。





by Wild_Cat_Seeker | 2017-12-10 06:33 | 遠野の里山 | Comments(0)
2017年 10月 16日

寄せ集めエントリはネタギレのシルシ

c0337257_15161209.jpg
遠野の里山を歩く
汗ばむ傍から冷やりと秋風が拭っていく
c0337257_15153695.jpg
ぎゃあ・・・ぐあぁ とサギ師が飛び立つ
それもつかの間
静寂が周囲に満ちる
c0337257_15164144.jpg
背後で「ほとっ」と音がした。
c0337257_15171292.jpg
山栗!
野生の栗であ~る

ちょっと絵面が悪いなぁ
c0337257_15172716.jpg
す、すいやせん・・・造りました。。
c0337257_15175662.jpg
赤い実がワタクシを糾弾する
「絵面ねつ造して人の関心を得て何がうれしいの?」

や~、損な性格です。。。
この後、絵ヅラの良い「落ち栗」を探して右往左往しましたったw
c0337257_15372182.jpg
落ち栗の寝相は風に聞け応え無し
c0337257_15192646.jpg
未踏峰
いつか登っちゃる!

ということで、ネタ切れです。。。
新しいネタが入るまで休眠するのが当ブログの宿命・・・・

しばしのお別れです。。



by Wild_Cat_Seeker | 2017-10-16 05:13 | 遠野の里山 | Comments(0)
2017年 10月 11日

変化の里山

c0337257_18243310.jpg
噂には聞いていました。
かつての万世の里が様変わりしていました。
c0337257_18245604.jpg
手前から変化には気づいていました。
原生林風だった森が整備されている・・・・
c0337257_18245111.jpg
かなり大規模なリニューアルが行われた模様です。
c0337257_18243914.jpg
この浮世離れした俯瞰図・・・気に入りましたw
c0337257_18252872.jpg
マヨヒガ・・・・


by Wild_Cat_Seeker | 2017-10-11 06:17 | 遠野の里山 | Comments(2)
2017年 09月 02日

どこまでも夏でした

c0337257_11243159.jpg
どこまでも夏でした
c0337257_11244289.jpg
すみずみまで夏でした
c0337257_11245955.jpg
空の彼方まで夏でした
c0337257_11245316.jpg
一面のたばこ畑
昨今の喫煙人口の減少に伴い
遠野でも作付け面積が減ったとお聞きしました
c0337257_11250575.jpg
瀬内の丘では一面のたばこ畑が健在でした。
遠野ではホップと並ぶ夏の作物ですが・・・・
ワタクシ・・・複雑な心境です・・・

歩き煙草撲滅党に属するワタクシがたばこ畑に魅入られるとはねぇ・・w

どこまでいっても遠野は夏だった8月初め
まさか、その後、20日近くも冷涼な雨模様になるとは・・・・・神の味噌汁でございました。




by Wild_Cat_Seeker | 2017-09-02 06:23 | 遠野の里山 | Comments(0)
2017年 05月 28日

萌え

c0337257_19532086.jpg
いつごろからでしょうか?
c0337257_19525548.jpg
構図に四苦八苦するようになったのは
c0337257_20041308.jpg
慣れつつある自分を褒めるべきか、反省すべきか・・・・
答えは、多分、風の中かな?wwww


by Wild_Cat_Seeker | 2017-05-28 19:52 | 遠野の里山 | Comments(0)
2017年 05月 24日

「ねちやは」な光景

c0337257_16291854.jpg
この時季だけの「ねちやは」な光景
もう少し水が多ければ、もっと「ねちやは」だったのになぁ・・・・


by Wild_Cat_Seeker | 2017-05-24 06:27 | 遠野の里山 | Comments(0)
2017年 04月 09日

3月追想 ふゆはる光景

3月はおろか、4月でも雪が降る遠野郷
4月上旬までの季節は「ふゆはる」
カントーでいえば2月下旬くらいの状態でしょうか。

そんな3月の遠野郷を追想します。
c0337257_11534314.jpg
春のドカ雪があり、雪多く残れる
c0337257_11591130.jpg
雪面で影絵が出来るほどです。
c0337257_11535004.jpg
それでも雑木林が、なんとなく、なんとな~く「もやっ」としているのは
冬芽が膨らんできているからです。


by Wild_Cat_Seeker | 2017-04-09 12:01 | 遠野の里山 | Comments(0)
2016年 05月 17日

うずらっこ 春景

上郷から土淵に至るには中沢、飯豊経由が最短ルート
里と山の境界線上を通ったり、遠野随一の穀倉地帯^^を走ったりと
ある意味、もっとも遠野らしい風景を満喫できるゴールデンルートです。
c0337257_10360698.jpg
飯豊から柏崎に抜ける途中にある日本一峠らしくない峠「うずらっこ峠」
c0337257_10361399.jpg
此処の風景も結構、好きだったりする。
c0337257_10364476.jpg
特に春が好ましい
c0337257_10363879.jpg
カメラの水平が出ない・・・・
構え方に問題があるのかと思ったら、首に問題があった。
左に数°傾いているので水平と思ってもこの有様
なるべくガイド表示を意識しているのだが。。。。。


by Wild_Cat_Seeker | 2016-05-17 06:23 | 遠野の里山 | Comments(0)
2016年 05月 16日

清水川 春景色

c0337257_10254189.jpg
田の畔の土筆を慈しむ
c0337257_10254887.jpg
網膜を焼き切るかと思わせる鋭き青い花の向こうで
雪解け水が田を潤す
c0337257_10255968.jpg
マイオキニスポットで切ったシャッターは30を超えた
c0337257_10255490.jpg
雪の早池峯が見えていれば100を超えたかもしれない


by Wild_Cat_Seeker | 2016-05-16 21:11 | 遠野の里山 | Comments(2)
2015年 09月 12日

旅のおわり・・・・8時の時報

c0337257_10261207.jpg
帰郷の朝、8時の時報が街に流れる。
滞在初日、この時報は此れから始まる楽しい夏の日々の序曲に聞こえた。
c0337257_10302759.jpg
滞在最終日、この時報は何処までも切なく、満足感とやり残した感がないまぜになった
ワタクシの胸の中で、儚く響く・・・・・



More

by Wild_Cat_Seeker | 2015-09-12 10:38 | 遠野の里山 | Comments(2)