山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:遠野の動物たち( 114 )


2017年 08月 30日

夏の林道あそび

夏の遠野に行った際、いつの頃からか、山奥の林道で「呆ける」ことを楽しむようになりました。

山奥で夏の花鳥風月を楽しむ

それが目的なのですが、「それの何が楽しいの?」という声が聞こえてきそうですw
まぁ、要はカントーの平地に居たのでは見ることが出来ない動植物、昆虫に出会えるのが
楽しいのですが、まぁ一般的な方々のコンセンサスは得られませんでしょうなぁw
c0337257_21073860.jpg
無論、林道はダートです。
c0337257_21074974.jpg
通い慣れた林道・・・w
昔は無かった「一般車両立入禁止」の看板・・・・自己責任を問う文言
やれやれ・・・引き返そう・・・・
ということで、ここは過去に撮ったシャシンを並べてお茶を濁そうと・・・・

って誰も信じちゃいねーw

はい、まかり通りましたw
c0337257_21080511.jpg
さて、そろそろクルマを置いて、林道を歩きましょう。
c0337257_21122272.jpg
ノリウツギの花が盛りでした。この花は昆虫の皆さんのオアシスでしたね~
c0337257_21123443.jpg
これはシジミチョウのうちゼフィルスと呼ばれるグループに属する種類ですが
遠すぎて名前までは判りません。
c0337257_21271809.jpg
息を潜めていれば、野鳥も向こうから寄ってきます。
これはアオジでしょうか?
c0337257_21131752.jpg
こんな遭遇は一日に数回に及ぶこともあります。
某所ではクマーにも遭遇致しましたが、慌ててしまい写真に収めることは出来ませんでした。
c0337257_21125130.jpg
気持ちの良い渓流もそっと覗いてみてごらんw
c0337257_21130806.jpg
警戒心の強いイワナも余りの気持ち良さに呆けていますw
c0337257_21154358.jpg
ああ、夏だねぇ・・・・
c0337257_21154958.jpg
とても気分が良いです。

んでも、一般常識人には山野をフラフラ歩いているワタクシは、不法投棄を企てるぁゃιぃ奴とか○○志願者のように見えているんでしょうね(笑)



by Wild_Cat_Seeker | 2017-08-30 06:33 | 遠野の動物たち | Comments(2)
2017年 08月 29日

耳切うっしー

遠野入りして耳切山に赴くと・・・・
c0337257_16383981.jpg
やや! あれはウッシーではないですか!

あの忌まわしい出来事以来、放射能汚染のため放牧を断念していたのですが
復活しましたか!
やでうでしや!
c0337257_16365069.jpg
牛のメリーゴーランドw
c0337257_16370157.jpg
はぐれ牛が近づいてくる
c0337257_16372293.jpg
この牛、こう言っていました

「おら、さびしいよ。連れてってけろ!」

クルマのトランクに入りそうもないので、却下!www


by Wild_Cat_Seeker | 2017-08-29 06:19 | 遠野の動物たち | Comments(0)
2016年 12月 23日

われ、わいるどらいふ に遭遇せり(哺乳類編)

すっかり間が空いてしまいましたな・・・
巷では「山猫、ブ活やめるってよ」と噂されているらしい。

あ、ブ活って「ブログ活動」のコトねw

新鮮な遠野ネタが尽きてしまった今となっては、過去ネタを引っ張りだすしかないのだが
なんか、これがまた意外と難しいもので・・・・
お蔵入りした写真はありますが、その場所は大変化を遂げてしまって、一発で過去ネタだと判ってしまうし、何よりもその絵を見て、今遠野と勘違いした「カンコーキャク」や「遠野フリーク」の皆様が訪遠して「は、謀ったな~ 山猫~!」とガルマチックに叫ばれても困るし・・・

とまぁ、よしなごとで行を埋めたところで、無難な過去ネタを披露するわけです。
遠野に通うこと20年と少し・・・・
遭遇した野生動物は十指に余ります。
そいつをツラツラと振り返りましょう。
まずは哺乳類から・・・
c0337257_10381096.jpg
生態系の底辺を支える重要な生き物・・・・それはネズミ
この子たちが野山から消えると捕食者たちも消えてしまいます。
c0337257_10382684.jpg
本当ですか? とホンドリスw
遠野の方は「キネズミ」とおっしゃるらしい。
同じげっ歯類ですから同類と見られてもおかしくはないですね。
c0337257_10385609.jpg
ああ、タイヘンだ、遅刻する! と駆けていく早池峯のノウサギ
追っかけて、どこかの穴に入ると、そこは不思議の国か、あるいは総門谷か?w
c0337257_10383885.jpg
あんだよ? あたいはトリじゃないよ! 哺乳類だよ! と蝙蝠言いw
c0337257_10391414.jpg
しばし、ワタクシを不思議そうに眺めていたイタチ(蛙咥えてますw)
c0337257_10390504.jpg
ワタクシをまったく無視してミネラル補給していたホンドテン
c0337257_10401562.jpg
警戒心が強すぎて、これが精一杯です、遠野のキツネ。
口に塩をへしこまれたトラウマは癒えていないようです(笑)
c0337257_10393632.jpg
近年、蔓延っている割には警戒心が強いニホンジカ
c0337257_10394422.jpg
人間様は怖くない、と特別天然記念物「ニホンカモシカ」
遠野では「あおずす」とか「あお」と呼んでいますね~
c0337257_10395214.jpg
んで、遠野野生動物界の頂点に立つのがコチラ様です。ツキノワグマ
何度か遭遇していますが、いまだにまともな写真はございません。
山奥に居ると思いきや、意外と里に近い場所を住処としていて、近年摩擦多し、です。
果樹園荒らしたり、畑荒らしたり、当事者から見れば厄介な存在ですが、
これも野生の王国「遠野」の宿命でしょうか。

最後の2種類は、生息が疑問視されていますが、もしかしたら・・・な動物です。
c0337257_10400213.jpg
屍だけ野晒しにしていますが、これってイノシシ?
遠野にはいないことになっている南方系のケモノですが、これが遠野に侵入すると
シカ以上の害獣ぶりを発揮すること間違いないので、現在最も侵入を警戒すべき種です。
c0337257_10403669.jpg
こ、これは・・・・・

ぜひ、棲んでいてほしいですねw




by Wild_Cat_Seeker | 2016-12-23 11:33 | 遠野の動物たち | Comments(4)
2016年 08月 17日

二死満塁ノースリー

昨今、野球において、ストライク、ボールのカウントはボールが先でストライクが後に
コールするのが全世界統一ルールとなっています。
ツーボール、ワンストライク ってね。

しかしひと昔前まで、日本ではストライク-ボールの順にコールしていました。
ワンストライク ツーボール ってね。

んで、今日のエントリーの題名に強引につなげたわけですがw
松崎の某所に猛禽類のノスリさんが棲んでらっしゃいます。
ブログ仲間の「とらねこ」さんのお友達でもありますw

c0337257_11230187.jpg
曇り空をバックに黒潰れ
これじゃ、ノスリじゃなくてカラスだよw
c0337257_11231613.jpg
んでも、くちばしのシルエットはカラスのそれではなく、猛禽のそれだ。

ええ~い、こうなったら・・・・
画像修整しまくり~~!
c0337257_11232266.jpg
どうです?
二死満塁ノースリーでしょう?

クルマの中からだと画像不鮮明なので、窓を開けようかな?
と考えた途端に!
c0337257_11232599.jpg
飛び立ちやがりました。
こいつ、人の心が読めるのか・・・

以上、二死満塁ノスリでした。(二死満塁は余計じゃろうw)


by Wild_Cat_Seeker | 2016-08-17 06:16 | 遠野の動物たち | Comments(2)
2016年 08月 13日

おともやぎ

霧雨混じりの小友を走っていて、あることに気付いた。 いや、無いことに気付いた。

味のある木橋や、味のある水車小屋が消えていた。
まさに「むがしあったずもな。今はねど」になってしまい、時代の流れを感じた次第で・・・・

でも、こいつらは相変らず居てはりました。
c0337257_08533875.jpg
やぎです。
c0337257_08534333.jpg
草刈りミッションを遂行中です。
c0337257_08535553.jpg
かなり、警戒しています。
別に取って食いやしないよ(ヤギじゃジンギスカンできないしw)
撮るだけ、撮るだけだって!

撮影に非協力的な3匹のヤギに別れを告げて、クルマのギアが3速に入らないうちに
また、ヤギに遭遇しました。
c0337257_08540758.jpg
見事な山羊ひげですな!
ヤギですからw

さきほどの3匹ヤギに比べて、こちらは好奇心からか、レンズに寄ってくるくる!
と左手に動くものが・・・・
c0337257_08541846.jpg
なんや、ホルスタインかい!
牛には用はない・・・・って、あれ~?
c0337257_08542372.jpg
ヤギだね。
紛らわしい!
c0337257_08543103.jpg
このホルスタインヤギw、メェメェじゃなく、クンクン言いながら右往左往走り回っていました。

右往左往していたのは紐の届く範囲いっぱいに、こちらに近づこうとしていたからで
なんとも人懐こいのか寂しがり屋なのか?
c0337257_08543613.jpg
だんな、だんな! どうか後生ですから、この紐を解いておくんなまし。
御礼に、だんなの身の周りの世話をいたしましょう。

無理だよ。ヤギはヒツジ(執事)にはなれないでしょう。じゃぁな!
c0337257_08544120.jpg
ああ~、だんな! ひどい! ひとでなし~!






by Wild_Cat_Seeker | 2016-08-13 09:18 | 遠野の動物たち | Comments(0)
2016年 07月 07日

猫の役目

c0337257_11324318.jpg
はたけにヌコ
c0337257_11324852.jpg
もういっぴきヌコ
c0337257_11325443.jpg

なにやってるの?
c0337257_11325888.jpg
追肥だよ


by Wild_Cat_Seeker | 2016-07-07 06:36 | 遠野の動物たち | Comments(2)
2016年 05月 20日

空中戦

c0337257_11381027.jpg
気持ち良さげに輪を書いていたトンビ先生の後ろから忍び寄る飛翔物体
c0337257_11381732.jpg
おともだちかな?
c0337257_11382461.jpg
いや、違う!
いきなり始まるドッグファイト
c0337257_11383131.jpg
仕掛けたのはカラス
c0337257_11383486.jpg
大きさは半分くらいなのに、トンビ先生は逃げるばかり
c0337257_11383887.jpg
図体の割に優しいヤツなのね
c0337257_11384486.jpg
しかしシツコイ!
c0337257_11384951.jpg
なんでそこまで執拗に追い回すのだろう?
c0337257_11385540.jpg
トンビ先生は六角牛山方面に逃げ去り、まもなく雨模様となりました。


by Wild_Cat_Seeker | 2016-05-20 06:20 | 遠野の動物たち | Comments(0)
2016年 05月 19日

とんびとび写メ日記

田の畔にしゃがんでカメラを構えていると、上空に気配を感じました。
c0337257_11270630.jpg
猛禽類ですな。
ノスリ? ミサゴ?
c0337257_11273053.jpg
いやいや、こんなに警戒心が薄い猛禽類はあいつしかいないでしょう。
c0337257_11274748.jpg
ほら、くるりと輪を描いた(笑)
c0337257_11275211.jpg
上昇気流を捕まえたらしく
c0337257_11275629.jpg
くるりくるりとワタクシの前方上空を旋回する
c0337257_11280128.jpg
ぴいひょろろろい~ 
とひと鳴き
c0337257_11280692.jpg
まさか、このあとトンビくんに不幸が襲うことになろうとは・・・



by Wild_Cat_Seeker | 2016-05-19 06:37 | 遠野の動物たち | Comments(0)
2016年 05月 12日

ココカナぬこ

朝逍遥の途中、目線を感じました。
c0337257_19490389.jpg
知る人ぞ知る遠野指折りのヌコスポット「ココカナ」
イワゴーさん風に「にゃぁ」とあいさつすると「んにゃ」と返されました。

これは取材OKかとパチパチ写真を撮ると
c0337257_19495178.jpg
うるぁ! 勘違いするんにゃにゃい!
c0337257_19493630.jpg
めし、めしにゃ! 朝飯くでー! 取材はそれからにゃ!

ええっと・・・何も持ち合わせていないんですけんど・・・・
c0337257_19502544.jpg
ふっ・・・冷やかしはやめとくれ!
c0337257_19500729.jpg
取材拒否!


by Wild_Cat_Seeker | 2016-05-12 06:46 | 遠野の動物たち | Comments(0)
2015年 08月 14日

キケンがアブナイ

c0337257_17524948.jpg
上郷で頼まれもしない稲の生育状況をチェックしている吾ありw
c0337257_17533486.jpg
と、視界を横切る不粋なヒモ・・・・
なんだかな~撮影の邪魔だよ! と手を伸ばそうとして
「はっ!」と手を引いた。

足元から声が聞こえたような気がしたからだ。
c0337257_17550031.jpg
「キケンがアブナイよ~・・・・・」
c0337257_17535371.jpg
ああ、これですな!
今年、遠野でも爆発的に設置が進んだという電気柵。
なんでも補助金が出るので、隣近所向こう三軒両隣でビリビリする縄を設置しているそうだ。

悲惨な事故がありましたねぇ・・・・・

ちゃんとマニュアル通りに設置していれば、ビリっとするくらいで済みますが
c0337257_17552433.jpg
白骨野晒しの主は「いのしし」と思われるが、
心臓が弱い個体だったのか、過剰な電流で感電死したのか・・・・・

いずれにせよ

なんまいだぶなんまいだぶ・・・・


by Wild_Cat_Seeker | 2015-08-14 06:30 | 遠野の動物たち | Comments(7)