カテゴリ:遠野でランチ( 17 )


2015年 08月 30日

とおのめし

はて、昨日は何食べたっけか?
ここ、10年くらい、この手の「ドワスレ」の回数が鰻昇りです。
(うなぎは食べてないと確信しますがw)

そーゆーわけで(ぜいぶん強引だなぁと思いますが)旅の途中で食べたモノを
記録に残すことにしました。
c0337257_22371086.jpg
朝飯は定宿で戴くのが定番です。
c0337257_22365729.jpg
買い食いもまた楽しい
縁日のやきそばが殊の外美味しい理由を
だれぞ科学的に証明しておくれ^^
c0337257_22372172.jpg
宴のしゅわしゅわしたモノが
夜の主食ですw
c0337257_22374032.jpg
豪華なおかずw
c0337257_22382857.jpg
シメの一杯は最高だ~!
c0337257_22380168.jpg
目移りします~
c0337257_22381816.jpg
目移りします~
c0337257_22373118.jpg
野外で食べるカップ麺はクセになりそうだ。

まだまだ、いっぱい食べたはずだが、





忘れた!(笑)


by Wild_Cat_Seeker | 2015-08-30 08:10 | 遠野でランチ | Comments(6)
2015年 07月 14日

失策

c0337257_15055019.jpg
これは、遠野滞在中の晩酌の肴です。
失策をしていました。
さて、それは何でしょう?

答えは more に ^^


More

by Wild_Cat_Seeker | 2015-07-14 06:12 | 遠野でランチ | Comments(0)
2010年 07月 19日

遠野離脱準備中

c0337257_12211407.jpg

只今、遠野離脱準備中です。ワタクシはばんがりの暮坪ざるを満タンに、青い彗星には泉商店産ハイオクを満タンにして、いざ帰京します(笑)
追伸。あ~るさん、ありがとうございます!ごちになります!

by Wild_Cat_Seeker | 2010-07-19 13:12 | 遠野でランチ | Comments(10)
2010年 02月 22日

それゆけ!遠野めし!

いろいろと遠野で宴会料理を頂いたが、こちらのは独創的な品々が多かった。



c0337257_12201100.jpg
これはデビルスタワーと名付けよう(笑)



c0337257_12201325.jpg

こちらはどうやって食すのか・・・・



答え・・・・・あまりの混沌(カオス)ぶりに画像データなし(w  でも美味かったヨ。
白メシが欲しくなりました。



c0337257_12201329.jpg

こちらは「シンジランナイ厚みのカツ」wですが、ちゃんと食べ方の流儀があります。



c0337257_12201300.jpg

上の大根おろしとカイワレの屋根を崩さないように食す
名付けて、
「崩したら負けよ、アッぷっぷ! 山崩し食い!」(爆)



んめがったじぇ!



あ、ちゃんとした品名はあるので、一度食べにいって、確かめてみてくださいな。



くいしんぼう・ちから







by Wild_Cat_Seeker | 2010-02-22 23:19 | 遠野でランチ | Comments(4)
2009年 09月 06日

幸福ランチ

多分、かしこまってランチを頂いたのは1年半ぶりくらいですよ。

ひょんなことから遠野の山奥で、素敵なランチをいただくことになりました。

めむばーは 24地割様(はじめましてでした)、一如姐さん、たみゃちょさん、ぴろゆぅさん
この企画の発案者にして大奥ぶれんどの重鎮、やまのかみ様はやんごとなき事情で涙の辞退となってしまひまひた。

青い彗星号に皆様を乗せて走り出しましたが、、、本当に本当に山奥なんですよ。

c0337257_12191402.jpg

でも、そのレストランの内部は、まるで小さな礼拝堂のような佇まいで、



c0337257_12191488.jpg

何気に配された調度品の雰囲気も相まって、建物自体から癒しの波長が出ているようでした。



c0337257_12191414.jpg

食事の基本は楽しい会話があってこそですが、どんれぶに関しては、プラス取材姿勢が・・・(w



c0337257_12191473.jpg

前菜はタコのマリネ(でいいのかな?)にカボチャのサラダ。
生でカボチャを頂くこと自体、ワタクシ的には目からウロコですし、
c0337257_12191495.jpg
器になっているグリーンのトマトがこれで完熟だという事実に2度びっくりでした。



c0337257_12191430.jpg

2品目は、餅のチーズ包み揚げとでも申しましょうか?(w
食感が普通の餅とはぜんぜん違うのですよ。



シェフ曰く、キャッサバとのこと。
へぇ~~~、と驚く前に、多分キャッサバ食べたの生涯初めてでしょう。



c0337257_12191441.jpg

メインディッシュは、これまた野菜たっぷりの肉料理。
食べる前に皆、一様にデジるもんですから、 24地割様があきれ返って苦笑しておりました。
でもこの肉は、何肉ですかね。ナイフを使わずとも “ほろほろほろり” となるほど柔らかい。
24地割様から「なんの肉か判りますか?」と聞かれましたが

「鶏肉のようで、そうでないようで・・・・よくわかりません。」

正解は豚肉でした。
ううう、表面のコーティングに騙された(w
豚肉といわれた瞬間に、豚肉の味が口の中に広がりました。
ワタクシの味覚はかくもヤクザなレベルなのが判ってしまいましたね。_|‾|○



c0337257_12191425.jpg

デザートはプディングでした。
カラメルがまた変わっていました。
黒酢入りの酸味がほのかなカラメルソースでした。



c0337257_12191588.jpg

食後の語らいは長きに渡り、コーヒーをお代わりしてまで続きました。
や~、やっぱり食事はこうでなくっちゃね。

仲間との食事は、カラダを満たすのは当然のことで、さらにココロも満たすのですよね。

噂によると、一如姐さんはシェフの主催する料理教室に参加したとか・・・・



これは、その奥儀を伝授していただき、ワタクシを孫弟子に・・・(爆)














More

by Wild_Cat_Seeker | 2009-09-06 01:15 | 遠野でランチ | Comments(4)
2009年 05月 24日

姫屋の事情

帝都から遠野入りしたばかりの頃は時間間隔のギアシフトに注意が必要だ。
これを誤ると、あなたは「わがままな都会人」「わがままな観光客」属性の仲間入り。
あなたも「おもしろくない」し、周囲も困惑するであろう。

例えばお昼の食事・・・・・あなたはオーダーから食すまで何分待てますか?



都会だったら20分が限度かな?



c0337257_12182561.jpg

さて、こちらのお店にまがってみたら、座敷席は2卓とも埋まり、テーブル席も3卓あるうち、2卓が埋まっていた。
13人待ちぐらいだったでしょうか?

対する作り手は一人!

時間的感覚のギアシフトが変わっていないあなたは、店を覗いて客の頭数を数え、食中の人数を差し引き、両手に余るようでしたら、
「あいるびーばっく!」と渋くつぶやき、そそくさと扉を閉めましょう。

それがお互いのためです。
ワタクシの待ち時間は40分でした。

あ、わたくしですか?
ワタクシはシフトチェンジを済ませていましたし、ある意味、こちらの「らうめんせっと」を食すのが目的でしたから、苦もなく待てましたよ。
むしろ、40分というのは予想よりも早かったです。



c0337257_12182504.jpg

キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!



⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーーーン



今日のセットはミニ焼肉でんな。
ワタクシ、煙草は止めましたので、大きさ比較の術を失っておりますが(w 、
麺の量、御飯の盛り、ともに普通の感覚からいって嬉しい多さです。

まぁ、しかし「クラインの壷」のような胃の状態だったワタクシにとっては適量でしたが・・・・



c0337257_12182507.jpg

そして 殲  滅  !



この満足感が得られて¥600は涙モノでございましょう。

ワタクシのあとにも客の入店が続き、店主のハードワークは続きそうな雰囲気。
丼を重ねて置くくらいしかワタクシには協力できませんが・・・・

ワタクシは暖簾をくぐり、外に出ると実に渋くつぶやいたものです。



「あいるびーばっく!」と・・・・・・



by Wild_Cat_Seeker | 2009-05-24 13:52 | 遠野でランチ | Comments(10)
2008年 12月 13日

赤裸々白書(突撃遠野ごはん)

以下の調査報告は最近跳梁跋扈激しい「遠野通い人」の通い時における食生活の全貌である。
ターゲットとなった「遠野通い人」は最近「探される人」になりつつある「山猫を探す人」である。多分に個人情報に抵触する部分があるので、この調査報告は極秘扱いとしたい。(w







c0337257_12163839.jpg

11月1日 07:34



高速道路が空いているうちに距離を稼ぎたい一心で、腰を据えて朝飯を食べなかったようだ。

しかし、運転しながらコンビニおにぎりの封をどうやって開けたのか、謎である。

Nシステムの画像に残っているかも知れないが、優秀なるエージェントの腕をもってしても桜田門には侵入は能はず。





c0337257_12163813.jpg

11月1日 13:34

空腹に耐えかねて、またもやコンビニに乱入である。
しかし腰を据えての食事を極端に避ける人である。
でも、朝はコメだったから、昼はパンにするあたり、食のバランスを気にしているのか?

そして、運転しながらサンドウィッチの封をどうやって開けたのか・・・・・我々の関心事はその一点に集中する。

このエリアの常駐エージェント:手押し車のおトラ婆さんからは目撃情報が得られていない。



c0337257_12163832.jpg

遠き山に陽は落ちて・・・・・・
最後の食事から早5時間あまり、この時の「山猫を探す人」の満腹ゲージは限りなくゼロに近かったと推測される。



c0337257_12163819.jpg

11月1日 18:44

遠野ぶれんど歓迎晩餐会の席に「山猫を探す人」は居た。

なにやら魅惑的琥珀色な液体が注がれている。



しかし、すきっ腹にその液体はまずいのではないか?







c0337257_12163871.jpg

同18:53

一度目の乾杯である。 



c0337257_12163910.jpg

同18:56

二度目の乾杯である。

そのあとも三々五々新しい顔が乱入する度に、この乾杯は繰り返された。

当然「山猫を探す人」の酒量も自ずと増していくわけである。







c0337257_12163913.jpg

同21:56

場所は某所へ移動したが、やっていることは一緒である。

「山猫を探す人」の満腹ゲージは大量のけしからん水分で100に近い。

しかし、そこは水腹・・・・
時と共に、急激にゲージは危険域に近づく。







c0337257_12163964.jpg

日は変わり
11月2日 0:28

場所は三度変わり、焼いているのは・・・



メタボにならないように、やってはイケナイことを率先してやっている困った面々である。

しかし、これだけでは済まないところが凄い。

c0337257_12163925.jpg

同 1:33
深夜の辛し味噌ラーメン
キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!

前回は、せっかくのラーメン焼肉を目の前にして、ついに箸すら握れなかったらしい。
これは、その時のリベンジの意味を込めているらすい。





c0337257_12163995.jpg

同 1:43
殲 滅!

その後、我々は「山猫を探す人」をロストした。


同 7:30

某ホテルの食堂で、我々は 「山猫を探す人」を見出した。
正調、日本の正しい朝食を食べていた。しかしご飯の量はどんぶり1杯半はあったであろう。あの未明の酒池肉麺にも係わらず、タイシタ食欲である。
残念ながら画像データは残されていない。過去のデータを参考までに添付しよう。



c0337257_12164019.jpg



「山猫を探す人」は此処の朝食を別名「昼めしイラズ」と称している。







c0337257_12164080.jpg

同 8:25



にもかかわらず、「山猫を探す人」はコンビニで食糧その他を買い付けた。



その後、我々はまたもや「山猫を探す人」をロストしてしまった。





c0337257_12164058.jpg

同 18:20

某ホテルの一室で「山猫を探す人」を発見した。

これが噂に聞く、「遠野通い人」の豪華ひとり晩餐会か?

後方のおにぎり「うめとおかか」は朝に調達したブツである。
結局、「昼めしイラズ」の効果は絶大だった。ということか・・・・





c0337257_12164073.jpg

同19:14

おいおい、いったい何本飲んだんだえ?

案の定、この後「山猫を探す人」は
ずぶずぶと眠りの底なし沼に引きずり込まれていった。

本日の追跡はここで打ち切ろう。







11月3日 8:25
某ホテルの食堂で「昼めしイラズ」を殲滅し終えた「山猫を探す人」を我々は発見した。
悠々と食後のコーヒーを嗜む姿はなかなかのものである。
残念ながら画像データは残されていない。過去の画像を参考添付しておこう。



c0337257_12164054.jpg

この時「山猫を探す人」がバスローブに身を包み、籐椅子に深く座り、ペルシャネコの頭をなでていたかどうかは、我々の組織が関知するところではない。

我々の関心事は「山猫を探す人」の遠野通い時の食生活ただ一点である。









c0337257_12164099.jpg

同12:54
「昼めしイラズ」の効果が続く「山猫を探す人」であったが、ここは外せなかったようだ。
満席の合間を巧みにくぐり抜け、えんで産の新蕎麦をたぐっていた。
薬味はかの有名な「暮坪かぶ」である。
この時の「山猫を探す人」がバスローブに身を包み、籐椅子に深く座り、ペルシャネコの頭をなでていたかどうかは、我々の組織が関知するところではない。

しかし蕎麦湯を飲み干した後、その表情は恍惚に近かったことを付け加えておこう。

この余韻を「山猫を探す人」が関東まで持って行こうと考えたことはある意味正しい。

つまり、このあとジャンキーな食事を摂らず、関東に帰り着き、旅の完結をビールで〆ようという計画である。





c0337257_12164176.jpg



どうやら、この3日間で「山猫を探す人」の胃は伸びきってしまったようだ。
関東への道、遥か途上で力尽きた。

このへんで調査報告を終えることにする。

しかし、このヘンテコな調査をいったい誰が依頼したっていうんだ?





by Wild_Cat_Seeker | 2008-12-13 14:57 | 遠野でランチ | Comments(6)
2008年 10月 05日

らうめん道成り難し

遠野に滞在したら昼は出来る限り「らーめん」を食すべし。



これはワタクシの秘伝「遠野通人覚書」に記された教えである(w

c0337257_12153581.jpg
しかし、8月の暑いときはねぇ・・・・・でも足が勝手に向いちゃうんですよね~。



c0337257_12153578.jpg

メニューを見ると、あっさり、こってりの他に「もっとこってり」も追加されていました。
が、今回は「あっさり和歌山ラーメン」にしてみました。



c0337257_12153535.jpg

で、殲 滅!

吹き出す汗。。。ハンカチじゃダメです。タヲル!タヲルが必要です!



さらに残暑厳しい9月にもワタクシの前には「ラーメン」が・・・・(爆)



c0337257_12153570.jpg

さて、ここで問題です。
この「辛味噌ラーメン」はどこのお店?

「続きを見る」の画像に答えがあります。
スープまで殲滅すると「みょ~~」と屋号が出てきます。



さて、ここからが本日のエントリーの本題です。

「らうめん道」はラーメンの魔力の虜になった弱い人間が堕ちる地獄道。
食べ歩きをしているうちはまだ可愛いもんですが、強度の「らうめん道」患者は、
自分で作ってみようと考え出すのです。

これが始末に負えない。
鶏料理や豚料理を作った後に残る煮汁の油を見ると「むらむら」とくる。

そのうちにスープ欲しさに肉料理を作ったりする。
本末転倒である。

鶏の胸肉を仕込んだ後に残るスープには魚介出汁をブレンドして、あっさりラーメンに仕上げます。



c0337257_12153660.jpg

まぁ、東京らうめんモドキが出来上がりましたよ(w

さらには・・・・

煮豚を作ったあとに残った濃い煮汁を見てむらむらと来た。



c0337257_12153648.jpg

この煮汁と野菜スープを併せたら



c0337257_12153612.jpg

「ニセらーめん二郎ダマシ」みたいならうめんが出来上がりました。
色は濃いが、味は薄い(というかコクがない)失敗作ですわい。





らうめん道・・・・・・・
その道は険しく、厳しい。

んでも試行錯誤している時間は、なぜか楽しかったりする。

楽しい修羅の道・・・・ならいつまでも堕ちていたい(www

多分、この企画はおそらく、確実に つ づ く(爆)













More

by Wild_Cat_Seeker | 2008-10-05 10:10 | 遠野でランチ | Comments(12)
2008年 09月 03日

最初の晩餐、最後の晩餐

遠野通い人の赤裸々な食生活を暴いてまわる恐怖の集団・・・・



その名も「突撃! 通い人の晩御飯!隊」

山猫ひろし君も、遠野に着いた日の晩御飯を急襲された!



c0337257_12145883.jpg

これが最初の晩餐。
某と〇やにて調達したキ〇コーストア謹製の品々・・・・
無論、ビールをたらふく飲んだことは言うまでもない。

ええ、ひとりで食べましたよ。
全部ね。。。それがなにか?(爆)





もう来ないだろうと思っていた滞在最後の晩、またもや
「突撃! 通い人の晩御飯!隊」の急襲を受けた。



c0337257_12145876.jpg

ええ、これを肴にビールをたらふく飲みましたよ。(w



c0337257_12145812.jpg

デザート付きでね(w



重宝しております。とぴあのお店(o(_ _)oペコッ)
というわけで宴会のない夜はこのやうな質素な食生活を送っているワタクシでした。



ええ、ひとりで食べましたよ。



全部ね。



それが何か?(爆)









by Wild_Cat_Seeker | 2008-09-03 06:53 | 遠野でランチ | Comments(22)
2008年 08月 28日

再度ハヤチネへ

朝食抜きで道中、おにぎりを2個頬張っただけの早池峯登山。



当然、「減った。おれ、ハラヘッタ。」ですわな。



んで、下界へ降りると・・・・・



c0337257_12145150.jpg

ぎらぎらりんぎららら~ぎららぎららぎんぎらりん・・・・・
と太陽が夏の歌を歌っていますがな。(歌は皆さんのお好きなものを口ずさんでください



んでは、昼飯をば・・・・・・・ひゃっこい、おそばなんざ食したいものよのう。
ワタクシは青い彗星号に命令する。
「近所で旨い蕎麦屋に連れて行ってたも。」

説明しよう。クルマは12年も乗り続けるとヒト語を解してオートクルーズを行うようになるのだ。(単にドライバーの妄想癖だという説もある

しかし、青い彗星号が止まったのは・・・・・



c0337257_12145134.jpg

「えっ?? 蕎麦屋じゃないよ。」
青い彗星号がたしなめる。
「使命をお忘れか? らうめん道を極めるにあたり、ここは避けて通れぬ店であろう。」

そうであった。
あやうく、暑さに使命を忘れるところであった。

店に入ったのちも、つけ麺という誘惑を振り切り、看板めにゅーのひとつ「辛味噌ラーメン(中辛)」をオーダーした。



c0337257_12145141.jpg

うん、いい色をしている。
それでは、食す!

そして・・・・・



c0337257_12145145.jpg

殲 滅!

アンド・・・・・

全身から吹き出る「らうめんの汗」(爆)

らうめん道・・・・・
それはどこまでも続く、イバラの道。・・・・しかし美味しい(笑)





by Wild_Cat_Seeker | 2008-08-28 06:52 | 遠野でランチ | Comments(8)