山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:花、植物( 138 )


2014年 11月 13日

実の振り方

c0337257_12332940.jpg
もう、覚悟を決めたほうがいいですよ。

c0337257_12332933.jpg
もう、若くないのですから

c0337257_12332915.jpg
今後の実の振り方を・・・・

More

by Wild_Cat_Seeker | 2014-11-13 22:51 | 花、植物 | Comments(4)
2014年 11月 09日

実り その3

c0337257_12332726.jpg
実りの光景を求めて、心当たりを巡って参りました。


c0337257_12332722.jpg
その者、赤き屋根を纏いて、金色の野に降り立つべし^^

c0337257_12332787.jpg
この雰囲気は、荒神神社のそれにも匹敵するものだと

秘かに思っております。


c0337257_12332796.jpg
いろいろ試してみました。

c0337257_12332711.jpg
早池峯とのコラボを狙ったのですが、なぜか薬師だけ~^^

これだけ良い雰囲気の神社が、個人宅の稲荷さんだとは
遠野の奥深さを感じます。




by Wild_Cat_Seeker | 2014-11-09 10:07 | 花、植物 | Comments(2)
2014年 11月 08日

実り その2

あまりに定番すぎて、足が遠のいていた中村の荒神神社

c0337257_12332634.jpg
続石(さすが)は日本のふるさとを具現化した王道の光景です。


c0337257_12332694.jpg
実りの季節は、さらに存在感が増します。

c0337257_12332608.jpg
早池峯とのコラボは雲が嫉妬して能はず・・・・・

c0337257_12332671.jpg
別宅のネタを先行ロードショー^^

これで里コン殴り込み! と意気込んだのですが
誰もが思いつく構図だと気付き、自重し、自嘲しました。





by Wild_Cat_Seeker | 2014-11-08 12:48 | 花、植物 | Comments(0)
2014年 11月 07日

実り その1

青空、コスモス、うっしっし、はせ掛けの稲

c0337257_12332664.jpg
これだけの題材に恵まれたら、里コン応募作のひとつも簡単に撮れそうなもんだ。

c0337257_12332670.jpg
でもな~、シャッター押せば押すほど迷路に入り込んで行く感覚を味わうのですよ。

c0337257_12332695.jpg
ワタクシのシャシンは結局、実りの季節は迎えませんでした_|‾|○



by Wild_Cat_Seeker | 2014-11-07 23:36 | 花、植物 | Comments(0)
2014年 11月 07日

コスモス空は下り坂

c0337257_12332530.jpg
いったい、このブログはいつごろまで時を遡るのか・・・・・?
(大正9年ぢゃないですよ^^)

c0337257_12332558.jpg
こすも~す こすも~す?

c0337257_12332531.jpg
三日間とも晴れ渡った秋分の頃

c0337257_12332522.jpg
コスモスは知っていた。

c0337257_12332641.jpg
空がざわめいていることを

c0337257_12332688.jpg
物見山に笠雲・・・・・天気は下り坂



by Wild_Cat_Seeker | 2014-11-07 21:52 | 花、植物 | Comments(0)
2014年 11月 06日

不思議なグラデーション

上郷を流している時、田圃の風情に目が止まりました。


c0337257_12332575.jpg
普通の田圃でしたら、有り得ない光景です。

c0337257_12332526.jpg
これだけ雑草が蔓延っているのは、除草剤を使用していないからではないでしょうか。

c0337257_12332567.jpg
惜しむらくは、この不思議さを切り取るだけの腕がワタクシにないこと_|‾|○

誤魔化しで六角牛山を撮ったりしました^^


c0337257_12332561.jpg
おやおや、六角牛山以外にも名だたる山が見えています。

ちょっち解説しましょうかね。


c0337257_12332541.jpg
初雪が降ったといわれる六角牛山の秋模様を今頃ブログアップする心苦しさよ^^

by Wild_Cat_Seeker | 2014-11-06 22:00 | 花、植物 | Comments(2)
2014年 09月 11日

深紫伝説

遠野郷において立秋の季節、深山はおろか里山においても道路が深紫に染まること多々あり。



c0337257_12325745.jpg



すなわち、それ深紫伝説なるべし



c0337257_12325794.jpg



正体はこれ
厄介植物の最たるモノが、一年に一回
「おぬし、やるではないか!」
とワタクシに褒め称えられる時季



by Wild_Cat_Seeker | 2014-09-11 22:15 | 花、植物 | Comments(4)
2014年 08月 30日

そこはかとなく晩夏

・・・・・まだ8月。。ですよね。
まるで秋霖の季節のようなバーチです。
今週はず~っと青空はおあずけ状態です。



雨降りの土曜日、この夏の画像を整理していると、賞味期限ギリギリの絵が何枚もあることに気付きました。



これはいかん! 
とにかく8月のうちに記事にしないと・・・・・



c0337257_12325153.jpg



某所のヤブカンゾウ(でしたっけ?)も盛りは過ぎていました。
黒いシミのように写っているのは花のナレノハテですから、
最盛期は見事でしたでしょうね。



c0337257_12325132.jpg


ヒステリックな豪雨が多い夏でした。
修繕しても修繕しても、このとおり・・・・(って、○び○び社務日記っぽくね??^^)

c0337257_12325135.jpg

秋に大挙して避暑地から帰ってくる赤蜻蛉のさきがけがチラホラ

c0337257_12325103.jpg

ちょっ・・・・・早まるな! 
思いとどまれ! まだ8月だぞ!

c0337257_12325116.jpg

赤い花かと思ったらキノコ・・・・・名前?
ヤブレカブレダケ・・・・・ウソウソ!

c0337257_12325106.jpg

ツリガネニンジンが盛りを迎えようとしていました。

もうバレバレですけんど、

c0337257_12325184.jpg

8月9日の遠野郷八幡宮の様子でした。



by Wild_Cat_Seeker | 2014-08-30 12:28 | 花、植物 | Comments(2)
2014年 08月 12日

真昼岳花図鑑

真昼岳は、渋い御花畑が連続して現れるワタクシを悩ます山でした。
だって、紹介するのに調べなきゃならないじゃないすか!



なんとな~く判った分だけ紹介してお茶濁しチャオっと



c0337257_12323975.jpg



キオン かな?



c0337257_12323956.jpg



               可憐でいっぱい咲いていたハクサンフウロ



c0337257_12323970.jpg



タマガワホトトギスなるらん



c0337257_12323905.jpg



もっとも多かったエゾニュウ? アマニュウ? 
本当にセリ科の花は判らない。。。



c0337257_12323988.jpg



ヤマアジサイかしらん?



c0337257_12324088.jpg



             これも多数派 ヨツバヒヨドリ(おまけ蝶付き)



c0337257_12324090.jpg



調べた結果、ジャコウソウなるらん





c0337257_12324082.jpg



御存じ、クルマユリ



c0337257_12324039.jpg



             そして可憐なハクサンシャジン




c0337257_12324051.jpg



イワオウギかな?



かなり疲れてきた。。。。続きはまたいつか・・・・・



by Wild_Cat_Seeker | 2014-08-12 01:42 | 花、植物 | Comments(0)
2014年 07月 31日

秘密の花園

どこぞの雨男のせいで「秘密の花園」ツアーは中止に追い込まれましたが
じつは、ワタクシが毎年訪れている、もうひとつの「秘密の花園」がございまして・・・・



いつもは8月中旬に訪れて、盛りを過ぎたさみしい花園を見ていたのですが、
今年はおそらく全盛期の7月中旬・・・・・



さて、どうだ?



c0337257_12323398.jpg



おお、咲いてる咲いてる!



花の名は「ヤナギラン」
関東近辺ではマボロシの花と言ってもよいくらいに地域限定はなっこです。



遠野でも、そこいらへんで咲いているというわけではなく
ここは貴重な群落と言えるでしょう。



群落? 
そうです。群落です。



c0337257_12323418.jpg



今を盛りと咲き誇る・・・・・・



c0337257_12323429.jpg



どんな自然の作用なのか、本来なら帰化植物で覆い隠されてしまう場所が



c0337257_12323436.jpg



このような幻想的な単一御花畑になっている奇跡!



More

by Wild_Cat_Seeker | 2014-07-31 22:57 | 花、植物 | Comments(2)