山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:花、植物( 138 )


2017年 05月 10日

市内桜探訪 その1

さて、朝逍遥から桜逍遥にシフトしましょうかね。

(注)これは5月4日のキロクです。
c0337257_23214524.jpg
をを~、そこはかに雅な満開桜、しかも逆光!
此処はその昔、いたずらキツネが跳梁跋扈した多賀神社近辺

ああ、ひとつ注意事項を忘れていた。
汝決して桜に近寄ってはならぬ!
c0337257_23252914.jpg
早くも禁を侵す吾
そう、市中心部の主な桜は、ここ数日の高温で、すっかり葉っぱがおがってしまいまして・・・
c0337257_23270299.jpg
二日前に満開だった桜も、これこのとおり・・・・
北国の櫻は、ウサイン・ボルトの3倍は速いのですよw
c0337257_23284995.jpg
近寄らなければ、満開に見える桜かな?

さて、市内最大の櫻の聖地、鍋倉山に向いましょう。
c0337257_23315779.jpg
でも、遠目に見ても、今年も桜の尻尾を踏むだけの予感・・・・・・
c0337257_23295033.jpg
朝は寝床で「ぐぅぐぅぐぅ~」なら「りくつさま」
c0337257_23361304.jpg
さぁ、いかに?
c0337257_23362257.jpg
おお~、遠目に見る分には満開だよ!
c0337257_23363059.jpg
地上20㎝の低空桜も満開!

次回、遠野桜を忘れたとは言わせねぇぜ、な 金四郎的遠野桜徘徊は続きます。



by Wild_Cat_Seeker | 2017-05-10 06:19 | 花、植物 | Comments(0)
2017年 05月 08日

桜の御機嫌伺い

c0337257_21130983.jpg
時に2017年5月3日 夕刻のこと
遠野入りして最初に写した画像です。
c0337257_21132290.jpg
宿に早くチェックインしなければならないのに、
どなたか様のアングルを真似する吾ありw
c0337257_21131505.jpg
ここは足ヶ瀬
遠野の中でも比較的標高が高い地域です。
市中心部ではもう散ってしまった桜もここでなら・・・・・
c0337257_21134591.jpg
おうおう、久しぶりに遠野で見るまともな桜だわい!
c0337257_21135059.jpg
やや! ここはもう散っている!
いやな予感・・・・

しかし、青笹の中妻では・・・
c0337257_21135617.jpg
をを~~!
逆光ソメイヨシノ キター!w
c0337257_21140262.jpg
ここは後日、再訪しよう!
と心に決めて立ち去るワタクシでした。

だって、早く宿に行かないと、なぜか駐車場がいっぱいで止められない
という超常現象に遭遇するから(コレホントw)


by Wild_Cat_Seeker | 2017-05-08 06:11 | 花、植物 | Comments(2)
2016年 05月 13日

らりくつさまの尻尾を踏む

c0337257_21185744.jpg
場所によっては奥手のソメイヨシノが3分散りだったので、
去年と比べれば、ぜんぜんマシですが・・・
c0337257_21190975.jpg
錯乱するほどの咲くらん桜は今年もおあずけでした。。。
c0337257_21192771.jpg
まっこと口惜しいです。。。
しかしですね、泣く子と「らりくつさま」には敵いません。。。


by Wild_Cat_Seeker | 2016-05-13 06:18 | 花、植物 | Comments(2)
2016年 05月 09日

花はどこへいった?

c0337257_14093975.jpg
5月5日の朝である。
午前中雨の予報を覆す朝日燦々である。
これは朝逍遥をしなければなりません。

説明しよう
朝逍遥とは、日本相撲界を追われたやんちゃな横綱とは無関係で(それは朝青龍w)
坪内逍遥ファン倶楽部の朝会でもなくw
気持ちの良い夜明け前後の時間に遠野の街中を散策することであ~る。

しかも今日は「らりくつさま」の最終日ではないか!

説明しよう
「らりくつさま」とは、桜開花季節の鍋倉山に降臨する「神」であるが
最近は遅すぎたり早過ぎたり時間にルーズな神であるw
c0337257_14111302.jpg
らりくつさまが風に煽られている!
c0337257_14112775.jpg
桜は2分咲きか???(8分散りと世間では言うw)
c0337257_14115800.jpg
いずれにしても、今年は遠野の桜に間に合ったか?
c0337257_14131322.jpg
いいえ、正直に白状しますが、辛うじて尻尾を踏む状況でした_| ̄|○

種類は違いますが、去年に比べたら最高でしょう!
c0337257_14132758.jpg
ほら、しだれ桜も満開で・・・・・
c0337257_14133569.jpg
八重桜は満開だぁ~よ
c0337257_14135199.jpg
などと自分をあざけっていましたが、
北西の空はどうもヤバそうな雲がせり出して参りました


by Wild_Cat_Seeker | 2016-05-09 06:09 | 花、植物 | Comments(2)
2016年 04月 26日

50mm 単焦点で藤三昧

c0337257_22291593.jpg
あこがれだった50mm f1.8 で藤を攻め撮りました。
場所は埼玉県の藤花園。 牛島の藤 の方が通りが良いです。
c0337257_22292186.jpg
満開まであと一息で、しかも朝方は激しい雨だったので、人出少なく
思う存分撮ることができました。
c0337257_22292781.jpg
きわどい撮り方はまだ不慣れなのでAFの赴くまま・・・w
c0337257_22293555.jpg
この藤棚、1本の樹なんですね。
c0337257_22293835.jpg
今朝がたの驟雨の名残
c0337257_22294459.jpg
ここからは24-105で
c0337257_22295002.jpg
今週末は満開でしょう。
ついでに人出もピークになるでしょう。



by Wild_Cat_Seeker | 2016-04-26 22:38 | 花、植物 | Comments(4)
2016年 02月 20日

えしぇくれ松

c0337257_22162460.jpg
でっかい盆栽


by Wild_Cat_Seeker | 2016-02-20 22:18 | 花、植物 | Comments(2)
2015年 10月 15日

赤蕎麦はしごツアー その二

マジカル・カミゴー・ツアーご一行が辿りついたのは上郷道路は夢産直付近
すでに周囲は闇が優位に立ち、それでも周りが赤いことは認識できました。
んじゃ、フラッシュかましてみようかのう。
c0337257_00525154.jpg
あ~、なんだコレは、これはナンダ!
カメラに附いているフラッシュは所詮、こんなもんですね。

どうします? 怒り山猫指令・・・

「ISO感度を限界まで上げろ。子供の駄々には付き合っていられぬ。」
c0337257_00532197.jpg
おお、肉眼以上に光が視界に満ちる。
c0337257_00534034.jpg
とうに闇に沈んだお六も満開の赤蕎麦を祝福しているよ。
c0337257_00535610.jpg
デジイチおそるべし!
c0337257_00541657.jpg
あの「はさ架け棒」保管施設は肉眼では輪郭しか見えません。
c0337257_00543849.jpg
夕映えが薬師、早池峯の向こうで
ラストダンスを踊っていました。

ここで、リムジンを駐車場に置かせてもらった恩義で
某女史が「老尊珈琲」を購入し、差し入れてくれました。

宿までの十数分で口中低温火傷とはなりましたが
この珈琲が、のちのち大活躍するとは
この時点では思うべくも非ず^^


by Wild_Cat_Seeker | 2015-10-15 01:13 | 花、植物 | Comments(2)
2015年 10月 14日

赤蕎麦はしごツアー その一

マジカル・カミゴー・ツアーに誘っていただいたのはH夫妻でございました。
期間限定の満開の赤蕎麦を「山猫」に見せてあげよう、という涙ちょちょんぎれの感謝感謝のお誘いだったのす。
c0337257_00215955.jpg
こちらはK花卉園様の赤蕎麦畑です。(少々コントラストをいじりました)
こんな機会は滅多にありません。
なぜなら、この畑は一般人が立ち入れない一画にあるからです。
c0337257_00221035.jpg
鼻息荒く撮りまくるワタクシ
c0337257_00222144.jpg
どんだけ傾いて撮ったのでしょうか?w
c0337257_00223230.jpg
秋の陽が釣瓶に乗っかった頃
c0337257_00224832.jpg
赤蕎麦畑の向こうをカマーが駆け抜けていきました。
もはやワタクシの拙い技術ではカマーをまともに撮ること能はず。
c0337257_00252713.jpg
遠野の空が夕映え作戦を企てる頃
c0337257_00253589.jpg
突撃、農家の作物巡りは最盛期を迎えておりました。
K花卉園の御主人様、まっことありがとうございました。
おみやげまで頂いちゃいまして、恐縮至極です。。
御誘いいただきましたHご夫妻様、まっことありがとうございました。

え? まだツアーは終わらないのですか?

んでは、またリムジンに乗りこみましょうw


by Wild_Cat_Seeker | 2015-10-14 20:19 | 花、植物 | Comments(4)
2015年 09月 01日

苔の一念、何万光年

c0337257_21565344.jpg
おっかしいなぁ~
肉眼で見た時、間違いなく何千光年彼方の星を見た! と確信したのに・・・

それはカメラの性能のせい・・・・・などとソソノカサレそう(笑)


by Wild_Cat_Seeker | 2015-09-01 22:00 | 花、植物 | Comments(0)
2015年 07月 13日

きみ干乾ぶなかれ

今頃、此処はこんな感じ(推測)
c0337257_14062209.jpg
梅雨入りした途端、梅雨の中休みに入ってしまい、
c0337257_14062294.jpg
へたをするとそのまま梅雨明けしてしまいそうな雰囲気だ。
今年の紫陽花の季節は短いかもしれない。

K象庁は「今年の梅雨は長い」などと宣言していたようですが、
実際のところ旱魃の心配をしなければならないようです。

紫陽花に集まる獲物を待つキミも
c0337257_14062287.jpg
干乾びないよう、十分注意し給へ。



by Wild_Cat_Seeker | 2015-07-13 06:02 | 花、植物 | Comments(0)