山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:神社、仏閣、石碑( 175 )


2014年 06月 26日

神の居わす処

c0337257_12321873.jpg



遠野の凄いところは、任意の場所に立ち止まって、顔を巡らせれば
必ず神の居わす処が視界に入ることだ。



もしかしたら、遠野の人口比は
神々>河童>牛>馬>ニンゲンなのかも^^



by Wild_Cat_Seeker | 2014-06-26 06:44 | 神社、仏閣、石碑 | Comments(2)
2014年 02月 21日

3倍

赤い鳥居は通常の3倍の御利益がある

c0337257_12313607.jpg



by Wild_Cat_Seeker | 2014-02-21 23:59 | 神社、仏閣、石碑 | Comments(2)
2014年 01月 25日

三山駆け 冬バージョン

とある夏、ワタクシは限界に挑戦しました。
所謂、遠野三山駆けです。



ひざをぶっ壊してグダグダになった記憶がありましたが、
そんな過酷な三山駆けを、なんと無謀にも冬に行ったのです。



第一の山



いろは の 「は」

c0337257_12312640.jpg

早池峯山です。
ん? なにか言いたげですね?



c0337257_12312634.jpg



ほら、ちゃんと早池峯山 って書いてありますよ。



第二の山



いろはの「ろ」



c0337257_12312626.jpg



六角牛山です。
ん? 何か不満でも?



c0337257_12312607.jpg



よく見えないかも知れませんが、あちこちに六角牛山と書いてありますよ!



第三の山



いろはの 「い」



c0337257_12312601.jpg



石上山です。



c0337257_12312628.jpg



ええっと、どこかに石上山って書いてないかしらん?





ないな~・。。。。

しかたない。本物の石上山を拝もうか・・・・



c0337257_12312647.jpg



どうも、冬場の遠野三山は恥ずかしがり屋ですな~



ま、これで冬の遠野三山駆けは完了ってことでいいですかな?



あ、しまった・・・・・



また願掛けするの忘れてもーた! 



ああああああ・・・・・(砂子沢に遠ざかるドップラー効果w)






by Wild_Cat_Seeker | 2014-01-25 01:17 | 神社、仏閣、石碑 | Comments(0)
2014年 01月 11日

ものくろひわたし

なんか、定番巡りになってしまった感がありますが・・・・・



c0337257_12312171.jpg



やはり、降雪というシッチュエイションは初めてだったので・・・・



c0337257_12312162.jpg



光が足りないのでロクな絵にならないとは判っていました。



c0337257_12312192.jpg



見事なモノクロ写真が出来あがりました_|‾|○



by Wild_Cat_Seeker | 2014-01-11 23:37 | 神社、仏閣、石碑 | Comments(4)
2014年 01月 10日

変化

最初は違和感の正体に気付かなかった。
ただ、なんか変だ。。。と思っていましたが・・・・・

c0337257_12312163.jpg
ををっふ!
風に飛ばされたのか、契約満了につき撤去なのか

トステム神社の名は此処に終わりを告げたのでした。

今日からはちゃんと正式名称で読んであげましょう。

旧トステム神社・・・・・おいおいw



More

by Wild_Cat_Seeker | 2014-01-10 22:00 | 神社、仏閣、石碑 | Comments(8)
2014年 01月 09日

定番だけど新鮮

もう撮り尽くした感のある知る人ぞ知る「遠野率400%」なスポットですが・・・・・



c0337257_12312096.jpg



雪が着くと、また目鱗な情景が其処此処に!



c0337257_12312071.jpg



現状はもっと幻想的で息を呑む美しさだったのですが、



c0337257_12312075.jpg



カメラの性能に助けられても、ワタクシのセンスではこれが限界・・・・・・_|‾|○



by Wild_Cat_Seeker | 2014-01-09 06:19 | 神社、仏閣、石碑 | Comments(2)
2013年 12月 30日

大雪早池峯神社

クルマを附馬牛に向けて走らせる。
県道は黒々として積雪はなかったが、桑原で右折した途端に道路が真っ白になった。
降雪は更に激しくなり、視界が悪くなる。

圧雪路とかテロテロのアイスバーンは何度か経験しているが、轍があるとはいえ新雪の坂道は初めての経験・・・・・
慎重に慎重を重ねて大出まで走る。



c0337257_12311643.jpg



どれくらいの降雪かというと、こんな感じ・・・・・



c0337257_12311652.jpg



なんだこれしきと遠野の人々は仰いますでしょうが、年間降雪日2~3日のバーチ人にとっては
恐怖を覚えるほどの降り具合ですことよ~^^



c0337257_12311679.jpg



色々な季節、色々な気象状況下の早池峯神社を訪れてきましたが
大雪は初めての経験です。



c0337257_12311658.jpg



拝殿の屋根は今年も葺かれず、雪化粧・・・・・



c0337257_12311620.jpg



これだけ視界が雪で満たされるとカメラのオートフォーカスも迷うようです。

c0337257_12311604.jpg



賽銭10円で108つの願い事をして^^
さて、このあと宿題をひとつ済ませましょうかね。



その話はまた後日・・・・









by Wild_Cat_Seeker | 2013-12-30 19:24 | 神社、仏閣、石碑 | Comments(4)
2013年 09月 18日

円熟のおっけ方



 



c0337257_12303425.jpg
長年注目してきた上郷のおっけそうな鳥居





c0337257_12303429.jpg



前後の傾きに加えて、左右の傾きが顕著になってきました。



c0337257_12303489.jpg



おっけそうなモノ愛好家の間では、この状態を「ツイストを踊りだす」と表現していて
おっけそうランキングでは最高位の芸術性と位置付けられています。



c0337257_12303586.jpg



一時期は釜石道の予定線にモロ掛かっているかもと危惧されました。
幸いにも200mくらいの差で難を逃れて、こうして「おっける度」に磨きをかけているわけです。



c0337257_12303541.jpg



おっけそうな鳥居が眺めて来た上郷の田園地帯



c0337257_12303515.jpg



なんでもないような風景が実は貴重なのかもしれない。
釜石道工事による変わり具合を目の当たりにして、ふとそう思いました。





by Wild_Cat_Seeker | 2013-09-18 06:29 | 神社、仏閣、石碑 | Comments(6)
2013年 08月 03日

夏乞いシリーズ 火渡の石碑群

c0337257_12301673.jpg
え~っと・・・・いわゆるひとつの画像補正かけまくりですw

シャッター押した瞬間にこんな絵が撮れたら、

撮れたら。。。

撮れたら・・・・・・

撮れるわけない・・・・






by Wild_Cat_Seeker | 2013-08-03 00:02 | 神社、仏閣、石碑 | Comments(2)
2013年 07月 02日

不動様居る処

c0337257_12300391.jpg

とある山道をひた走り、峠を越えたところで、驚くほどの高さに早池峯が見えてきた。
この姿も峠を下り、里が近づくと前山に隠れて見えなくなってしまう。

そんなこんなで、ぼ~っと走ってしまうと見逃してしまう風景があります。



c0337257_12300416.jpg



この光景を見て、あっ! と思った方は100%遠野目線になっています。^^



まず、大なる磐に目が行き、そして傍らの小なる石に目が止まります。
あれが石碑か石像であることに、明日の晩飯のおかず一品を賭けるよ。
(ぜいぶんとショボいBETだなーw)



この時は記録に残さなかったので、過去に撮った画像でお見せしましょう。





c0337257_12300451.jpg



輪郭は朧ですが、杖か剣を持っているように見えます。
鉄剣も奉納されていますので、まぁ、不動明王ではないかと思います。



明日の昼食の味噌汁を賭けてもいいですよ^^
(さっきよりもショボくないかー?)



さて、不動明王に付き物なのは滝・・・・・
遠野市内でも滝の側に不動明王が祀られている例は多いようです。





ヌーの滝(又一の滝w)
琴畑の白滝
荒川不動の滝

さて、此処も瀬音と呼ぶには聊か大きな水の音が聞こえてきます。



c0337257_12300415.jpg



目を見張る高さや均整のとれた姿は期待小ですが、
いくつかの小滝があるようです。



c0337257_12300432.jpg



もっと近寄りたかったのですが、ここはかなり急峻な斜面で直接降りることは出来ない。
上流には大きな砂防堰堤があって、上流からの侵入も不可能だ。



残るは下流からのアプローチだが、路の存在はあまり期待できない。
沢登りの真似事をしなければならないのだが、



いつかきっと溺れ死ぬであろう運命を背負ったワタクシは
まぁ、そのうち・・・・
いつか、きっと・・・・
前向きに検討します・・・・



と、なんとなく敬遠し続けている次第です・・・・





by Wild_Cat_Seeker | 2013-07-02 00:01 | 神社、仏閣、石碑 | Comments(4)