カテゴリ:猫額ガーデン( 5 )


2015年 07月 11日

梅雨の中休み

昨日から梅雨は4連休に突入したらしく、久しぶりの週末陽光を拝めそう
ただね・・・・午前五時のばーちはどんより空で、しかも昨夜降った雨のしずくがベランダに残っている。
見切り発車で洗濯機を鬼のように回す。なんつったって2週間分の洗いモノだからね。
c0337257_09240811.jpg
そうこうしているうちに陽が射してきた。
c0337257_09242564.jpg
さぁ、干せ! 面倒だけど、干せ!
干せ面倒さ!(こんな名前のボクサーがいたようなw)
c0337257_09243731.jpg
部屋に射し込む光がただ、うれしい。
部屋の湿気が霧消していく様子が肌で感じられる。
c0337257_09244945.jpg
今夜あたりはモスキート軍団の猛襲を受けそうなので、迎撃部隊を配備しよう。
c0337257_09325487.jpg
猫額ガーデンは勢いづいた有用無用の植物で地表が見えなくなっている。
c0337257_09332313.jpg
座敷親父にいただいた「キクイモ」の末裔が今年もすくすくと成長中。
去年は謎の立枯れで収穫に至らなかったのですが、人知れず芋は出来ていたようですね。
c0337257_09330740.jpg
モロヘイヤが収穫期に入り、週一ではありますが食卓の賑やかしの一翼を担っています。
摘んでも摘んでも脇芽が成長して秋口まで楽しめそうです。
c0337257_09560171.jpg
もっぱらスープにして戴いています。
調理法は至ってシンプルです。

モロヘイヤは葉と柔らかい茎を包丁で叩いていきます。
叩いているうちにネバネバ度を増していきます。
みじん切りにしたニンニクを低温のオリーブオイルで炒めて香りを出したら、
コンソメスープを入れ、次いでモロヘイヤを投入。
塩、胡椒、適当なハーブで味を調えます。
これで出来あがり。

写真右は夏向きのチャーハン。名付けて「麻辣醤飯」(まーらーじゃんはん)
大蒜、豆板醤、豆鼓、花椒のチャーハンです。
しびれる辛さが半端ではないので、溶き卵を絡めて戴きました。

まぁ、ここだけの話・・・・腸内清掃に抜群の効果ありでした^^



by Wild_Cat_Seeker | 2015-07-11 10:15 | 猫額ガーデン | Comments(2)
2014年 02月 11日

覗き見

雪に覆われてしまった猫額庭園
朝から小鳥たちが「餌くでー、ミカンくでー!」と騒がしい。

c0337257_12313339.jpg

やってきたのはメジロの夫婦?兄弟?姉妹?親子?悪友?
いずれにせよ、普段と比べても食べるのに夢中で警戒心をワンランク落としている。



c0337257_12313304.jpg



「わー、うみゃー!」 「雪で餌が見つけられないので助かるわ~」



c0337257_12313376.jpg



「ん? 誰か見てない?」「気のせいだろう。さぁ、食うべし」



c0337257_12313310.jpg



「んまい、んまい」 「たまらんのぅ!」



c0337257_12313365.jpg



「ん? なんだろう?」 「気配は感じるが、姿は見えず・・・・」



c0337257_12313357.jpg



「ま、気にしない、気にしない。 んぐんぐんぐ」



c0337257_12313312.jpg



「ぷはーっ! くぅ~~、やっぱ、これよね~!」



c0337257_12313380.jpg



「やっぱり、誰か見てる!」 「こっちがぁゃιぃ!」



c0337257_12313322.jpg



c0337257_12313412.jpg























それでも、食い意地には勝てず、しばらくの間、交互に食事と警戒を繰り返していましたとさ。





by Wild_Cat_Seeker | 2014-02-11 08:44 | 猫額ガーデン | Comments(6)
2013年 06月 16日

猫額庭園to you(梅雨)

空梅雨だった6月初旬は、とにかく水やりが必要だった猫額庭園
おかげさんで、植物は繁茂し、つっちゃな虫も集まってきた。



c0337257_12295956.jpg



コップ洗いのような紫の花は「ブッドレア」別名「藤うつぎ」です。
妙なる芳香が漂い、虫たちを魅了します。
このブッシュのような繁茂ぶりも、最初はつっちゃな鉢に植わっていた心許ない草でした。
思い起こせば8年前・・・・しぞおかのベランダ庭園の賑やかしに買ったモノでした。



c0337257_12295922.jpg



本日のお客様は「あぶさん」です。
マクロで寄っても逃げません。
それくらい夢中になってしまう美味しい花なんでしょうね。
でも、このブッドレア、葉っぱには毒性があるそうです。



c0337257_12295903.jpg



使いきれず芽が出てしまったニンジンを植えると、これも虫たちの大好物になります。



c0337257_12295966.jpg



ハルジョオンかしら?
雑草と呼ばれるも、なかなかに気品を感じる色姿です。



さぁ、ここからは虫むし大行進です(誇大広告w)



c0337257_12295983.jpg



ふたたび「あぶさん」 on ラベンダー



c0337257_12295974.jpg



勝手に生えて来たカボチャの花
早くも何やら虫にたかられています。。。



c0337257_12295993.jpg



クロウリハムシですな。
ウリ類の葉や花を食い散らかします。



c0337257_12295937.jpg



ドクダミの花芯でゴマフカミキリが一心不乱



c0337257_12295962.jpg



こちらはトマトの花
今一つ成長が遅いような・・・・・



このほかにも各種ちょうちょが10種類くらい来ますし、
夜な夜なヤモリがきょっきょっきょっきょっと鳴きますし



年を追うごとに野生の王国になっています。



by Wild_Cat_Seeker | 2013-06-16 22:40 | 猫額ガーデン | Comments(4)
2012年 08月 04日

猫額庭園たより

盛夏を迎えて野放図に生い茂った猫額庭園
出勤前に散水しようと窓を開けると・・・・・・



c0337257_12274993.jpg
カナヘビのジョン(ジョンってなんだ?w)が困り顔でフリーズしていました。

それもそのはず

c0337257_12275002.jpg

びへ~!!!



まさに蛇に睨まれたカナヘビ(とは言わないかw)



どんどん野生化していく我が猫額庭園であった。
ぃようし、さらに野生化に拍車をかけようと用意したのは・・・・・



c0337257_12275007.jpg



山猫特製、バナナの焼酎漬(イーストを投入して二日間発酵させた超熟タイプw)



カブトムシを呼んでやろうという魂胆ですわい。



んで、今朝のこと・・・・・・



c0337257_12275042.jpg



むっ・・・なんかいるね!
ズームイン&画像補正&トリミング! やりたい放題!w



c0337257_12275047.jpg



銅色のカナブンの親分さんでした。



まぁ、そんなに容易くカブトムシの大親分は来てくれないね。



以上、野生の王国化著しい猫額庭園からのリポートでした。



by Wild_Cat_Seeker | 2012-08-04 09:20 | 猫額ガーデン | Comments(7)
2009年 04月 25日

猫の額に雨が降る

黄金週間が始まった。
生憎の冷たい雨だ。先日仕舞った赤外線ヒーターを再出動させようか迷うほどだ。



しかし春の雨はありがたい。
それは芽生えを促す雨だから。

先週、我が猫額ガーデンでも「種蒔きの儀」が、おろそかに(厳かではないw)執り行われ、早くも発芽が始まった。



c0337257_12180629.jpg

40ℓコンテナに適当に種をばら撒いたので、どれが何だか判らない(笑)



c0337257_12180680.jpg

こちらはルッコラ。多分いちばん最初に収穫できるだろう。





c0337257_12180642.jpg

これは何の花?



c0337257_12180602.jpg

ギョウジャニンニクの花でした。
これは園芸店で買ったもの。
もう少し、あともう少しと収穫を遅らせていたら、この有様(笑)



c0337257_12180620.jpg

これはなんだっけかな~?
あ、ごんぼわさびだった! これも園芸店で買い求めた苗でした。
当ガーデンにお住まいのナメクジ、カタツムリ様ご一族の一押し食材です(笑)





屋内にも春はやってきています。

c0337257_12180752.jpg

これはセリですな。
元はスーパーで買った根付きのセリでしたが、根を壜に挿しておくだけで次から次へと成長していきます。
週に1~2回は味噌汁の具に、親子丼のトッピングに供しています。



c0337257_12180774.jpg

ニンジンのヘタもこれこのとおり(笑)
あ、これは食べません。初夏に花を楽しみます。





種を蒔くと雨が待ち遠しくなる。

そんなことに気付かされた春の雨でした。













by Wild_Cat_Seeker | 2009-04-25 15:48 | 猫額ガーデン | Comments(4)