山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:東海岸よく見ゆ( 32 )


2015年 11月 20日

ほんたうのさひわひ

c0337257_23052436.jpg
色彩の妙に翻弄されている吾あり・・・・・
c0337257_23062466.jpg
肉眼では確かに捉えた流体新生物だが
Digic4では捉えられない
つーか、シャッタースピード優先モードが壊れていて
Tv選択ではロクな絵にならない_| ̄|○
c0337257_23065135.jpg
カメラの不調をカモメに聞けば
「あたしゃ、発つ鳥、巨砲に聞け!」
はいはい・・・・
c0337257_23073564.jpg
いったい、この方は風光明媚な海岸に来て
何を撮ってらっさるのでせう?

はい、もう、どうにもひもじくてひもじくて~
昼飯食べてないのです
朝6時半に食べたきりなのっす~(今何時? そ~ねだいたいね~・・・14時!)

仕方ない・・・
観光地価格には、まぁ~ぶた、と・じぃ・よぅ~・・・・
c0337257_23095654.jpg
〆て○○円なり~~!

んでも
ワタクシ・・・・・・
なんか。。。変です・・・・
c0337257_23082301.jpg
カラダがふぅ~~~~っと軽くなりました
c0337257_23084593.jpg
ああ~、ワタクシ、今、極楽浄土に向っているのすか?
c0337257_23085579.jpg
どんどん・・・・どんどん・・・・
高みに上っていきます・・・
c0337257_23091939.jpg
これが今生の別れなのか・・・・??

だとしたら、もう手遅れだなぁ

などとプチ昇天妄想に浸っていたら
バスの時間が迫ってきた!(笑)

大急ぎでバス停に行けば、
バス待ちっくな方々数名あり

しかして、定刻を過ぎてもバス来ず・・・
定刻を10分過ぎてもバスは来ず・・・

ようは、カンコーキャクのクルマ渋滞のため
バスが上がって来られないという最悪の事態
一日に数本しかない盛岡行きを逃す雰囲気濃厚になってきたので
仕方なく、仕方な~~~~く
タクシーで宮古駅まで向ったのでした(ヤレヤレ


by Wild_Cat_Seeker | 2015-11-20 06:03 | 東海岸よく見ゆ | Comments(4)
2015年 11月 19日

極楽往生 したのか?

まぁ、もう、皆さん、ワタクシが何処に行ったのか89.9%の確信度で言い当てられると思いますが
よもや、そこまで宮古駅から徒歩徒歩とほほ・・・としたことを予想できた方は0.000000009%かとw
c0337257_23184660.jpg
訪れたのは浄土ヶ浜

正直言いまして
舞い上がってしまい、極楽往生してしまひまひた。。。

なので、美しい絵とか
はっとする絵とか
ぐっとくる絵はありません。

撮り散らかし
勘違い写
おらおら撮り

そんな表現がぴたりとします。
c0337257_23191124.jpg
撮った後に気付いたが
人面岩大杉・・・
c0337257_23192811.jpg
あれよあれよと奥浄土ヶ浜まで来てしまいました。
c0337257_23201345.jpg
「変ったねぇ~」
と極楽浄土リピーターらしき人の声が聞こえました。

そうでしょうね
あの忌まわしき日に
c0337257_23202347.jpg
この岩のてっぺんを水没させるほどの津波が来たはず
c0337257_23203522.jpg
極楽浄土で
なかなか
極楽トンボに
なれないワタクシ

愛機7Dも不調を訴え極楽で立ち往生・・・w

つづく・・・・・


by Wild_Cat_Seeker | 2015-11-19 00:07 | 東海岸よく見ゆ | Comments(0)
2015年 11月 14日

歩く歩く歩く

歩いています。
なぜなら、バスは1時間後だったからです。
タクシー? そんな贅沢は許されません。
c0337257_21562792.jpg
味のある土蔵
しかし、なぜに風穴が開いているのでしょう?
c0337257_21561478.jpg
忘れたわけではないが、こういう看板を見ると、改めてあの悲惨な出来事を想い起す。
c0337257_21563520.jpg
4年経って、ようやくと建物が建ったり、
c0337257_21565157.jpg
新たな道を作ったりしているわけです。
c0337257_21570517.jpg
この穏やかな内海が6mの高さまで膨張したなんて、到底信じられないが
c0337257_21571694.jpg
実際に信じられない事が起こったわけで・・・・

などと神妙に歩くワタクシ、いったいどこへ向っているのでしょう?

海沿いから高みに上り始めると、クルマが渋滞し始めた。
そこが目的地でした。
c0337257_21573425.jpg
見事な群青
期待に胸が膨らみます。


by Wild_Cat_Seeker | 2015-11-14 22:07 | 東海岸よく見ゆ | Comments(6)
2015年 11月 11日

みやこわすれな日々

臨時列車の終着は宮古駅でした。
山田線はこの先釜石まで東海岸を南下していましたが、あの日以来不通でした。
そして、先頃、JR東日本は鉄路復活を断念し、三陸鉄道に経営を譲渡しました。
鉄路が復活すことは決定しましたが、山田線の呼称は潰えるかもしれません。
c0337257_22391814.jpg
ブロンズ像フェチのワタクシを見越したように鎮座していた裸婦像
宮古に来た目的の一つが裸婦像・・・じゃなくって!
美味しい海鮮ランチでした。

しか~し!
第一ダーゲットのJ寿司は行列の出来るお寿司屋さんと化していて、時間制限があるワタクシの入店をナチュラルに拒否!_| ̄|○
c0337257_22404619.jpg
仕方なく飯処を探して彷徨う旧閉伊街道
しかし、これが無いのよね~~
港近くまで行って、これは!!!という店にチャレンジしたが、
「30分お待ちいただければ・・・」

繰り返すが時間制限のあるワタクシには無理な話でして・・・
c0337257_22411254.jpg
歩道橋の上で溜め息ひとつ・・・・・
c0337257_22435844.jpg
西の空を眺むれば・・・・おやおや~~?
c0337257_22441314.jpg
遠方霞むは「お早」ではないか???
宮古から見えるとは聞いていましたが、これがそうなのか???
c0337257_22443023.jpg
ワタクシはさらに東を目指して歩く・・・・・



by Wild_Cat_Seeker | 2015-11-11 23:05 | 東海岸よく見ゆ | Comments(2)
2013年 12月 23日

西の方をみれば

海沿いから西の方を見やれば、分厚い雪雲

c0337257_12311222.jpg

「遠野は雪だぁねぇ~」



by Wild_Cat_Seeker | 2013-12-23 21:36 | 東海岸よく見ゆ | Comments(0)
2013年 12月 05日

ひょっこり蓬莱島

吉里吉里から旧道で峠を越えて大槌に至ると、そこには、あの島が・・・・・・



c0337257_12310935.jpg



蓬莱島・・・・・あの、ひょっこりひょうたん島のモデルになったという島です。
脚本を書いた故井上ひさし氏は、若き頃釜石の療養所に勤務していた時期があり、その頃にこの蓬莱島を目にしていた可能性が高く、蓬莱島モデル説は地元ではもう100%真実として認知されています。



忌まわしき大津波で壊滅的打撃を受けた桟橋は修復途上でした。



しかしですねぇ・・・・・・



c0337257_12310939.jpg



桟橋の入り口には、このやうなバリケードがありまして・・・・・・・



c0337257_12310933.jpg



でも、このやうに、人々が自由に蓬莱島まで往来してまして^^



どうしてでしょうねぇ・・・・・・
と、ワタクシは突如、山川猫右衛門と化して・・・・



「一休どの、一休どの! 一大事でござる!」



「慌てない慌てない!」



c0337257_12310993.jpg



ポクポクポクポクポク・・・・・・   カーン!



「判りましたよ! 猫右衛門さん! こういうことです!」

じゃ~んけん



c0337257_12310954.jpg



ポン!



「か~、また負けた! どうぞ、お通りください。。。」



c0337257_12310942.jpg



なんか変だな、と思っても、ここは笑って許してちょうだいませ^^



c0337257_12310918.jpg



でもですねぇ、結局、蓬莱島には上陸出来ませんでした。
地盤沈下の影響か、単に満潮だったからか定かではありませんが、
工事中の桟橋と島との間には海がございました。
多分、腰くらいの水深だったのでしょうが、いつか溺れ死ぬであらう運命を背負ったワタクシには太平洋、淋代ーシアトル間に匹敵する距離でございました。



c0337257_12310907.jpg



桟橋工事が完了して、泳がなくても上陸出来るまで待つことにします^^



c0337257_12310961.jpg



その暁には、あの百合の花を接写してくれようぞ。
夕暮れの蓬莱島で切り取ったように浮かび上がった臙脂色の百合を!



by Wild_Cat_Seeker | 2013-12-05 23:36 | 東海岸よく見ゆ | Comments(4)
2013年 12月 03日

海が見たくて

高原から海までは直線距離で約20キロ
しかし、1000mの標高差をキャンセルするのですから
その倍近い距離を走らなければなりません。



途中、対向車と危うく衝突するかという事態になり、
急制動をかけたら、助手席のカメラがすっ飛んで派手な音をたてました。



c0337257_12310839.jpg



ようやくと一息つけた場所で、試し撮りしたが・・・・・なんか露出がおかしくないか?
いや、おかしいのはワタクシの腕か?^^



c0337257_12310809.jpg



到着したのは吉里吉里辺りの海辺でした。



c0337257_12310808.jpg



器量の良い山は鯨山でその麓には四十八坂海岸が天嶮となっている。
もっとも現在の国道も鉄道も少し高度をあげて谷と尾根の凹凸を吸収して
船越へと続いている。



もっと荒々しい断崖と海を探しに旧道へとハンドルを切った。



c0337257_12310874.jpg



高度を150mほど上げた半島の突端にお目当ての展望台がありました。



c0337257_12310951.jpg



この日、湿気が多く蒸し暑く、風景全体がもやっとしていましたが
眼下の岩礁はなかなかに美しいものでした。



c0337257_12310962.jpg



外洋はやはり波が荒い。



c0337257_12310938.jpg



波の音で、しばし暑さを忘れました。



by Wild_Cat_Seeker | 2013-12-03 23:03 | 東海岸よく見ゆ | Comments(0)
2013年 03月 26日

震える海上

c0337257_12293467.jpg
あのね・・・・いくら3月とはいえ、年平均気温15.7℃の「ばーち人」をですね・・・・

c0337257_12293498.jpg

港の桟橋に立たせると・・・・・

c0337257_12293466.jpg

さむい・・・・おれ、さむい・・・・・_|‾|○



by Wild_Cat_Seeker | 2013-03-26 21:59 | 東海岸よく見ゆ | Comments(2)
2013年 03月 24日

かがやく

特殊フィルターを装着して撮影しました(笑)

c0337257_12293499.jpg



by Wild_Cat_Seeker | 2013-03-24 08:43 | 東海岸よく見ゆ | Comments(2)
2013年 03月 22日

PM2.5

あ~、本当に視界が悪い!

c0337257_12293241.jpg

ほれ、これが今話題になっている



c0337257_12293347.jpg



江頭2:50! 
って、お゛ーいっ!(笑)



c0337257_12293301.jpg



PM2.5 っつーやつですな。
換気をしていないトンネル内は昭和40年代の日本であり、現在の中国であった。





地元の駅前広場には、騒音とオキシダント濃度を示す電光掲示板があった。
夏には光化学スモッグ注意報が出されて、プールで泳ぐことを禁じられた。

同じ轍をお隣が踏んでいるが、はてさて克服するのにどれくらい時間がかかるものか・・・・



by Wild_Cat_Seeker | 2013-03-22 06:18 | 東海岸よく見ゆ | Comments(6)