山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:旅行・地域( 234 )


2007年 02月 11日

はまゆり

c0337257_12080913.jpg

良い。全てはシナリオ通り。
静岡人驚かすほどにそこそこ寒いが、雪がなーい!

by Wild_Cat_Seeker | 2007-02-11 12:14 | 旅行・地域 | Comments(8)
2007年 02月 11日

首都混雑

c0337257_12080888.jpg

3連休だし、東京だし、どえりゃー人出久しぶりづら。

by Wild_Cat_Seeker | 2007-02-11 09:22 | 旅行・地域 | Comments(0)
2006年 11月 11日

北陸は時雨

c0337257_12071536.jpg



仕事で金沢に来たついでに富山、飛騨高山を徘徊して帰ります。
絵は奇跡的に見えた立山連峰。剣岳。

飛騨高山といえば、さるぼぼ!



c0337257_12071503.jpg

お菓子を買いました。
これを遠野に・・・・ではなく会社で留守番している方々に・・・(汗)





by Wild_Cat_Seeker | 2006-11-11 10:23 | 旅行・地域 | Comments(10)
2006年 11月 02日

槌音

釜石自動車道。
今は東和I.Cで止まっている盲腸道路ですが、名前の示すとおり最終的には仙人峠道路と繋がって釜石まで快適な高速道路になるはず。



c0337257_12071263.jpg

田瀬湖のあたりでは槌音が高く聞こえてきます。



by Wild_Cat_Seeker | 2006-11-02 06:49 | 旅行・地域 | Comments(0)
2006年 10月 17日

人首にて

『遠野通い玄人』の道が北上山地に分け入る手前に
こじんまりとした街場があります。



c0337257_12070547.jpg

人首(ひとかべ)と読みます。
現在の行政区分ですと岩手県奥州市江刺区米里字人首町となります。(ナガ!)
何度か遠野通いの際に通過しており、良い雰囲気だな。と思っておりました。



c0337257_12070599.jpg

昔はもっと賑わっていたのでしょう。



c0337257_12070525.jpg

一際目を引く石造りの御宅。
決して蔵を改造したわけではなく、ディテールに凝った建物です。



c0337257_12070536.jpg



c0337257_12070565.jpg

普通の御宅のようにも思えず、何かの公共機関だったのでしょうか?
この向かいは郵便局なので、もしかしたら・・・・同じような例は附馬牛でも見られましたから。



c0337257_12070577.jpg

人首の街場を抜けると道は種山方面と遠野方面に分かれます。
いつもの駐車スペースで一息入れて、移動モードから遠野モードにシフトチェンジ。
笹野田の峠を目指します。







by Wild_Cat_Seeker | 2006-10-17 06:07 | 旅行・地域 | Comments(16)
2006年 10月 16日

謎の橋-Part2

意外と苦労しました。
地図を持たずに地形を眺めてカンを頼りでは当たり前ですが・・・
市街地側から行けば簡単だと知ったのは旅を終えてからのこと。
一通りウロついた後に辿りついた、その橋の名は・・・・



c0337257_12070456.jpg

夢乃橋・・・・・レリーフは太鼓を持った鹿踊り。



c0337257_12070558.jpg

付近は住宅地、史跡公園、高校などがあります。



c0337257_12070522.jpg

ち、ちょいとばかり、肝冷やします・・・・(怖)



c0337257_12070571.jpg

この絵は10MEGAピクセルそのままです。ファイルサイズは5MB!
回線が細いとフリーズするかも知れませんので、ご注意を。



c0337257_12070503.jpg

江刺方面を見ています。
しかし、この切り通し・・・・何か人工的なニオイがします。



c0337257_12070556.jpg

北上山地方向を見ます。遠野はあの雲の向こうだ。
左奥に延びている道が「遠野通い玄人コース」です。



by Wild_Cat_Seeker | 2006-10-16 06:37 | 旅行・地域 | Comments(16)
2006年 10月 15日

謎の橋-Part1

江刺市街を抜け、人首川が狭隘な谷間に入り込むところにその橋はある。



c0337257_12070436.jpg

画像は反対側、「えさし藤原の郷」から写しました。
両側とも小高い丘状態で、まるで丘と丘を結ぶためだけに架けられたような謎の橋。
あの橋の上に立ちたい。
しかし、いったいどこから登っていくのだ?



c0337257_12070428.jpg
とりあえず、ウロウロしてみようか。



c0337257_12070414.jpg

蓑着た旅人数人。
ワタクシも遠野に向かう旅人。
そう時間は取れないが、道草もまた旅の醍醐味さ。
つづく・・・・





by Wild_Cat_Seeker | 2006-10-15 06:59 | 旅行・地域 | Comments(10)
2006年 10月 14日

水沢から遠野へ

遠野通い玄人の玉千代さん御推薦の道。
水沢ICから遠野へ抜ける通称「遠野通い玄人コース」
途中、江刺市街が入り組んでおり、なんとなく走って、いつのまにか正常ルートを走っているという状況でした。
今回もご他聞に漏れず、迷いました。(笑)



c0337257_12070420.jpg

迷ったついでに街中散歩。
江刺も古い街ですから、蔵造りの商家がたくさんあります。



c0337257_12070478.jpg

蔵の街を目指して整備している様子。



c0337257_12070424.jpg

ここは平泉文化の礎を作った藤原清衡の生誕地が近い。



c0337257_12070487.jpg

交差点を右に曲がれば「遠野通い玄人コース」の始まりです。









by Wild_Cat_Seeker | 2006-10-14 06:07 | 旅行・地域 | Comments(6)
2006年 10月 08日

冬に遭ってきました。

昨日めでたく初冠雪を記録した「富士山」
ほんの出来心で登っちゃいました。(笑)



c0337257_12070129.jpg

幸い十五夜崩れの満月が上空に架かり、夜明け前から行動開始OKです。



c0337257_12070144.jpg

御来光は6合目で拝みました。



c0337257_12070132.jpg

パノラマをおすそ分け(笑)



c0337257_12070167.jpg

山頂ははなから見えているので、精神衛生上よくない!
登っても登っても近づかない。



c0337257_12070165.jpg

やっと着いた山頂は冬の世界。日差しはあるが風が強く、実温は氷点下8℃ということでしたが体感温度は氷点下15℃くらいでしょうか・・・・体力の乏しい中高年登山者が疲労凍死するのが良く判りました。(オマエモナ!山猫)



c0337257_12070171.jpg

あれが剣ケ峰 3776mなのですが、雪が凍っていて、しかも体を持っていかれそうな強風のため断念です。
ほんの数百メートルなのですが、まだ仏には成りたくないもんで(汗)

コースタイム
2006年10月8日(日)
富士宮登山口新五合目(2380m)4:50-5:06新六合目(2490m)5:06-5:37六合目(2604m)
5:37-6:34新七合目(標高不明)6:41-8:01九合目(3410m)8:06-9:20富士宮口山頂
(3720m)9:30-10:11九合目(3410m)10:16-11;59六合目(2604m)11:59-12:13富士宮登山口新五合目(2380m)

休憩入れて約7時間で往復しているので、標準コースタイムよりはメチャ速いです。
代償は両膝の関節痛です。歳だなぁ!







by Wild_Cat_Seeker | 2006-10-08 17:34 | 旅行・地域 | Comments(10)
2006年 10月 05日

あと少しの未来

遠野から沿岸部への新しい流れが出来ようとしている。
青笹町から釜石市甲子までを結ぶ「上郷道路」「仙人道路」「仙人峠道路」
名前が細かく分かれるのは工事主体が異なるからで、我々には余り関係ない、というかややこしいので一つの名前にしてほしい。



c0337257_12065905.jpg

平倉地区で一部供用開始しています。



c0337257_12065925.jpg

本当に一部ですけど。(笑)



c0337257_12065920.jpg

平倉駅付近でR340をオーバークロスする仙人道路。



c0337257_12065978.jpg

この先、秋丸トンネルで住田町へ抜けた後は仙人峠道路と名を変えています。



c0337257_12065930.jpg

分水嶺を越えた釜石側の橋はもう完成していました。

平成19年3月開通を目指しています。
もう、あと少しの未来です。
そして、今の仙人峠トンネルの行き来はあと少しで昔日の面影となるでしょう。







by Wild_Cat_Seeker | 2006-10-05 06:35 | 旅行・地域 | Comments(12)