カテゴリ:旅行・地域( 197 )


2017年 01月 12日

古き街にて

いばっていこうか の続編です。
訪れたのは茨城県の北部の古き城下町にして商都、常陸太田市です。
古い街にありがちですが、駅から街の中心地までは結構離れています。
しかも高台にあるので冬場でしたが一汗かきましたw

さて街の中心部に入りますと、出てくる出てくる!
古い町家!
c0337257_19120423.jpg
こちらは醤油屋さん
c0337257_19345171.jpg
こちらは何屋さんですかね~?
古い大看板の整列が凄いですし、左下の鏝絵模様がモダンです。
c0337257_19411371.jpg
ここがある意味、核心部でしょうか?
常夜燈もありますし、古い町家が連なっています。
c0337257_20084214.jpg
白い建物はうどん屋さんでした。
お昼はこちらでいただきましたが、内装がまたびっくりでした。
c0337257_20204970.jpg
高い吹き抜け天井に
c0337257_20214939.jpg
扇風機
c0337257_20211822.jpg
レトロな電燈カバー
今は無きワタクシの実家にも同じようなカバーがありましたなぁ・・・

コソコソと探す・・・・
あ、あった! これこれ!
c0337257_20284106.jpg
レトロだろ~?w

話が外角高めにそれましたね。

こちらの建物は元銀行だそうです。
c0337257_20230445.jpg
うどんのコースを戴きました。
腹がくちたところで、レトロ街の散策を再開いたしましょう。
c0337257_20385769.jpg
こちらは旧市役所(今は郷土資料館)
築年は昭和初期
c0337257_20392967.jpg
3階建ての煉瓦造りの土蔵
c0337257_20395891.jpg
この理髪店も侮れないレトロさです。
c0337257_20401489.jpg
司法書士の事務所もこの渋さ
c0337257_20404499.jpg
呉服店のきっぱりした看板
c0337257_20405486.jpg
中華料理屋さんの旭日旗飾り

いや~、その他にも紹介しきれないほどいっぱいございました。
レトロ好き、建築物好きな方は必見な街でした。

んじゃ、最後に究極の旧家を御紹介して、どろんしますw
c0337257_20410542.jpg
ええい、控えおろう!
この旧家に居わす方をどなたと心得る?

もうお分かりですよね。
あのお方の隠居所でした。

常陸太田おそるべし・・・




by Wild_Cat_Seeker | 2017-01-12 06:00 | 旅行・地域 | Comments(0)
2017年 01月 11日

いばっていこうか

2016年のどんづまりが旅三昧になってしまったのは、これを入手したからに他ならない。
c0337257_18401121.jpg
JR東日本、北海道、7日間乗り放題!(ただし鈍行のみ)
ワタクシの乗り鉄魂に火を着けたのですよ。

んで、世間が罰増に盛り上がる24日のこと
c0337257_18402043.jpg
ワタクシは彼方に遠ざかる真白き不二の峰に手を振っていたわけでして・・・・
c0337257_18402517.jpg
カントーの猫耳山にも手を振ったわけでして・・・・
そして着いた先で待っていたのは・・・
c0337257_18473856.jpg
シルエットクイズです(笑)
ノーヒントで正解するとゴンドラが一気に3段階上がります。
さぁ、この3人組は誰?

レッツゴー3匹!  ぶぶ~!
3匹の侍!  ぶぶ~!
三銃士!  ぶぶ~!
てんぷくトリオ! ぶぶ~!
コント赤信号! ぶぶ~!

しかし、まぁ、めちゃくちゃ古いところばかりを・・・
30代未満には、このオカシミは判らないだろうねw
c0337257_18562380.jpg
まぁ、この画像で正解発表に代えさせていただきましょうw

しかし、真の目的地はここではござらん。
c0337257_18573517.jpg
ローカル線を乗り継いで
c0337257_18573945.jpg
いばらきの北部にあるターミナル駅に降り立ったのでした。

この巻、続きます。

あ、タイトルに意味はないよ。 いばらきをチョイ旅しただけだからw





by Wild_Cat_Seeker | 2017-01-11 05:42 | 旅行・地域 | Comments(2)
2016年 12月 31日

はからずも2016年総集編

ブログを始めて10年
するってーと、総集編も10回を数えることになりましょうや。
もう、皆様におかれまして、毎年変わり映えなく、シメのギャクまでお見通しで
ございましょうが、押し詰まった2016年のひとときを不埒な山猫に占拠させていただければ
もっけの幸い(笑)

まったく、日本語を破壊させたら右に出る者はおらんのうw

2016年の初遠野は久方ぶりの小正月でした。
c0337257_08530805.jpg
遠野郷八幡宮で「どんと祭」
耐寒訓練ののち耐熱訓練は相変らずで、餅が焼ける前に顔やデジカメが焼けてしまいますw
c0337257_08532400.jpg
しばしのお別れとなる「千葉家」をやっと初訪問!
普段は居住区だった場所にもお邪魔出来る特別な期間でした。
c0337257_08532902.jpg
何は無くとも、温泉! おんせん!
鉛温泉 藤三旅館の混浴風呂を一人占め(いいのか?w)




2回目の遠野訪問は新緑5月のこと
c0337257_09063317.jpg
てか、ここは何処だ?
いやいや、遠野に行く途中、秋田の泥湯で立ち寄り湯^^
(ぜんぜん途中じゃない! とツッコマないでねw)
c0337257_09103593.jpg
遠野では恒例の「子供流鏑馬」で癒され、変顔ポニーに(笑)
c0337257_09105320.jpg
で、また温泉か? いったいどーした?w
c0337257_09104187.jpg
祝! 世界遺産登録! 青ノ木の高炉跡を訪問
c0337257_09110008.jpg
で、またまた温泉かよ! 
須川温泉、大露天風呂を一人占め!
c0337257_09110835.jpg
出羽三山のうち一座に登頂して帰京したのでした。
でわでわ!ノシ



第3回目遠野訪問の旅は7月の事。
c0337257_09251793.jpg
どさ? ゆさ!
いや、津軽ではないよ。 山形の姥湯で立ち寄り湯^^
クルマで行けるのに、この秘湯感は今までで指折りに入ります。
(またも日本語を破壊する吾)

c0337257_09071287.jpg
姫猫さんを口惜しがらせる、まさかの好天の中、登山する吾
八幡平 三ツ石山で山の神に感謝する吾(われ)ありw
c0337257_09071916.jpg
で、また温泉かいぃ!
玄武温泉をまたまた一人占め!w

おいおい、ちゃんと遠野には行ったのか?
c0337257_09073056.jpg
心配ゴム用!(心配ご無用w)
大出早池峯神社の宵宮と
c0337257_09073524.jpg
例祭にはちゃんと顔を出していますよ。
なんたって休みの関係で、この先数年は見られそうもないのでね。。



第4回目 遠野訪問は9月。 なんていっても「遠野郷八幡宮例祭」「遠野まつり」は
外せません。
c0337257_09303506.jpg
c0337257_09303921.jpg
c0337257_09430065.jpg
その後は、ちょっと北海道まで^^
c0337257_09305058.jpg
雄大な初秋の道南を旅しました。
c0337257_09310289.jpg
c0337257_09305878.jpg
ミッション「いかめし」 インコンプリート!_| ̄|○

そして。5回目が昨日アップした忘年会訪問でございました。
c0337257_20472040.jpg
まっこと毎度毎度、遠野ぶれんど諸氏にはお世話になりっ放しで、
まったくもって感謝の百乗を送っても、まだまだ足りません。

年を追うことに精神力、健康力、金銭力は衰える一方で
ストレスと更年期うんたらと赤字生活が三位一体コサックダンスを踊る昨今ですが
不埒な山猫が来年も遠野を跳梁跋扈するかも知れません。
遠野の経済や文化には何の寄与もしない、ある意味「トンデモな」ブログですが
ちびちびと極私的遠野訪問記をアップしていけたら、と思っております。

最後の最後となりましたが、お世話になった皆々様のご健勝とご発展を祈念して

三三七拍子!  いよー!

いくらお約束でも10年連続やるかー?w

良いお年を~!






by Wild_Cat_Seeker | 2016-12-31 10:10 | 旅行・地域 | Comments(6)
2016年 10月 11日

森町徘徊

ミッション「いかめし」の合間に、こちらならではの風景を求めて
森町プチ徘徊を決行致しました。

お題は「海と駒ケ岳」

そのためには海岸に出なければいけませんが、函館本線が海との間にバリケードを作っています。
400mほど国道を歩くと川があり、どうやら川沿いに海に出られそうだ。
c0337257_10554408.jpg
路を間違えて廃屋街に入ってしまい、思わず色彩を失ったのは蛇足ですが
c0337257_10554990.jpg
振り替えれば、秋の陽の下、ローカル線 が撮れてラッキーでした。
(画像はシャドウ・ハイライトを補正しています)
c0337257_10555452.jpg
なんとか海岸に出られました。
海、空、雲、山がいい按配に揃っています。
c0337257_10561148.jpg
ついでに鉄もw
c0337257_10560356.jpg
内浦湾の対岸は室蘭のあたりかな?
c0337257_10561809.jpg
むむ!
なんか器量良しの山が見えますね。
遠くにあるのに、結構大きく見えますので、標高は高いですね。
ワタクシの脳内地図では、該当する山はひとつだけです。

羊蹄山!


さて、駅に戻ると致しましょう。
そろそろ帰りの列車が来る。
c0337257_10565552.jpg
札幌行きの特急が来た。
いつかはあれに乗ってさらに北を目指したいものだ。
c0337257_10563291.jpg
かもめの水兵さんの向こうの水平線の向こうにw 羊蹄山が高い!
c0337257_10563831.jpg
かもめ~が飛んだ~ かもめ~が飛んだ~♪

これを知っているシトはワタクシと同世代かもめ、いや・・かもねw

と、滑る価値も無いギャグをかましたところで、北海道脱出プログラムが起動したようです。


by Wild_Cat_Seeker | 2016-10-11 06:21 | 旅行・地域 | Comments(2)
2016年 10月 10日

ミッション「いかめし」発動!

c0337257_10535297.jpg
森駅にて珍光景wに遭遇
左の列車は上り「長万部」行き、右は下り「函館」行き
同じ線路上で上下列車が、ほぼ同時に発車するという見たことのない光景です。

あ、そんな門外漢の鉄事情は置いておいて(笑)
わざわざ、この場所を最終目的地に選んだのは、「アレ」をゲットするためです。
c0337257_10542786.jpg
「アレ」は超有名な「ナニ」ですよw
駅を出てすぐに製造販売元があるはず・・・・
c0337257_10543298.jpg
いかめしくださ・・・ってあれ~?
閉まってますね。。。。
c0337257_10551250.jpg
落胆の余り、色彩が消えてしまいました。。。。
c0337257_10550670.jpg
いかめし~。。。お、おれのいかめし~(涙) うらめしい~~_| ̄|○
取り乱すワタクシを不審の眼で見つつ、老婆が日本の正しい老婆スタイルで通過する秒速50㎝の午後

と、頭の中で100wの電球が光りました。
そうだ、駅だ! 駅の売店に行けば・・・・・
c0337257_10551971.jpg
あ~あ~あああああ~。。。。
思わず漏れる「北の国から」的溜め息は、なぜか、さだまさしの声色。。。

落胆のあまり、当ても無く駅周辺を歩き回るワタクシ
c0337257_10541931.jpg
駒ケ岳がびっくりするほど、大きく険しく立ちはだかる。
と、駅前のコンビニに視線が釘付けになった!
c0337257_10543714.jpg
な、なぬー!?
もつれる足で店内に乱入し、切れ切れの息の下、かみかみで尋ねる。
「い、いかめひ、ありまふか?」
「ありますよ~!」

ああ、神はワタクシを見捨てなかった。

さぁ、駅に戻り、いただきましょう!
森町名物「いかめし」を!
c0337257_10552456.jpg
ん? なんですか?
その50%の憐れみと50%の怒りに満ちた視線は?

ええ、そうですよ。
コンビニに「いかめし」弁当は売っていませんよ。
レトルトの「いかめし」しかないですよ。
はっきり言って、ばーちの地元でも時々販売していますよ。
もう、殆んど自虐ネタのために購入したようなものです。
温めて食してくださいと書いてありましたが、そのままかぶりつきましたよ。

ミッション・インコンプリートですが・・・・・・
普通に美味しかった(笑)


by Wild_Cat_Seeker | 2016-10-10 06:49 | 旅行・地域 | Comments(4)
2016年 10月 06日

盛岡逍遥

遠野まつりの帰り、ワタクシは素直に上りの新幹線に乗った記憶があまりない。
必ず、どこか寄り道をしている。

今回は一体どこへ?
c0337257_22392266.jpg
遠野を8時前の列車で離脱する。
行き着いた先は此処
c0337257_22393365.jpg
不来方の地
何度か訪れていたのですが、腰を据えて街を廻ったことがありませんでした。
今回は少し時間をかけて・・・・とは言っても新幹線の待ち時間は1時間とちょっと
さて、どこに行くか・・・・
c0337257_22394327.jpg
とり急ぎ、此処
何処?
c0337257_22590611.jpg
不来方のシガンシナ区w 内丸です。
奇妙な地形に惹かれて訪れてみました。
c0337257_22395405.jpg
を! これが有名な白龍!
でも、休みかな?
c0337257_22395740.jpg
ご安心めされよ! 分店が営業していましたよ。
んでもワタクシはじゃじゃ麺を食べる余裕はありませんでした。
次回の楽しみにとっておこうっと。
c0337257_22400856.jpg
堀に囲まれた狭い地域に飲食店が密集する不思議エリア
近くには県庁があるから、此処で県職員が夜な夜なクダを巻くんでしょうね(笑)

さて次は何処へ行こうか・・・・
c0337257_22401213.jpg
やはり、あそこだな。
c0337257_22401890.jpg
盛岡の桜開花の標準木(ですよね?)
石割桜!
シャッターを2回切りw

さぁ、次は?
c0337257_22402491.jpg
盛岡城の石垣
c0337257_22402976.jpg
登ってみようっかな~? などという邪な考えは、時間制限で霧消したw
やばいな~・・・・次の新幹線まであと25分ほど・・・・
駅までは1㎞以上あるよね。。。

どうしよう・・・・
早歩きを覚悟したワタクシの窮地を救ってくれたのは、コチラでした。
c0337257_22404459.jpg
でんでんむし
市内を廻る頼もしい路線です。
ふじのこさんのブログで取り上げられていたので、意識はしていました。

今度はもっと時間に余裕をもって歩き倒したいですね。



by Wild_Cat_Seeker | 2016-10-06 06:38 | 旅行・地域 | Comments(0)
2016年 10月 02日

富山旅のキロク 新湊

新湊市のどんづまりに長大な橋があります。
c0337257_20565515.jpg
かつて地続きだったこの地に新しい湊をつくるために掘削された水路
そのために鉄路と道路が分断されましたが、昨今新しい橋が出来て再び行き来が出来るようになりました。
c0337257_20570311.jpg
橋の向こうには剱岳
つくづく思う。良い眺めであ~る^^

ん?  断たれた鉄路?
c0337257_20571928.jpg
ああああ~~~~
c0337257_20572793.jpg
あああああ~~~
c0337257_20573152.jpg
あ、なにをするくぁwせdrftgyふじこlp;@:「


by Wild_Cat_Seeker | 2016-10-02 06:03 | 旅行・地域 | Comments(1)
2016年 10月 01日

富山旅のキロク 砺波平野 散居集落

10月になりましたね。遠野まつりネタも枯渇しましたので、過去ネタでお茶を濁します。

今年の夏に旅した富山旅のキロクを再開します。
c0337257_20433011.jpg
その成り立ちは江戸時代まで遡るという
c0337257_20434555.jpg
人が造った光景としては棚田と並んで美しいと思います。
c0337257_20451357.jpg
新湊方面に遠ざかる日本海

よし、今回は鉄分なしで過ごしたぞ!(笑)


by Wild_Cat_Seeker | 2016-10-01 11:14 | 旅行・地域 | Comments(0)
2016年 09月 16日

富山旅のキロク 氷見ふたたび

富山旅二日目
今日も絶対に撮り鉄はしないと心に固く誓い宿を出立しました。

富山湾に浮かぶ北アルプスが諦めきれず、もろ逆光とは判っていましたが午前中にもう一回だけ雨晴海岸に行ってみました。
c0337257_17324263.jpg
おお! 空はどんよりですが、高曇りなので北アルプスが見えてるぢゃないですか!
c0337257_17324957.jpg
真正面のゴツゴツが岩と雪の殿堂「剱岳 2999m」
その右となりの山塊が「立山 3015m」
c0337257_17325704.jpg
もう少し晴れていれば申し分ないのですが、やはり普段の行いがモノを言うのかしらねぇ・・・
c0337257_17331249.jpg
こちらはもう少し先の義経岩のあたりから
あの一本松の岩は名勝「女岩」
c0337257_17332673.jpg
すっかりまっくろくろ助ですが^^
c0337257_17332934.jpg
ん? 今、なんか黒くて長いものが通らなかったか?

いいい、いやぁ、き、気のせいですよ~!
c0337257_17334060.jpg
ああ、剱岳は素晴らしいなぁ(汗。。。)
c0337257_17391324.jpg
あ、こら! ちょっと待て! これもそうだ!
きさま~、撮り鉄はしないとあれほど誓っておきながら!

ええっと、なんのことかしらん?(しらじら~~~)

これを見てもまだ白を切るか~?
c0337257_17391923.jpg
ズームイン!
c0337257_17565060.jpg
ハイキー!

ち、ちちちちがうのよ。これはまったくの偶然で、そんなところに線路があることすら知らない・・・あ、やめてくださいくぁwせdrftgyふじこlp;@:「





by Wild_Cat_Seeker | 2016-09-16 06:28 | 旅行・地域 | Comments(0)
2016年 09月 15日

富山旅のキロク 五箇山-氷見

またもや過去の話で申し訳ありません。
去ることひと月前の夏休みは旅を2回決行致しました。
すなわち週末パスを利用した「乗り鉄ばかっ旅」と、もうひとつがクルマによる富山遠征でした。

それでは富山旅を始めるが、ひとつ心に決めたことがあった
決して撮り鉄旅にしてはならぬ。とな・・・・

ばーちから富山へは関越道-北陸道のルート、東名-東海北陸道のルートがもっとも楽ではあるが、どちらもアルプスを避けて通るので距離は多い。
最も距離的に近いのは松本から飛騨高山を抜けて五箇山から富山へと乱入するルートだ松本までは中央道を使ってもよいが、どうせなら松本までも最短距離で行こうじゃないの^^

んで山猫特製の富山最短距離ルートはこちらであ~る。

東京-(中央道)-八王子-青梅-名栗-秩父-小鹿野-上野村-十国峠-佐久-芦田-鹿教湯-松本--平湯-飛騨高山-飛騨清見-(東海北陸道)-五箇山-城端-高岡-氷見

極力有料道路を使わない財布に優しいルートでもありますw

運転に集中していたので道中で撮影した絵は殊の外少なしでした。
c0337257_17210296.jpg
立ち寄った、五箇山の相ノ倉合掌造り集落でパチリ
c0337257_17213215.jpg
パチパチ
c0337257_17214800.jpg
氷見の雨晴海岸でパチリ
あの雲の中に北アルプスが隠れています。
本当ならば夕陽に映える黄金の山並みが海の向こうに
どーん! だったのに。。。
c0337257_17215473.jpg
あ、

いや、その、ちがいますって、狙って撮ったんじゃありませんよ。
そこに線路があることすら知らなかった・・
あ、何をするあqwせdrftgyふじこlp;@


by Wild_Cat_Seeker | 2016-09-15 06:59 | 旅行・地域 | Comments(0)