山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 06月 26日

旅のキロク 5月 村松という街

四苦八苦した会津脱出に成功したワタクシが次に向ったのは村松という町
かつて蒲原鉄道という地方私鉄が走っていまして、その痕跡を探しに立ち寄ったわけです。
c0337257_10212189.jpg
五泉から田園風景を走ること数分で街に入りました。
c0337257_10213651.jpg
ふむふむ、昔は独立した藩で、城下町だったのね。
c0337257_10215354.jpg
このあたりが中心街
意外と言ったら失礼ですが、いや予想外の繁華ぶりです。
c0337257_10220740.jpg
c0337257_10220126.jpg
昭和のスメルがぷんぷんする看板建築が其処此処に!
c0337257_10221498.jpg
雪深い地ですからアーケードを兼ねた雁木が良き風情を醸し出しています。
c0337257_10221961.jpg
街の中心街は路駐が可能になっていて、近隣の方がクルマで用足しするのに便利です。
c0337257_10222601.jpg
古い城下町の象徴
c0337257_10363575.jpg
鍵型の道路
(遠野ブロガーの間ではギックラカーブと言った方が通りが良いw)
c0337257_10223309.jpg
路地裏に割烹
c0337257_10224191.jpg
さすがは城下町です。
なんか廃鉄探しなんか、どうでもよくなっちゃったなぁw



# by Wild_Cat_Seeker | 2017-06-26 06:14 | 旅行・地域 | Comments(0)
2017年 06月 25日

旅のキロク 5月 会津-越後は通行止ばかり

大内宿を後にして、今宵の宿がある新潟県へ抜けたいが、これがなかなかに難題で、
最速ルートは会津若松から磐越道なのだが、最もツマラナイルートでもあり、
ヘンタイばかっ旅愛好家として、まず目指したのが桧枝岐ー只見川源流ルート
しかし、これは遥か手前で「通行止め」の標識に出くわして転進!
奥只見六十里越を目指す。しかし、ここも田子倉ダム手前で
「除雪作業中、通行止め」の標識が・・・・・でも、まぁ。もしかして実はすでに終わっていて看板撤去が間に合わないのかな? と手前味噌な期待とともに山間隘路に突っ込んでいきます。
c0337257_09080051.jpg
国道と只見線が交わる処で、やはり「通行止」_| ̄|○
c0337257_09074856.jpg
この雪じゃ、仕方ないか。。。
c0337257_09080893.jpg
凄まじい雪による浸食をうけた山肌に只見線は吸い込まれていく。
このトンネルの出口は新潟県なのだが、ワタクシは泣く泣く転進だす><
c0337257_09350148.jpg
このトタン張りの小屋はかつての田子倉臨時駅
冬季に営業休止する秘境駅でしたが、2013年3月で廃止されました。
現在は中には入れません。

さらに只見線沿いに国道252号線を下っていきます。
実は、只見線、現在も只見-会津川口間が災害運休しています。
c0337257_09082391.jpg
列車が通らない線路は、こんな状態です。
c0337257_09082797.jpg
この区間は代行バスが運行しています。
過ぎし日に乗り鉄で通りましたなぁ~(遠い目)

単調な国道を制限速度以下で流す。(だって制限速度以下で走る先行車がいるんですもの!)
でも、おかげで良い風景に出会えました。
c0337257_09191602.jpg
ダム湖に映える赤い屋根
c0337257_09185971.jpg
空が晴れていれば、もっと映えたでしょうね~
c0337257_09190838.jpg
ちょっと得した気分です。

さて会津板下町まで下ったら、国道49号線で新潟県を目指しましょう。
c0337257_09553783.jpg
ちょっと寄り道
というか、国道のバイパスが単調すぎて面白くないので旧道を目指した途中
c0337257_09563498.jpg
面白い形の橋に出会いました。
名前を「きりん橋」と言います。
別にキリンに似ている訳ではありませんが
背中の棘が気に入りましたw

しかし、この旧道、崩壊のため通行止めでした。
結局、この季節、会津から越後へ抜ける道は
国道49号線バイパスと磐越道しかないという結果に・・・・



# by Wild_Cat_Seeker | 2017-06-25 10:13 | 旅行・地域 | Comments(0)
2017年 06月 24日

旅のキロク 5月 大内宿一人占め

遠野ネタが枯渇致しましたので、旅ネタに走る吾w

あれは、いつのことだったかしらん?
数年前のお盆の頃だったかしらん?
ほんの出来心で、クルマで会津の大内宿に行こうと致しましたところ
宿の手前2キロから駐車場待ちの渋滞が始まり、泣く泣く引き返した記憶が・・・・

続石(さすが)は人気観光地です。
その後、行きたいけれど、あの渋滞が・・・・
と半ば諦めモードでしたが、とあるWebの記述に目が止まりました。

「別に名物を食べたり、土産を物色することが目的ではない限り、店が開く前に訪れるのもアリ。
 渋滞知らずの、混雑知らずです。」

ぽんっ!

なるへそね~

ワタクシ、まさに昔の宿場の雰囲気を堪能したかったのです。
というわけで、午前6時!小雨、気温9℃ の大内宿に潜入したわけです。
c0337257_14230846.jpg
誰もいな~い!
c0337257_14231606.jpg
どこで写真を撮ろうが、アングルに人影なし!
c0337257_14232475.jpg
超メジャーな俯瞰ポイントから眺めても
誰もいな~い!
c0337257_14233012.jpg
道の真ん中に座ろうが、寝ようが、裸踊りしようが
誰の目にもとまらない(しませんよ。念のためw)
c0337257_14233440.jpg
そのかわり、店は開いていませんw
写真を撮るだけ撮って撤収!

この一人占め感・・・・・

クセになりそうw


# by Wild_Cat_Seeker | 2017-06-24 14:41 | 旅行・地域 | Comments(0)