山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 09月 09日 ( 1 )


2017年 09月 09日

猫川源流部へ

c0337257_17000644.jpg
溜池の奥、猫川の源流部に荒々しい姿を晒すのは佐比内鉱山の露天掘り跡
c0337257_17001751.jpg
過去に2度ほど赴こうとしたが、立入禁止ゲートに阻まれたり、伐採と大雨による林道の劣化など
ナチュラルに拒絶されていましたw

だが、今回は立入禁止ゲートに嫌われることもなく、ダートの状況も大変よろしくw
林道の終点広場まで到達致しました。
c0337257_17215850.jpg
林道は続いているように見えるが、もはやFRの街クルマでは走行不可能
c0337257_17221560.jpg
猫川は、広場の建設のため、トンネルで迂回させられていた。
では広場に戻りましょうか。
c0337257_17211195.jpg
広場の北側斜面には立入禁止のガイドロープが張られているが、
目視では鉱山施設のようなものは確認出来ませんでした。
すでに自然に戻っているのでしょうか。

c0337257_17223698.jpg
広場の頭上には荒々しい岩場が・・・・
c0337257_18112068.jpg
足元には「バールのようなもの」w
一本あると重宝しそうなので持ち帰ろうとしましたが、
こんなものをクルマに積んでいるところを検問されたら、「車上荒らし」か「空き巣狙い」の疑いを掛けられそうなので、断念しましたw
c0337257_18184460.jpg
バールの先に横たわっていたのはレール!
いや横たわっているのではなく敷設されていた!
c0337257_18214146.jpg
その先に坑道!
c0337257_18240171.jpg
無論、立入禁止!
c0337257_18402413.jpg
その反対側にも人工物が・・・・
ここまで4日連続登山を敢行したおかげで
この10mに満たない崖を登る気力が湧かないw
c0337257_18405991.jpg
さらに広場北西にはもう一つの坑道が!
c0337257_18430914.jpg
こちらにも軌道はあったようですが
一体どこに通じていたのでしょうか?

遠野側に鉱石を搬出したとは考え難いです。
ここまでの林道が貧弱ですし、鉄鉱石を溶かす施設が岩手内陸には無いからです。
鉄道で溶鉱炉がある場所まで運んだ?
いやいや、そんな遠回りをしなくても山の向こうに製鉄所がありますやん!

ということで坑道は搬出のためではなく、搬入のためだったと推測します。
つまり佐比内の露天堀りで出た鉱石は、この坑道を通って釜石の製鉄所へ
運ばれたのでしょう。
c0337257_18433983.jpg
クマーの懸念があるので長居は無用の山奥です。
c0337257_18441578.jpg
あの露天掘り鉱山の縁を通って、仙人峠へと鉱山道路が続いていることは先人の数々の決死的れぽーとで把握していますし、自身もその後半部を徒歩で辿っています。



しかし、今回は間抜けなことに、その道の分岐を見落としてしまい、確認出来ませんでした。
ま、見つけても街クルマでは侵入不可能ですがのw

つーことで大人しく来た道を戻りました。



by Wild_Cat_Seeker | 2017-09-09 05:44 | 遠野の川 | Comments(0)