山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 06月 18日 ( 1 )


2017年 06月 18日

反省の聖地巡礼

岩手県遠野市土淵町山口

行政的に表記すれば、11文字の漢字で表記する

しかし、遠野フリークが表記すると 2文字の漢字で済む。

聖地

遠野を一躍全国区に押し上げた存在「遠野物語」
その情報の源が「山口集落」
それゆえ、此処を「遠野物語の聖地」と位置づける人は多い。


え? 前置きが長い?
このパターンのエントリーは、ロクな写真しか撮れなかった時・・・・

・・・・・・読まれとる。。。。_| ̄|○

以下、戒めと来年への糧として恥ずかしい中途半端な絵をアップしていきます。
c0337257_13045023.jpg
素直に山口の水車を撮れない。
挙句の果てに「ナニコレ?」な絵を切り取って自己満足w
c0337257_13052064.jpg
山口集落の入口にある「お出迎えの赤鳥居」(勝手に命名w)
切り取り方が難しい被写体です。
ワタクシ的にはこの構図がベストかとオモタのですが・・・どうにもこうにも・・・・
サクラが散っているからだ!
と責任転嫁する吾ありw
c0337257_13252818.jpg
山口版「桜下六角牛山の図」を狙った割には、杜撰な構図です。
中腰か、ヤンキー座りをすれば解決出来るのに、それをしないところが大甘です。
(ひじゃかぶ(膝)が痛い、など言い訳に過ぎないヨw)
c0337257_13254355.jpg
通称「偽孫左衛門」(呼んでいるのはワタクシだけw)
背景の家と被ってしまっているヨ。
もっと右に寄るか、寝そべってあおり気味にするかして、フレームアウトさせるべきでしょ。
ダメダメです。
c0337257_13271121.jpg
そんなワタクシが撮る大洞のヤマザクラは「凡庸」そのもの
続石(さすが)に気付いて小細工に走りますが
c0337257_14072923.jpg
一言で申せば企みが「あざとい」
二言目を足せば「技量不足」


そして、致命的なのは
c0337257_13274091.jpg
守りの姿勢
10年前のワタクシならば、迷わず突進していっただろう。
(挙句に脱輪するかもしれないがw)

老いたな・・・・ワタクシ


あ、なんだか自己批判が過ぎて、オチ込んできたw





by Wild_Cat_Seeker | 2017-06-18 14:24 | 遠野の里 | Comments(0)