山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 08月 11日

山陰ばかっ旅 日本の夜明けは近い!

萩の街をそぞろ歩きする・・・・・
かなり前から胸に抱き続けた願望を叶えているワタクシなのだが・・・
c0337257_00062271.jpg
なぜに、このような商店街を歩いているのであろうか・・・

答え・・・暑かったからw
c0337257_00261147.jpg
額に汗して辿りついたのは世界遺産の街並
c0337257_00440630.jpg
維新の立役者のひとりの生家
ボランティアガイドの方の丁寧な説明に、ワタクシの木戸孝允像がちょっぴり変化しました。
c0337257_00585081.jpg
この家で20年間暮したそうです。
いろいろと当時の神童の査証がありますが、それはこれから訪れる方々のために封印して
庭先の老松だけ紹介しましょう。
これ、もともとは盆栽だったそうです。
c0337257_01015174.jpg
世界遺産の街並みを散策しましょう。
なんとも素敵な佇まいでしょう? 人も少ないし・・・・
c0337257_01234150.jpg
いえいえ、人がいないスキをぬって撮ったのすw
リタイア星人には平日も休日もないからね。
c0337257_01233434.jpg
あまりの暑さに左のお店で夏ミカンをスクィーズしてもらう(300円なり)
c0337257_01210294.jpg
この先、更なる古き街があるのですが、時間の制限が・・・・
後ろ髪引かれる思いで撤収するワタクシを呼びとめるお人が・・・
c0337257_01224351.jpg
山猫クン! ニッポンの夜明けは近い!

うんうん、そうだぁね。
でも、この時は「山猫~、バスの時間は近い」でしたので
ゆっくりとニッポンの将来を語り合うことは出来ませんでしたw






by Wild_Cat_Seeker | 2017-08-11 10:10 | 旅行・地域 | Comments(0)


<< 山陰ばかっ旅 長門の国に尽きる本州      山陰ばかっ旅 明治維新の特異点 >>