山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 07月 21日

山陰ばかっ旅 すなばとスタバ

鳥取に来たならば、寄らずに居られようか、というお店があります。
それが、此処
c0337257_17141061.jpg
ワタクシの経絡秘孔(けいらくひこう) 笑点を激しく突いた稀有なる存在です。


時は2012年に遡る。
当時の深夜系バラエティ番組で、全国都道府県でスタバが無いのは島根と鳥取と暴露された。
時の鳥取県知事は半ば自虐気味に「鳥取にはスタバはないが、日本一の砂場(鳥取砂丘)はある」と発言!
しかし、2013年 島根県にスタバが出店。鳥取が唯一、スタバ無し県に・・・・

そこで、地元の居酒屋経営者が、知事の発言をヒントに2014年「すなば珈琲」を開店!
スタバは無くても・・・を地でゆくスタイルがマスコミを通じて全国に知れ渡る。
こうして
メジャーブランドへ官民一体の無謀な挑戦が始まったのです。

しかし、スタバも、同じ年に鳥取県への出店を表明。
どうなる? すなば? 

そして、2015年 スタバ開店!
c0337257_17150449.jpg
しかし、その立地は・・・・駅ナカを唄いながらも、実際は駅裏の繁華とは程遠い場所
これは・・・日本最後の出店県にしてしまった報いでしょうね。

しかも、その後鳥取県はコーヒー購入量で日本一になったとか!
スタバの経営戦略室とか販売推進部みたいな部署は途方に暮れたことでしょうね。
c0337257_17154812.jpg
県庁所在地で、鉄道が電化されていない県も少なくなりました。
ここ鳥取と徳島、高知、山口くらいでしょうか。

そんな置き去り感を逆手に取った「すなば珈琲」に象徴される、対メジャー奇襲作戦が
ワタクシのツボを激しく刺激するのです。

半分自虐、半分本気 そしてユーモア精神を忘れない
さらに商品クオリティは絶対に譲らない!
尊敬に値します。

電化なんて別にこだわらなくていいじゃないですか。
むしろ、最後の非電化県庁所在地になった時、そこに唯一無二の価値が生れるのではないか、
と、ワタクシを推測しております。

ああ、なんか気分がいいなぁ
晩飯はどうしようか・・・・喫茶店で夕食は・・・ちょっと・・・アルコールないしw

と、駅前地下通路から鳥取大丸が見えた。
デパ地下でまとめてみましょうかね
c0337257_17155598.jpg
肴はハイクオリティになりました。
〆は・・・・・鳥取駅の駅弁売り場に「かにめし」の文字が・・・・・
鼻息荒く突進したのですが
「売り切れです」と冷たくあしらわれました_| ̄|○
仕方ない、コンビニで・・・・・おお~っとご当地モノがあったよ!
c0337257_17160470.jpg
かくして、鳥取の夜は更けていくのでしたw

すなば珈琲に栄光あれ~!





by Wild_Cat_Seeker | 2017-07-21 06:53 | 旅行・地域 | Comments(0)


<< 山陰ばかっ旅 すなば de 遊...      山陰ばかっ旅 山陰ジオパーク編 >>