山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 05月 30日

橋野高炉 マイオキニ遺産

c0337257_21343876.jpg
数々の驚異を今に残す橋野高炉跡
殆んどの皆さんは高炉跡1、2、3 をご覧になって満足しお帰りになります。

しかしですな~
ここ、ぃよ~く目をこらすと鉱山マニアや鉱石マニア、はたまた製鉄マニア(いるんかい?)は
また違った遺産を見出します。

たとえば、こちら
c0337257_21343465.jpg
え? ただの土じゃん  というアナタ
修行が足りませんな(笑)
これは炭です。
高炉には鉄鉱石に大量の炭を加え1200℃以上の温度で鉄を融解していたのです。
おそらく、これは製鉄に使われる炭だったのでしょう。

さぁ、マニアはこんなところにも目を向けます。
c0337257_21344618.jpg
意味ありげに盛られた岩屑・・・・
近寄ってみましょう。
c0337257_21345154.jpg
で、でましたな!
これは鉄滓(てっさい)ですな!
鉄を溶かした後に残る屑ですが、まだ鉄分を含んでいるので持つとその重さに戸惑います。
c0337257_21345658.jpg
を? これはまさしくマニアの仕業ですね。
もしや24地割さんでは?w
c0337257_21350290.jpg
よく見やれば鉄滓の細かなるが多し
c0337257_21350725.jpg
をを~っふ! 鉄滓の道だ!
ここをザクザクと歩く時の至福感たるや!
まさに歴史散歩!

と一人で興奮していましたが、側から見たら「若いのにお可哀そうに」状態なのかw
c0337257_21352603.jpg
遠方には片羽山
今や森に還っていますが、この山の中腹には鉄鉱石を求めて縦横無尽に調査道路が走っていたそうです。


by Wild_Cat_Seeker | 2016-05-30 06:29 | 旅行・地域 | Comments(4)
Commented by 24地割 at 2016-05-30 19:57 x
プッ!
ワタシャ、ケルンを積んだ経験はありません… キリッ。
勿論、手にはいたしましたが(^^i
T氏命名のK市のマッターホルンから大峰山、ツアーを組めば案外ウケると思うんですがね… 何しろ日本で3番目に開通した鉄道が走っていた鉱山のバックヤードなんですから。
Commented by Wild_Cat_Seeker at 2016-05-30 21:28
24地割様

あれ? 違うんですか?w
鉄滓を「ひとつ積むのも親のため~」としている姿が
みょ~っと想像できたのですがw

大橋、大峰、青の木でツアー組むのは簡単ですが
お客さんは健脚で虫も無視できクマーの恐怖にも動じない方限定なので最小随行人数に達するのは至難の業かとw
Commented by 笛吹 at 2016-05-30 22:36 x
流石にマニアのお二人、会話からして違いますね!
私なんぞは、高炉に使った四角い切石、周辺のお宅の犬走りか基礎石に転用されているのでは?と捜索してみたくなります。笑
Commented by Wild_Cat_Seeker at 2016-05-31 20:57
笛吹様

いえいえ、郷土芸能マニアの笛吹様に比べたら深堀具合がまったく甘いワタクシですw

たしかに高炉の石・・・・建材にもってこいですねw

たしか裏鳥海文書にも三浦翁の話に金鉱山の鉱石で道路の基礎を作った話がありますね。
日本一豪勢な道w


<< 笛吹けど・・・      山神社 >>