山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 05月 13日

高清水植物園 春の部

気温20℃超えの日があるかと思えば、ヤマセが入って最高気温がヒトケタの日もある。
それが遠野の春。
地味ながらも花々が咲きだす季節です。
c0337257_11165523.jpg
雪解け水の近くにはニリンソウ
山菜として食用になりますが、葉の形が猛毒植物トリカブトに似るため、
謝って食し、命を落とす人稀に報告あり。
c0337257_11165505.jpg
おそらくタチツボスミレ
これも食用になります。
c0337257_11165566.jpg
これは色々調べた結果、ウマノアシガタ、ヘビイチゴ、キジムシロに絞られました。
葉のカタチから、おそらくキジムシロでしょう。
食べられるかどうかは判りません。
c0337257_11165553.jpg
この時季の高清水で一番目立つ花「アズマギク」です。
c0337257_11165577.jpg
おやおや、6月が最盛期なレンゲツツジがちらほら咲いていますよ。
やはり今年は温かい(暑い)特異な春なんですな。
ええっと、これも毒花です・・・
c0337257_11165549.jpg
はて、これは面妖な花だ。
c0337257_11165535.jpg
花だと思った部分は種の集まりでした。
正体はオキナグサでした。
どこにでもある・・・っとモノではなく、環境省の絶滅危惧種に認定されております。
c0337257_11165652.jpg
良く見ると、無駄毛処理が甘いようだww

ええっと、こいつも毒草です。葉や茎の液で皮膚炎を起こすこともあるそうで
間違って食っちまったら心臓止まることもあるそうで、オソロシイやつです。

以上、高清水植物園 春の部 でした。




by Wild_Cat_Seeker | 2015-05-13 18:20 | 花、植物 | Comments(0)


<< ディープな山口散策      高清水にて >>