山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 09月 08日

還れない山猫

c0337257_12302975.jpg

小友の某所に「おっける帝国」侵攻の兆し、此有り。



c0337257_12302963.jpg



橋桁を流されたのか、ツイストを踊り始めているが・・・・・



c0337257_12302989.jpg



向いの山にある茅屋(ぼうおく)とセットにすれば、そこはかとなく風情ある景色です。



が、問題はこの橋が現役なのか否か、であります。

c0337257_12302975.jpg

進入禁止の措置は執られていない。
ほら「このはしわたるべからず」という立て札がないでしょ?
あったとしても、橋の真ん中を渡ればいいだけで・・・・^^



強度的に不安が残るが、ここはひとつ・・・・



c0337257_12302916.jpg



そろり、そろ~り、そろそろり・・・・・



c0337257_12302953.jpg



冗談抜きで桟がある部分以外は踏み抜きそうな気がしてビビる。
気のせいか距離がさっきから縮んでないような・・・・・・



まぁ、最後は山猫に変身して(?)、見事に渡り切りました。
「おっける帝国」おそるるに足らず!



さぁ、戻りましょうかね。



c0337257_12303029.jpg



えっ?



c0337257_12303016.jpg



なんだかな~・・・・・



と力なく首を振る山猫此れ有り・・・・・・・・・_|‾|○





by Wild_Cat_Seeker | 2013-09-08 09:17 | 遠野の川 | Comments(4)
Commented by たみゃちょ at 2013-09-08 19:23 x
おこんばんわ。
久しく行ってなかったけど、この木橋は健在だったんですねえ。
しかし、こちらから渡れるけど、向こうからは渡れないという
矛盾極まる橋です。

・・・・・じつは、私もつい試してビックリでした。


Commented by ゴンゲン at 2013-09-08 19:34 x
 お、いつの間にか橋の中間にあった支えの足場パイプが取り払われている。

Commented by yamaneko at 2013-09-08 21:41 x
たみゃちょ様

おこんばんわ
そう、ここはたみゃちょ様のところで拝見した場所です。

やや! 
おんなじように渡って「やれやれ」したんですね~
歴史は繰り返すw

Commented by yamaneko at 2013-09-08 21:48 x
ゴンゲン様

おやおや、補強があったのですか。
流された? 取り払った? 

いずれにしても、地元は橋にツイストを踊らせることを
選択しましたね^^



<< 此の花咲く屋根散る屋根      追分の碑 >>