山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 08月 12日

旅の始まり

さてさて、今年も始まった夏の大遠征。
手持ちの日数は6日間だ。
目指す処は結局のところ遠野になるのだが、ワタクシが素直に東北道に乗るはずがない(笑)



c0337257_12275356.jpg



そう、この旅の本命は遠野なのだが、あっちこっちで小さな浮気を重ねる旅でもあるわけだ。
ちなみに此処は茨城県の南部。
わざわざ、このエントリーを書くために寄り道をした(おいおい)



さて、高速をちょこっとだけ使ったが原則下道でよろよろと走り・・・・・・



c0337257_12275391.jpg



あ~、ここは何処なの~?



c0337257_12275379.jpg



鮎師が繰り出すこの清流は伊南川。
水源は尾瀬の山々です。



場所は南会津町南郷地区
日本の正しい山里のような風景でしたよ。
気温は23℃でさわやかな初夏の気候・・・・・・・



ではひとつ峠を越えて、只見川本流の谷へ行きましょう。



c0337257_12275359.jpg



この辺りは名立たる豪雪地帯のはずだが、谷の奥奥まで民家が点在している。



c0337257_12275386.jpg



雪の不自由を埋めてなお余りある恵みがあるのだろうか。



c0337257_12275346.jpg



峠付近はブナをはじめとする広葉樹林の森。
しばらく、ぼ~っとしていたいが、すぐにアブ野郎が寄ってきて血を無心するので
そういうわけにもいかない(笑)



只見川の谷に下りた途端に激しい雷雨に襲われた。
そう、この記事の2枚目に写っていた巨大積乱雲の中に突中してしまったのだ。



c0337257_12275369.jpg



結構楽しみにしていた「沼沢湖」は篠突く雨に煙っていた。
しかし、この雷雨、暴れ方は半端ではなかったが、引き際も見事であった。



c0337257_12275375.jpg



あっという間に晴れ間が出て、只見川から阿賀野川流域へとワタクシは、また峠を越える。



c0337257_12275385.jpg



谷が開けた向こうには夏でも雪を残す飯豊連峰。



ちょいと距離を稼ぐため、磐越道で西会津-安田をキセル^^
下道で新発田まで走り、そこからまた高速道路でキセル^^



c0337257_12275316.jpg



ほぼ貸切状態の日本海東北自動車道
越後の空は何処までも蒼く、広がる田はどこまでも青かった。



旅は始まったばかりである。



次回、久々の潜入捜査官シリーズの予定です。



by Wild_Cat_Seeker | 2012-08-12 13:16 | 旅行・地域 | Comments(2)
Commented by romi at 2012-08-13 09:45 x
潜入捜査ご苦労さまです・・・というか、内容は今後でしょうから楽しみです。
”うだっこ”は暇に聞いてくだされば^^v

Commented by yamaneko at 2012-08-14 06:33 x
romi様

今回の潜入記録は、時系列に沿ってアップしていきますので
終了するときはもう、霜が降りているかもしれませんw

うだっこはまだ、Aから始まるアーティストです^^



<< 潜入捜査官の驚愕      釜石徘徊 >>