山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 05月 13日

計測 奥の細道

放射能は百代の遺恨にして、飛び交うγ線を測る旅人なり。


理由はどうあれ、手元になぜか放射線測定器があり、たまたま北へ旅をする機会があった場合、さて貴方ならどういう行動を取りますか?


日々、公表されている空間線量の値が果たして本当なのか確かめたくなりませんか?


え? ならない?  わざわざガンマ線を浴びに行くのは愚かな行動?


ええ、そうです。愚かな行動です。
そもそもワタクシは愚かな人間ですから、愚かな行動を取るのはむしろ必然かと(笑)



かくして(別に隠してはいませんが)放射線計測器Inspector+を青い彗星号に搭載して北を目指したわけです。


計測はすべて車内で行いました。
天気はほぼ全域で雨(ところにより豪雨)でした。

常磐道の日立中央SAでスィチを入れました。

c0337257_12270775.jpg
最初の3分間の値は無視して3分後に落ち着いてきた値を読むとだいたい0.1μSvだ。


自然放射線が0.04μSvくらいだから、極微量の原発由来の放射線があると思われる。
でもこれくらいなら全然問題ないだろうね。
すくなくとも、ワタクシの家の庭よりは低い(笑)

常磐道を広野まで行ってしまうと、その先には進めなくなるので、いわき中央で降りて下道を往く。


c0337257_12270772.jpg
磐越東線の江田駅付近で計測

c0337257_12270708.jpg
依然、ワタクシの庭より低い数値です。(笑)

しばらく磐越東線に並行して夏井川渓谷の道を往く。
磐越東線は、どうやら豪雨のため運休のようだ。保線用の電動トロッコがゆっくりと巡回していた。

川前の手前で県道287号線に入り北を目指す。
川内村の村境付近で計測


c0337257_12270723.jpg
じわりと数値が上がった。

これは公表されている郡山市や福島市の値より若干低い。
そして、ここがピークで村内に入ると数値は0.1~0.2μSv台に下がった。

国道399号線に入り、最も原発に近い田村市都路、葛尾村と進むが、おおよそ0.1~0.4μSvと高い線量は検出しなかった。
小さな峠を越えて浪江町南津島に入ったところで計測


c0337257_12270729.jpg
今までの計測記録を更新する値を示したが、この値は福島市より若干高い程度だ。

浪江町津島と聞くと最も線量が高い地域のひとつという認識でいたので意外だった。
この辺りも線量が落ち着いてきたのか。


しかし状況が一変したのは県道114号線に近づいたところからだった。


c0337257_12270782.jpg
運転中に何気に数値に目を向けて思わずブレーキを踏んだ。

見間違いではないかと思ったのだが・・・・


c0337257_12270750.jpg
今までとはケタが違う。

たかだか800mほど走っただけで線量は4倍になった。


正直なところ長居は無用だと思った。
ガンマ線がワタクシの愚かしい二重螺旋状の遺伝子をぷちぷちと射抜いて破壊していると思うと、お尻がむずむずしてきた。
いや、実際尿意を感じていたためでもあるのですが(笑)
いくら無人地帯とはいえ、スタンディング・オベンションはねぇ・・・・
パンダ塗りのクルマは結構徘徊していますからねぇ・・・・・


もう少し山に入ったところで懸案事項を解決しようとクルマを走らす。
峠の隘路(あいろ)となって人家が無くなったところで、線量計に目を落とすと・・・・


c0337257_12270728.jpg
げっ! さっきよりも上がっている!

車内でこれだから、外は・・・・考えるだに、スタンディング・オベンションに踏み切れない。


さらにクルマを走らせ、峠に達した。
さて、ここならば・・・・


c0337257_12270762.jpg
・・・・・・・_|‾|○

息苦しくなってきた。
これは屋内に居ても年間54mSvの積算放射線量になる。
膀胱の充満率も120%に達していたが、折からの豪雨も手伝い、外に出る勇気がなかった。

道路標識の地域名を見て納得がいった。

c0337257_12270732.jpg
5月現在、最も線量が高い地区のひとつをかすめていたのだった。

ちなみに文部科学省が此処より700mほど南で5/13日に計測した値は10.533μSv/hだ。
さらに言うならば、某大手A新聞では浪江町赤宇木と下津島の値を未集計として掲載していない。

しかし、文部科学省はちゃんと計測値を公表している。


赤宇木集会所 10.138μSv/h

福島県立浪江高等学校津島校 11.588μSv/h

いずれも尻がむずむずする値だ。

なぜA新聞はこの値を未集計として掲載しないのか・・・・・

与えられる情報しか見ない大半の人々は年間85mSvを越えるエリアがいまだに存在することに気付かない。
自ら求めて探す者にしか情報が届かない。

これはマスコミの稚拙な情報操作としか思えない。

などと夢想していて我に返った。
いくら愚かなる残すに値しない遺伝情報とはいえ、むざむざ破壊される確率の高い場所に留まるのはもっと愚かであろう。
峠を越えて飯館村に下る。
c0337257_12270754.jpg
飯館村長泥地区
海岸方面は通行止めだ。
線量は集落北の桜が綺麗な高台で3.149μSvだった。
c0337257_12270757.jpg
飯館村草間地区では・・・・
c0337257_12270781.jpg
どうやら高線量地帯から脱出したようだ。
c0337257_12270759.jpg
南相馬市原町IC付近の値。 正常値近くまで落ち着いた。

まぁ、好奇心の赴くところの計測道中でしたが、与えられた情報がすべての情報ではないと再認識できただけでも実りがあったと言えよう。

ちなみに遠野市街は・・・・0.1μSv以下でしたのでご安心を。

不幸にも射抜かれてしまった
ワタクシの
二重螺旋構造体は・・・・・・

今、修復している(笑)





by Wild_Cat_Seeker | 2012-05-13 21:35 | 旅行・地域 | Comments(10)
Commented by numako at 2012-05-14 03:57 x
パニックになるから情報を後出しに…みたいにも言ってたような気もしますが
後に引く事故なんだから隠してもしょうがないのに。
いや、政府周辺は発表出来るほど解析出来てなかっただけなんでしたっけw

遠野嫁っこさんのダンナさんも早々に線量計を入手して「前沢イオンの辺りが高い」と
ブログに書いたら「滅多な事を書くもんじゃない」とクレームが来て書き直してました。
栗原市や一関市の牧草を食べた牛が…とニュースになる前の事。

Commented by とーほくの湘南人 at 2012-05-14 08:53 x
オハヨウございます。
身体を張っての調査員みたいで頭が下がります。

ひとつの町内でもバラツキがありますので、
自治体発表の「○○市○○μsv」という発表は
鵜呑みにしないことにしています。
我町も空間線量は落ち着いてますが、植え込み
などでトンデモ数値が出たことがあります。
だがしかし!
気にしないとしょり連中は、山菜筍など以前と
変わらぬ摂取をしています。
おそるべし、老人たちの食い意地w

Commented by ゴンゲン at 2012-05-14 19:54 x
 テスト・テストありがとうございます。
 表示される数字に振り回されないように気をつけないとね 信ずるものがだまされないように気をつけたいと思います。
 すでに昨年秋にはたらふくキノコを食べましたので、今更ダメと云われてもどうにもなりません。

Commented by nooree at 2012-05-14 20:30 x
高い数値ですね(・・;)
やはり国は最低でも〇年は戻れませんよ発表をするべきですね。
・・・発表してませんよね(・・? 
専門家が〇年と言ってくれないと、普通の人には全くわからないかと・・。
目に見えない恐怖でしたね(>_<)  車内でしゃ~ない・・〇をぷるぷる我慢してたんですね(・・;)

Commented by 宝飯爺 at 2012-05-14 23:44 x
なんとも驚く線量ですね~事故当初曖昧なそして隠した倒電と国、保安院の罪は重でしょうね~
賠償もしきれない状況の倒電、最後は国に頼り国民の血税となるお決まりのパターン
他人事のような倒電の対応には罪の意識を微塵も感じないように思われますね~

Commented by yamaneko at 2012-05-14 23:45 x
numako様

そうそう、「パニックにならないように情報を遮断・・」と言い放った正直な政治家がいましたねw
その後は「信ずるに足る情報ではない」から「申し上げることはない」という論調や、「あほやからわからへん」的開き直りにw

ジツは、3月15日でしたか? 最初の爆発の時、会社の同僚が原発関係者の友人から「やばいから逃げた方がいい」という情報を得たのですが、それを聞いたワタクシは「滅多なことをいうもんじゃない。パニックになるぞ」と言った記憶が。。。_|‾|○

今から思うと不思議です。

建屋が木っ端微塵に消し飛んでいるのに、えだちゃんの「原子炉は無事です。ただちに影響はありません」を半ば信じていた自分。



Commented by yamaneko at 2012-05-14 23:54 x
た・・こほん、とーほくの湘南人様

放射線量は、あの津島地区でも0.5μSv/hの場所もあれば、11μSv/hというトンデモな場所もありますしね。
ほれ、帝都でも、みんなして線量計片手に街中測りまくったもんだから、放棄したラジウムが発見されたりしてw

正しい値を知って、正しく怖がる。
あるいは、正しく安堵する。

これを出来るようにしないとね。

0.2μSv/hにヒステリーを起しちゃだめだし、
6.0μSv/hに鈍感じゃいけないし、

ワタクシも毎時0.2μSv/hの猫額農園で採れる三つ葉やほうれんそうをバクバク食べていますよw

Commented by yamaneko at 2012-05-15 00:01 x
ゴンゲン様

無断でテストテスト・・・・ああ~てすてすてすw

すいませんでした。

あ、あのブツはセシウムに反応しています。
その他のアブナイ物質には反応しないらしいので
すとろんなんたらとか、やヴぁいものが近くにあっても検出しないです。

食べちまったもんはもう仕方なしですよね~
まぁ、秋の味覚に対する欲が放射能汚染に勝ったということですね。
実際、大した値ではないと思いますよ。
煙草や過度の飲酒の方が致死量のようなw

Commented by yamaneko at 2012-05-15 00:06 x
nooree様

難しいですね~
帰れない宣言を国はしたくてうずうずしていると思いますよ。
でも、あの地域の方からしてみれば、それは受け入れ難い事実なのでしょうね。

車内で「しゃー」は出来ないですw
え? シャァの真似じゃないですよ!www

防災グッズに猫砂があることの意味も知りたくないです(爆)

Commented by yamaneko at 2012-05-15 00:11 x
宝飯爺様

高かったですね~
緊迫した30分間でした。

画像には残っていませんが、瞬間最大7μSv/hを越えましたからね。
おとといのあの近辺での最大値は16μSv/hでした。

これが「ただちに影響はない」ということです。
じわじわとこれから先数十年続く見えない攻撃です。



<< 新地にて      桜の直売所 >>