山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 09月 01日

きたかったんだもん

c0337257_12251441.jpg


蔵の街であり



c0337257_12251448.jpg



古き商都である。



































c0337257_12251490.jpg



古きを利用して新しきを模索する街でもある。



c0337257_12251489.jpg



そうです。忘れていましたが、明治の御代まで磐梯山は4つの峻峰でしたし、
五色沼もそれまでは無かったのですよね。



c0337257_12251450.jpg



水旨きところ旨い酒あり







c0337257_12251498.jpg



しかし、今回、喜多方に来たかったw理由は





そう・・・



らうめんでした。



c0337257_12251464.jpg



こちらを断念して



c0337257_12251402.jpg



こちらで戴きました。



c0337257_12251401.jpg



んで、殲滅!w
微妙に残した汁の意味を感じてくだされ。





は! 今何時?  そぉ~ねだいたいね~ 



げ! 15:20????



てぇへんだ!
ケツカッチンになってきた。
急げ急げ!



遠野はまだ300㌔彼方だ!



 



by Wild_Cat_Seeker | 2011-09-01 22:27 | 旅行・地域 | Comments(4)
Commented by とおのおぢさん at 2011-09-02 23:01 x
ここの写真館の先々代?(更に先?)が撮影していたんですね~
磐梯山の水蒸気爆発は凄かったらすいコトは知っておりますた。
写真も見た記憶があります。

Commented by yamaneko at 2011-09-03 11:46 x
とおのおぢさん様

たぶん磐梯山が今の形になる前を記憶している人は皆無ですが
写真や記録が残っているのは助かりますね。
未来への備えとなりますから。

しかし、凄いですよね。
山一個丸ごと吹っ飛んでしまったのですから。
自然のチカラには勝てません・・・

Commented by こめきち at 2011-09-04 13:47 x
遠野を攻めるのにこの地区から回り込むとは・・。
「見せてもらいたい物だな山猫軍のモビルスーツのせんとーりょくとやらを・・。」
おっといけない新参者が余計なツッコミをwww

実は私、父の実家に行く回数よりも磐梯山周辺に現れることが多い裏切り者(?)
写真の緑色の看板の老麺屋はその店でチャレンジしたときは激混みだたせいか、うわさほどでは?

実はバーチー県にも、この店のFC店が存在するのをご存知でしょうか?
バーチー痴呆裁判所付近にあるのですよ。そこで殲滅したときのほうがおいしゅう感じました。
なにぶん私の舌は貧相な味覚なのであてにはなりませぬが・・・。(~_~;)

Commented by yamaneko at 2011-09-04 20:37 x
こめきち様

いやはや、浜街道が健全なら、この選択肢は無かったですよ。
ある意味破れかぶれのルート選定です。
結局、バーチ>トオノが14時間30分でしたからw

>認めたくないものだな、自分自身の若さ故の過ちと言うものを

えっと、若くないですから! (と自爆してケリをつける(ランバラルのようにw

喜多方らうめんは美味しいですが、豚骨醤油に毒されたワタクシの口には物足りなく感じ、かつ繊細なスープ故、雑味もまた感じ取ってしまうという悲しい結果となりました。
喜多方らうめんは一枚岩ではないという事実も知った次第です。

ほほう、ばーちに緑看板のFCがあるのですか?
これはリベンジしなくては・・・・

情報ありがとがんす。





<< 熱い塩はいかが?      白河越えたら会津だった >>