山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 08月 24日

久恋の早池峯剣ヶ峰

早池峯本峰から見ると、早池峯剣ヶ峰は東尾根上にある突起に過ぎない。
なぜなら、本峰より標高が100m近く低いからだ。



しかしながら、この山の真価は東側から見るときに120%発揮される。
そのことを教えていただいたのは、ブログ仲間の一如様の記事でした。



以降、アプローチが格段に良くなったことも手伝い機会を窺っていたのですが、
諸事情ありまして2年間待ち続けたわけです。



って、前置ナガ!



ええっと、ここからでしたね。



c0337257_12250656.jpg



5合目の標識から左手の斜面に踏み跡があり、それをよじ登ると、こちらに出ます。



「安倍ケ城」・・・・・・ああ、安倍ケ城!!!



遠野物語拾遺122話に語られた不思議てんこ盛りの場所。



このタイマグラの河内(かっち)に、巨岩でできた絶壁があって、そこに安倍貞任の隠れ家があったといい、これを安倍が城とも呼んでいた。下から眺めるとすぐに行けそうに見えるが、実は岩がきつくて、特別の道を知らぬ者には行くことができぬ。(以下略)



正直なところ、ワタクシは別な場所を「安倍ケ城」だと睨んでいた。
なので、この標柱を見たときは「???」だった。



しかし、根拠も無く標柱を立てるわけもなく・・・・でも、物語の記述と合致しないぞ・・・・



河内(かっち)の意味がまず引っかかる。
カントー人にとって、河内は「こうち」「かわち」と読み、川の上流域にある開けた場所を指す。東京都の小河内ダムも、アルプスの上高地も上流の思わぬに開けた平地が地名のルーツだ。しかし、東北地方ではカッチが水源の意味も持つと知った。となると沢の源頭もカッチだ。タイマグラのカッチは。。。いっぱいあるぞ・・・・下流から数えると高桧沢から始まり、小田越まで、大きい沢が6本はある。



c0337257_12250699.jpg


その中で源頭が絶壁と見える岩山なのはアンニョカイ沢しかない。なので安倍ケ城は1637.6m三角点峰だと踏んでいたのだが・・・・



 



確かにここもアンニョカイ沢の一本東の沢の源頭だが、はたして麓から大絶壁として見えるかどうか、はなはだ疑問だ。



これは異論反論が噴き出しそうな標柱だわい。



c0337257_12250644.jpg



あなたの岩肌に岩穴があるようにも見えるが、はたして真実は如何に・・・・
そもそも安倍ケ城伝説は誰が創作したのか・・・・



一番ありそうな説は、前九年の役で敗れ去った安倍氏の残党が落ち武者となってタイマグラの地に生き伸びた。時代が下がるにつれて、その安倍の残党が、安倍貞任そのものに変化してしまった。というものだろう。
安倍氏を敵視する政権が天下を獲った世の中では、安倍氏は隠れなければならない。
よって、山奥の岩穴が隠れ家となったのであろう。



c0337257_12250657.jpg



話があっちこっちに跳んでしまったが、山登りはいよいよクライマックスを迎えようとしている。
1637.6m三角点手前から見る早池峯剣ヶ峰は孤高の独立峰に見える。



c0337257_12250772.jpg



これだけ均整のとれた三角錐は芸術的だ。



c0337257_12250749.jpg



ワタクシが安倍ケ城と睨んでいた岩山1637.6m峰は徳兵衛山と呼ばれていた。
あるいはこの道を開拓した猟師の名前か?
ここから、道はしばらく遮るもののない稜線散歩となる。
当然植生は高山帯となる。



c0337257_12250790.jpg



ナンブトウチソウだ。
ということは、ここが蛇紋岩地帯になったことを意味する。
これは早池峯特産種だ。



c0337257_12250703.jpg



やや! また旨そうなキノコが。。。。
しかし、これ○茸に似ていませんか?



コソコソと調べ・・・・



確かにコメツガ林にマツタケは生えますが、これは姿かたちがまったく違いますね。



ああ、口にしなくてよかったwww



c0337257_12250755.jpg



などと言っているうちに、急登は終わり、三角錐のてっぺんが見えてきた。



c0337257_12250788.jpg



久恋の山は標識ひとつの簡素な頂であった。



早池峯本峰は湧きあがるガスに呑まれていたが、ここは晴れの領域だった。



好ましい、なにもかも好ましい。



大変満足してしまったので、早池峯本峰には向かわず、往路を引き返した。

行程の地図はこちら



c0337257_12250768.jpg



拙いがもう少しまともな登山記録はコチラ





「hayachine_east.doc」をダウンロード



 



by Wild_Cat_Seeker | 2011-08-24 06:17 | 花、植物 | Comments(6)
Commented by たみゃちょ at 2011-08-24 19:43 x
pati,パチ、八!
おちかれさまでしたー ひとまずミンションコンプでしょうか。

謎に満ちた安倍ヶ城、「行き着けそうな場所に見えるが、
道を知っている者でないと辿り着けず・・・」という
遠野物語でも特にイメェジ掻き立てられる場所でした。
画像を見ると、絶壁とも言えそうな岩に洞穴らしきもの
・・・ありますよね。

でも、安倍ヶ城伝説には「食器が云々」って記述もあり
ましたっけ。
まだここの謎は尽きませんね。

それにしても、素晴らしいレポォトでした。

サァ、次なるミッションは・・・・カゲロウの山で
小屋掛けして「あいあい」言うヤツを探すとかw


Commented by yamaneko at 2011-08-24 22:37 x
たみゃちょ様

タイマグラ安倍ケ城伝説は、奥が深すぎて途方にくれますw

その岩屋に石の食器や調理器具があった話は、なんか別の話との複合ではないかと、考えております。

石の食器。。。。それは縄文時代の遺物なのでは???

縄文時代の遺跡がタイマグラの地にあったのは間違いないところで、たぶん石器とか土器なんかが出土していると思います。
ただ、険しい稜線にまで、縄文人が逝ったかというと、はなはだ疑問です。しかし、猟の途中の避難場所として、確保していた確率もゼロではないですね。

カゲロウの山・・・・・あいあい、どれはどこどこ?

まずはワタクシが声をかけてみましたw

Commented by とらねこ at 2011-08-25 20:47 x
山猫さんの本領発揮ですね。
レポで行った気分を味わうことができました・・・妄想ですけど・・・汗
お疲れ様でした。

Commented by yamaneko at 2011-08-25 23:13 x
とらねこ様

へい! 去年は愚行の繰り返しで山ノボラヌ猫でしたから
今年は原点回帰で、登りましたw

やはりハヤチネはイイです。
最高です!

Commented by chomo at 2013-09-24 19:03 x
「その中で源頭が絶壁と見える岩山なのはアンニョカイ沢しかない。なので安倍ケ城は1637.6m三角点峰だと踏んでいたのだが・・・・」← 私も全く同感です。例えば、同じ峰(1637.6m三角点峰)を遠野側と川井側で違う呼び方をする「徳兵衛山=安倍ケ城」なら納得です。

Commented by yamaneko at 2013-09-25 00:38 x
chomo様

古い記事へコメ入れありがとうございます。
文献などを漁ったわけではないので、すべて主観と推測で書いた記事でしたが、あの辺鄙で目立たない場所にわざわざ「安倍ケ城」の標柱を建てたのですから、何かしらの確信があってのことだと思います。
ネットを探っても確信的事実は出てきませんけど、そのうち安倍ケ城から見える岩を片っ端から調べる人が現れて、岩穴を発見するような気がします。



<< 早池峯東尾根の癒し      早池峯東尾根を往く >>