山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 06月 22日

太陽祭の季節2011 ⑤ 人口50万

c0337257_12243182.jpg


少々、寄り道が過ぎたようで、圧倒的に時間が足りなくなってきそうだが、

あそこを外すわけにはいかないので、ちょいと遠回りをした。



c0337257_12243145.jpg



50万といえば、今ワタクシが住んでいる地方自治体の人口より多い!





これだけ多ければ統計学上、有名人がチラホラいても不思議ではない。





c0337257_12243198.jpg



「玉石を持っていかないでください」と立て札が立っていたので有名人だろうね。





伊藤博文かな?
後日、Webを彷徨ったら意外な人物でした如(www



c0337257_12243200.jpg













こちらは最後の帝国陸軍大臣です。





多磨霊園には軍人多く眠れり





東郷平八郎も此処に永眠せり



東郷の埋葬を機に此処に葬られることを望む軍人多くなれりといへり。



山本五十六も然り。











c0337257_12243270.jpg



墓所にはさまざまな花が咲く。
あるひは故人が生前愛でた草花を植えたのであろうか。



c0337257_12243275.jpg



白い花が咲き誇るこの墓所の主は?



c0337257_12243297.jpg



無・・・・・?





あ、無縁仏ですか・・・・



おそらく、高確率でワタクシもお世話になるかもしれない終の住家



そんときゃ、知らぬ同士でお皿叩いて(ry



c0337257_12243219.jpg



え~、墓団地ですw  正式には壁墓地と呼ばれています。
生前は都営○○団地6号棟にお住まいで、成仏後も6号棟墓地にお住まいの方が
いらっしゃたりしたりなんかして・・・





50万のホトケに一斉に見つめられると、異常なまでに背筋が伸びました。



まだまだ陽は高い!
浮かばれぬ者たちも現れるには早い時間だろう。

太陽祭の季節
都内最大級の安息所は曇天の下、紫外線と若干高めの放射線を浴び続けていた。





おらおら、ゴールはまだ遠いぞ!



いろんな意味でw



 



by Wild_Cat_Seeker | 2011-06-22 23:30 | 旅行・地域 | Comments(4)
Commented by 一如 at 2011-06-23 06:27 x
あらま・・・
ワダグジ、行ったことありません
Webでお墓を調べられるのかぁ~、変な時代だなぁ(笑

Commented by ゴンゲン at 2011-06-23 22:27 x
 今晩は、伊藤家の食卓には何も上がっておりませんね、ゆふめいなお方なのですね
 お墓の中身の調べ方が判らない。

Commented by yamaneko at 2011-06-23 23:07 x
一如様

おやま・・・
でしたよ。

構えの大きさや、持ち去り禁止の立て札から有名人とは推測できましたが、如ほほでしたw

こちらの霊園について、篤志家の方が50音別有名人を掲載したらっしゃいます。
んでも、ちょっと前は墓地巡りがブームだったのですよ。
有名人の墓所を訪ねる動機は、ワタクシも良く判ります。
歴史上の人物の墓前にいくと、サシで会話しているような錯覚に陥りますからw

Commented by yamaneko at 2011-06-23 23:11 x
ゴンゲン様

最初、ワタクシは博文さんと思いました。
しかし、多磨霊園有名人50音別データベースがweb上に存在しますので
それで「びゃ~」っと調べられます。

なんと水戸黄門もここに眠っていますよ。
初代 東野英治郎さんですけどw



<< 太陽祭の季節2011 ⑥ 西風...      太陽祭の季節2011 ④花と蝶 >>