山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 05月 16日

松山の鳥居群

c0337257_12241085.jpg



ご存知、松山の鳥居群・・・・あちゃ、いだますい! 笠木が落ちてらよ。



c0337257_12241030.jpg



こちらは大丈夫か・・・・・



c0337257_12241097.jpg



総入れ歯(そういえばw)こちらはまだ伺っていなかったな。



c0337257_12241081.jpg



小さな社がありました。
んで、中に祀られているのは?



c0337257_12241084.jpg



ありゃりゃ! これはひどい! 足の踏み場もないとはこのことだ。



c0337257_12241092.jpg



ここは思いのほか揺れたようですね。
さて、きつね様がいらっしゃるから、ここは稲荷社ですね。
あ、名称も判明しました!



c0337257_12241079.jpg



踊鹿稲荷神社ですか!
すっと名もない稲荷社と思っていたので、これはまさにオドロカです(笑)



c0337257_12241093.jpg



次いで、この人工の塚に上ってみましょう。
灯篭が一個あるだけ、との情報を得ていますが・・・・・心配です。



c0337257_12241170.jpg



おおっふ! やっぱり・・・・いだますいことです。



なんか最近のネタが地震被災レポート化の一途だ。



仕方ないか・・・・実際被害が出ているのだから、それをありのままに伝えるのしかないでしょう。



c0337257_12241179.jpg



それでは鳥居の向こうに祀られている青色彗星稲荷号wに乗って昼飯でも食べにいきましょう。



by Wild_Cat_Seeker | 2011-05-16 06:17 | 神社、仏閣、石碑 | Comments(6)
Commented by たみゃちょ at 2011-05-16 19:34 x
鳥居の横棒補強するよろし。
先の、の大なりといい初めてみた光景でした。

馴染みの神社の「いだますぃ」さまを見ると、
物的ないだますさだけではなく、それを建てた
り、拠り所としている人たちの気持ちにも傷が
ついてしまうという、二重のいだますさがあり
ます。

わが町の津波で破壊されたり、辛うじて残った
社の一部を目にして悲しくなりました。

こういうものはがっかりな光景ではありますが、記
録に留めることは大切な事だと思っています。



Commented by とらねこ at 2011-05-16 21:38 x
昔からある不地震地帯は、どうなったのか気になりますが未確認です。
神様も揺れて倒れる地震、おそるべし・・・。

Commented by ゴンゲン at 2011-05-16 22:34 x
 カラスが一羽鳥居に止まってる。
 紀州熊野から勧請云々の書き物があったはずですが、カラスの足は3本ではありませんでしたか?

Commented by yamaneko at 2011-05-17 06:16 x
たみゃちょ様

結果的に今回は鳥居、石碑、道路の状況を調査してきたような訪問でした。激しく被害を受けている箇所がある一方、無傷な場所もあったわけで、老朽化とか、手抜きとか、もともと無理がある造りとか、
いろいろでした。

大災害は生命、物質のほか、精神、文化にも多大な影響を及ぼすのですよ。

記録は大事ですが、ついに津波の被害を受けた場所には近づくことは出来ませんでした。見たくなかった、、というのが本音です。

Commented by yamaneko at 2011-05-17 06:20 x
とらねこ様

不地震地はどうでしょう?
激しく被害を受けている箇所がある一方、無傷な場所もあったわけでして、それが不地震地たる所以なのでしょうか?
○倉山の被害とか、Tバイパスの地殻のズレを思うと、小さな断層がズレたのではないかと考えたくなりました。

Commented by yamaneko at 2011-05-17 06:25 x
ゴンゲン様

はい、カラスがいました。
写ってますねw
不意の侵入者に警戒の声を上げていました。

3本足・・・ですか?
熊野から勧請の書き物には気付きませんでしたが

コソコソと調べ。。

ヤッターカラス(八咫烏)ですね。
きつねどんと同居している例は、程洞稲荷でも見ましたが
面白いですね。



<< 抗う(あらがう)こと      シンプル鳥居事件 >>