2011年 01月 30日

フェイクな鳥居にゃ気をつけて



真冬の林道。。。クラストした雪を
サク、サクサク、サクサクサク、サクサクサクサクサクサァ~クサクと俵星玄蕃に出てくるそば屋のように歩きゆけば、(ってこんな例えは誰も知らないよ~w)
やがて見えてくる、通常の3倍ありがたい鳥居w



c0337257_12230880.jpg



これぞ、かの有名な程洞のお稲荷様。
俗に程洞のコンセ様とも呼ばれています。



過去何度か前を通ったのですが、なぜか食指が動かず、スルーしていたのです。



c0337257_12230874.jpg



しかし、今日こそはお伺い致しまするぞよ~。



と一の鳥居をくぐり、山道をさくさくさくと登っていく。



c0337257_12230815.jpg



道は勾配を増して杉林の中へ、、、こりゃ山登りだな。



c0337257_12230842.jpg



やがて二の鳥居が・・・・ということはそろそろ本殿かな?



c0337257_12230829.jpg



っと・・・また鳥居だ!
三の鳥居ってことですかい?



あ、あの、本殿はまだですか?
ぶっちゃけ、少々「がおって」いるのですが(w



c0337257_12230814.jpg



げ! また鳥居だけ?
四の鳥居ってわけか・・・・・・



山登りをする人が忌避する言葉のひとつに「偽ピーク」というものがある。
これは天空に聳える山を登りきったと思ったら、その背後にまた高みが見えるという
フェイクな山頂のことだ。
実際、これを2度三度かまされると精神的に参ってしまい足が限りなく重たくなってしまう。



それを4度もかまされたワタクシの足は限りなく重だるく・・・・_|‾|○



c0337257_12230802.jpg



重ダルな足をいっぽいっぽ前にだすと、や~見えてきた!



c0337257_12230839.jpg



大きな石碑・・・・まさか麓から担ぎ上げたのか?
もしくは彫り氏自ら此処まであがってきて仕事をしたのか??



c0337257_12230824.jpg



本殿は意外とこじんまり、しかも杉の木カブっているしw



c0337257_12230818.jpg



こちらはコンセ様(右)となぜかカラスがまつられている。
ヤタガラスか?



c0337257_12230893.jpg
程洞稲荷はすなわち水源地でもあり、その昔は避暑地の性格も帯びていたらしい。





さて下るか・・・・・

c0337257_12230856.jpg
見れば林道の下にも山道が続いている。
これを降りない手はないでしょう。



c0337257_12230886.jpg



途中にあった古い小社



はて、どういう謂れのあるものか・・・・・・



c0337257_12230966.jpg



杉林を抜けると明るい雑木林になった。

ん??? ワタクシ今何かを潜りましたか?



c0337257_12230920.jpg



と、、鳥居だ!
ええっとゼロの鳥居ってこと?
んなわけないね。 これが一の鳥居ってわけで、以降ひとつずつ繰り上げwww



c0337257_12230907.jpg



人家も見えてきてゴールは近い。
上の絵に「気まぐれカマー」が写っていますが、判るっきゃな?
雪の保護色で、判んねっきゃな?w



程なくして車道に出られました。

c0337257_12230956.jpg
振り向いてパチリ・・・・って おいおいおい鳥居だよ~
マイナス一の鳥居・・・・←<とっす!



結局鳥居の数はいくつあった?
本殿前の最後の鳥居を含めると7つですね。



c0337257_12230910.jpg



やがて旧国道283号に出ましたが、そこはパヤチネバスのすくつ・・・いや巣窟w
違うって、早池峰バス本社営業所前でした。



程洞稲荷を正調参拝されたい方は遠野駅からこちらまでバスで来られるのが便利でしょう。



そして・・・・・くれぐれもフェイクな鳥居の罠にはお気をつけあそばせ(笑)



by Wild_Cat_Seeker | 2011-01-30 10:53 | 神社、仏閣、石碑 | Comments(6)
Commented by ゴンゲン at 2011-01-30 19:27 x
 毎年7月に息を切らして上りますので、鳥居の数を数える余裕が有りません。教えていただきありがとうございました。
 ココのお社の脇を通り更に進むと高早大明神がございます。

Commented by ≪さくらなみき at 2011-01-30 20:12 x
金属製の鳥居がモダンちうかなんちうかw

気まぐれカマー、やっと見つけました。先日「絶景・鉄道の旅」という番組で飯山線を取り上げてましたが、(当然のことながら)キハ110系が走ってました。近郊色とか国鉄色ってそれ自体では派手ですけど、日本の自然の中では妙にしっくりくる色だなと、改めて確認した次第でした(スカ色だったら座尿モノ)。



Commented by yamaneko at 2011-01-30 23:54 x
ゴンゲン様

そうでした。
毎年ご奉仕でしたね。
ちょっとしたプチ登山ですからタイヘンですよね。

んで、まだ先があったのですか高早大明神様ですね。
情報ありがとうございます。
メモメモ・・次に食指が動いたらwww

Commented by yamaneko at 2011-01-31 00:17 x
さくらなみき様

赤い鉄製鳥居は通常の三倍のご利益www

昔の国鉄色はある意味、警戒色ですからね~
危ないぞ近寄ると危険だぞってね。(ダレに向かってだ?)w

スカ色の気動車ですか~・・・大糸線あたりで走っていたかな?

こそこそ・・・おおっと、ばーちーに今居るのか!
どうぞ、いすみ鉄道で存分に座り○○してくださいw

Commented by ≪さくらなみき at 2011-01-31 08:45 x
>こそこそ・・・おおっと、ばーちーに今居るのか!
どうぞ、いすみ鉄道で存分に座り○○してくださいw
…をを!早速のタレコミ、感謝カンゲキ雨嵐でございまふ。

キハユニなんて来ちゃった日には(ry

Commented by yamaneko at 2011-01-31 23:05 x
さくらなみき様

見たわけではないですが、ひたちの国の某私鉄にもスカDジェルがいるらすいですよ。さぁ、これでもう小ではなく大を座って(ry

キハユニ・・・
むがすむがす、常磐線を定期運行していましたね~
キハユニ2両のかあいい郵便列車が!
ディーゼル急行(キハ58、キハ28 キロ28)も走っていましたし
日に4便か5便の客車列車も当然のように走っていましたね~。



<< つっちゃな地吹雪      寝過ごした >>