山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 10月 23日

灼熱の鍋の底(追憶の旅路2)

ようやくとスーツの上着を羽織っても苦にならない気温になってきたカントー地方。
今朝は大陸の高気圧に覆われ放射冷却があったのか、気温は13℃
この秋初めて「寒い」と感じた。
熱いコーヒーが美味しい。



寒いと感じると、あの怒涛の如き灼熱の夏が懐かしい・・・・・・
「もういい加減にして~! 明日すぐに秋が来い!」
と飛び散る汗とともに叫んだはずだが、なんとも身勝手な言い草である(笑)



と、やや強引な前振りとともに、今日も過去に遡ることにしましょうか・・・・



c0337257_12221797.jpg



時は8月、立秋前の正真正銘の盛夏の頃
比叡山から西を眺め、げんなりしている汗だくの男これあり。
「ま、まるで鍋の底ではないか! あそこに逝かねばならぬのか?」



山の上でも気温は30℃ある。鍋の底では何℃だ? 35℃? 37℃?
いや、もしかしたら沸点を越えているやも・・・・・



c0337257_12221763.jpg



ロープウェイとケーブルカーを乗り継ぎ麓へ下りる。



c0337257_12221765.jpg



このローカル電車がワタクシを灼熱の鍋の底へと誘うのだ。



c0337257_12221878.jpg



電車を降りて地上へ出た途端、鈍器で頭を殴られ、ラップで全身をぐるぐる巻きにされたかのような感覚に襲われた。
気象台発表だと気温35℃とのことだったが、体感は40℃だね~
「いい湯だな。 は、はん!」



てなこと言っていられません。
と、とにかく宿に行って、シャワー! シャワー浴びて冷たいビールを・・・・!



c0337257_12221831.jpg



で、この日の宿。
を! ツインルームだ。 予約はシングルで入れていたのにラッキー!



シャワーを浴び、バスローブを羽織り、籐椅子に足を組んで座り、膝の上に白いペルシャ猫、片手でネコの頭をなで、片手に生ビール・・・・・・・



ええ、妄想ですよ。それがなにか?



真実はシャワーを浴び、、、と片手に生ビール、、、の部分だけ(笑)



さて汗も引いたし、陽も傾いてきた。
いっちょう祇園の街を夕涼みがてらそぞろ歩くかな。



c0337257_12221862.jpg



八坂神社前
絵を見ると涼やかですが、実際は・・・・



c0337257_12221811.jpg



涼を求めて・・・・・・



c0337257_12221805.jpg



お茶屋さんの街に灯が燈る。



c0337257_12221854.jpg



ああ、喉乾いたなぁ・・・でもいちげんさんお断りなんだろうね。
ましてや山猫は塩を捲かれてしまうのだろうね(笑)



c0337257_12221839.jpg



露地の奥
生活の場あり、秘密の料亭あり・・・・・
タクシーで乗りつける勤め人多数あり。そういえばこの日は金曜日。
接待か、息抜きか・・・・・



c0337257_12221889.jpg



祇園を一周して、また八坂神社に舞い戻った頃には
さっき飲んだビールはすっかり汗となり、
宿に戻ったワタクシはこの日2度目の「ぐびぐび、ぷっはぁ~」



壱日に弐度も美味しい麦酒が飲めるなんて・・・・
いずんといっとぐっど?



by Wild_Cat_Seeker | 2010-10-23 09:17 | 旅行・地域 | Comments(6)
Commented by 宝飯爺 at 2010-10-23 17:12 x
祇園界隈ですね~ワダスもこの界隈を歩いたことがありんす。(w
八坂神社は境内を散策しますた。
いいですね~京都!!
紅葉の京都はじぇひ逝ってみたいです。(^^;)

JR○日本のアノCM・・・そそられましたね~ぇ
最近はやっていないCM・・・そうだ・・・京都に逝こう・・・(www

Commented by たみゃちょ at 2010-10-23 18:41 x
正に燦々と降り注ぐサンライトw
絵に描いたような、「ナツ眩し暑いがおる」タカシミズーからの鍋の底俯瞰図。

京都イイナー。
秋、最も行きたい場所ナンバァ1ですが、メッチャ混むという話故に未だ
実現に至ってません。
ここも鍋の底地形でしょうから、暑さは想像に難くないです。
9月に寝苦しかったという体験をしてますしねー

が、ヤッパいいところだあ。
一週間ほど滞在して色々見たいですねー

Commented by yamaneko at 2010-10-24 01:43 x
宝飯爺様

京都の夏は暴力的なまでに暑かったですw

紅葉の頃は・・・その混雑は想像に難くないですね。
でもメジャー処を外せば、意外とのんびりできるのではないかと
オモテます。
あ、ワタクシも秋京都に逝きたくなってきたw
そうだ京都いこう
逝くならじぇすとも「ぷらっとこだま」のグリーン車でリッチに逝きたいもんですw

Commented by yamaneko at 2010-10-24 09:53 x
たみゃちょ様

お、おはやうごぜます[E:sweat02]

あっれー?
コメ入れたはずなのに・・・おもさげながんすたm(_ _)m

デジイチのCCDは凄いっす。
ニンゲンの目では見えない光の帯まで写してしまう。

京都はいいですよう。
ま、確かにヒトが多いのが玉にきずですね。
灼熱の夏でさえ竜安寺の石庭はごった返していました。
しかも大半はちゅーこくやたいわんやかんこくの方々、ときどきアングロサクソン。。。たまにいんど系。。。にっぽん民族はまいのりてぃでした。ワラ

そこから類推するに秋の混雑は原宿並になるのかと・・・
でも、メジャー処を外せば、案外のんびり出来るのかな?っと
でもそれじゃ京都に逝った意味がないか(ワラ


Commented by romi at 2010-10-24 11:45 x
燦燦と降り注ぐ日差しが最高にいいですね~
待ってる4ん!!

八坂・・この先の料亭ですき焼きを食べた。
たんまりと牛蒡の笹がきが出てきてビックリしたもんです。
それ以来我が家も牛蒡を山盛りにかぶせる習慣が・・・私が作る時だけ・汗。
あ~~~太秦にもいきて~~~
かつら被ってサ・・・目標は斬九郎・・・な~~~んちゃって(*^_^*)

Commented by yamaneko at 2010-10-24 12:42 x
romi様

おっとニアミスですねw

>燦燦と降り注ぐ日差しが最高にいいですね~

デジイチの性能の勝利ですね~
あたくしはただシャッター押しただけ ワラ

すき焼に東西の食文化の違いを見ましたか!
アタクシも京都ですき焼をいただいたことがありますが
たしかにカントーでは入れないものがありましたね。
お麩に白菜にそう、牛蒡 でもそれはそれで美味しかった記憶がw


遠野行きはこの秋は無理かな~
冬枯れの頃に山野徘徊をするか、忘年会乱入ですかね~

遠野も京都もその他逝きたいところがいっぱいあるのですが
いかんせん資金が尽きて毎月赤字です_|‾|○



<< 灼熱の京都散歩(追憶の旅路3)      追憶の旅路~夏・近江 >>