山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 01月 31日

半島三浦放浪記

休日出勤の合間を縫って鬱屈発散の旅に出た。
代償は寝不足の未解消と伸びた髪の不始末だ。



c0337257_12200508.jpg

妙なる音階を奏でる赤い電車は通常の3倍の速度で(w アタクシを半島へと運んだ。



c0337257_12200574.jpg

何を目当てに行ったのか・・・・



c0337257_12200542.jpg

何から逃れようと動いたのか・・・・・



c0337257_12200512.jpg

牛飼いではありませんが、ここに留まってよかですか?



c0337257_12200671.jpg

彷徨ってよかとですか?



c0337257_12200693.jpg

大いなる鷲の羽の庇護の下、65年を経てきた平和享受者には



何を語ることができるのか・・・・・・



c0337257_12200695.jpg

この半島は、今アタクシが「のほほん」と過ごして、仕事に対して子供じみた不満を垂れ流していられる安寧を形作った歴史を内包している。



c0337257_12200682.jpg

この旅は、まだ早い夕暮れと競い合うことになった。



続きはまた後日・・・











by Wild_Cat_Seeker | 2010-01-31 21:39 | 旅行・地域 | Comments(6)
Commented by とらねこ at 2010-02-01 08:27 x
どこすか・・・よこすか・・・爆・・・横須賀?

ホッピー発祥は横須賀とききますが、一度は尋ねたい土地でもあります。
三浦半島も温暖な地というイメージですが、もう気候は春なんでしょうね?

Commented by 宝飯爺 at 2010-02-01 09:21 x
海軍横須賀鎮守府・・紅顔の少年だった若かりし頃の叔父も出征して
横須賀~館山・・暗雲漂う戦況に南九州まで移動を余儀なく本土決戦をに備えて
だった事のようです。敗戦となり、満身創痍で復員列車を乗り継ぎ故郷に辿り着いたのは秋風が吹き始めた9月・・家族誰もが戻ると信じられずに居た所に
突然現れた小汚い復員兵の姿にたいそう驚いたとか・・
その後、千葉の息子を訪ねては青春時代を過ごした館山を探訪することが
楽しみだったと聞いております。その叔父もすでに鬼籍の人となり
当時の話を聞く事も出来なくなりました・・・

Commented by yamaneko at 2010-02-02 01:40 x
とらねこ様

ちょっと前なら覚えちゃいるが、昨日の晩飯がなんだったか・・・・ちと判らねぇな(爆)

そう、これっきりもう横須賀なんですよ(www

ホッピー発祥の地??
それは初耳日吉ミミ萩原ミミです(わっかるかなぁわかんねだろな)_|‾|○

ミイラ半島!は、そこはかとなく早春でした。
明らかに下総とは半月季節が違いました。ましてや遠野とはふた月は違うんじゃないかと・・・

エントリーでもほざきましたが、この半島は、今の日本を形作った歴史を内包しているのです。明らかに濃いのです。

Commented by yamaneko at 2010-02-02 01:56 x
宝飯爺様

おじ様とは、いつか千晩ケ嶽のエントリの時に話題となった熊撃ち名人様ですか?
あるいは釜石の○○ざも一目置いた伝説の漢な方でしたか?

今や太平洋戦争を語れる方がどんどん減っています。
現代人の目から見たアノ戦争ではなく、あの戦争を経験した方の声をアタクシたちはもっと知るべきですな。

変なふうに後付けの加工が歴史として定着する前に・・・・

Commented by romi at 2010-02-04 11:35 x
内包・・・・・ですかい。
>まだ早い夕暮れと競い合うことになった

いい表現だなぁ~~~
びゅびゅ~~んん==3


Commented by yamaneko at 2010-02-05 21:58 x
romi様

内包。。。に立ち止まりましたね。

誤用しましたかな?  コソコソと調べ・・・・まぁ、間違ってはいませんが、なんといろいろな意味がある言葉だこと(w

お褒めの言葉をありがとうございます。
さらにイイ表現を目指して堅忍不抜、泥酔暴行の精神で・・・ク、クロイ・・・



<< 雪の夜      凝りない潜入捜査官 >>