山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 07月 13日

しもつけ放浪記(最終回)



永らくご愛顧頂いた「しもつけ放浪記」も今回が最終回です。

ん? 始まったのは昨日・・・・・  いやいや、細かいことは気にしない気にしない。
もっと、おおらかに生きましょうよ(www



c0337257_12184371.jpg

さのラーメンを殲滅したところからでしたかな?
らーめん550円とワンコインで収まらなかったところは惜しいですが、
注文票を見ると餃子(これは判る。佐野は餃子も旨い!)、もつ煮込み???、煮込みおでん???  ぜいぶんとクロスオーバーならーめん屋ですなぁ(w
ちょうど新聞で読みましたが、大手ラーメンチェーン店の日高屋が増益をキープしたのは
酒と一品料理を用意して、懐の乏しいタラリーマンの「ちょいと一杯」需要を吸収したからだとか・・・  そういえば、近所のサイゼリアにはジョッキを傾けるおぢさんグループがいっぱい居ますよ(www

うう、話が面舵いっぱいに逸れてゆく(w



佐野の街を「さのよいよい」と後にしたあと、あっち寄って、こっち寄ってしたのちに
此処に至りました。



c0337257_12184397.jpg

この電車を見ただけで路線の名前が判った方は「鉄」です!(爆)



c0337257_12184395.jpg

此処は、ワタクシが幼少の頃、タイヘンお世話になった作品を遺された童話作家の生まれた土地です。両親ともに東京出身で田舎というものを知らなかったワタクシは、そこに描かれた光景風景に限りない憧れを抱いたものです。
これについては詳細を調べてみたいが、残念!!! 今日は時間がケツカッチン!_|‾|○



次の目的地へ急がねばならない運命なのです。
いつか、別途センチメンタルジャーニーを企てます。

次なる目的地は、、、此処です!



c0337257_12184309.jpg

何処です?(www

まぁ、この鳥居の大きさに驚いてください。
直下のクルマの大きさから、そのスケールを感じてください。
お台場の等身大ガンダムに匹敵しますよ。



c0337257_12184458.jpg

燃え上がぁ~れ! 燃え上がぁ~れ!♪(www

いえいえ、これから訪ねようとする場所は、真逆なのです。

消せらせら~♪ (右フック!)ooohu



c0337257_12184422.jpg

ふるみねじんじゃ と発音してください。
古来より、「こぶがはら(古峰ヶ原)」と読まれていますが、「ふるみねじんじゃ(古峯神社)」が正解だそうです。

もうお分かりですね。
大和武尊を祭神とし、日本全国の火伏せ総本山。狼、天狗の跋扈する・・・(w 或いは日光開山の下準備をした地・・・・・いろいろと歴史に名を刻む場所です。

遠野物語では、山芋を献上し忘れた話で有名ですね。



c0337257_12184460.jpg

いました! 天狗さま!
しかも口元がキラリ・・・・(???



c0337257_12184488.jpg

あらあら、虫歯ですか? 
銅の詰め物・・・・って、これは10円玉(www



c0337257_12184442.jpg

冗談は諸星団くらいに留めて、、(w



ここが一般人が入れる最奥部。

なんか、正面の御簾が上がって、雅楽の音とともに神様が出てきそうです。



c0337257_12184430.jpg

しかし、出てきたのは「アカタテハ」
これが「火落とし蝶」だったら、ばっちりだったのですが・・・・・ねぇ(w



あ、正確には「緋縅蝶」です。

こちらではお賽銭〇円で、この先未来永劫ボヤもオオヤもとにかく火災がないよう、遠野の某氏が暇持て余すよう、祈念致しました(www



さて、時間は午後6時に近い・・・そろそろ、、、、でもこの先に別天地のような古峯神社の奥宮があるらしい、、これは逝かねばなるまいて・・・



c0337257_12184491.jpg

山道を登りきったところに広がるのは、これぞ正調「古峯ヶ原」

ここで涼しい風に吹かれ(下界との温度差は10℃)1ヶ月のストレスを発散した。

さて、日が山の端にかからんとしている。
今度こそ帰るか! 来た路を戻るのは「山猫風」ではない。
Uターンすることなく、突き進むと、、、、、



c0337257_12184423.jpg

此処に辿り着きました。
いやはや雰囲気たっぷりな駅舎だ!



c0337257_12184467.jpg

足尾か・・・・・何もかも、懐かしい・・・・・(www

懐かしいといえば・・・



c0337257_12184490.jpg

こちらの正調「足尾駅」でナツカシの光景に直面しました。



c0337257_12184427.jpg

関東近辺では絶滅してしまったキハ35系ディーゼルカー。

を??? 後ろに見えるのはまさか・・・・・・



c0337257_12184444.jpg

おやおや! 
超珍しい、国鉄カラー!

かつてこの地を走ったオールドタイプです。

なんか昭和にタイムスリップしたかのような。。。時の流れを忘れました。



c0337257_12184473.jpg

今は廃墟になりつつある場所。

今は日光市となっているこの地・・・・・・

時はながれるねぇ~~~(by わへい)

さて、いくら明るくても午後7時だ。
一番近い高速入口を見つけだし・・・・一路下総を目指しました。

















  







by Wild_Cat_Seeker | 2009-07-13 23:42 | 旅行・地域 | Comments(6)
Commented by とらねこ at 2009-07-14 11:41 x
下野国放浪記 壱にコメントしようとしましたがコメント欄を見つけられず、はやくも最終回となったエントリーにまとめてコメントいたします・・・笑

佐野市浅沼八幡社の阿曽沼館跡、懐かしいです。
確か平成16年2月?に独りで訪ねました。
新幹線で宇都宮まで、その後、在来線で小山に行ってそこから乗り換えで佐野まで・・・佐野からは館林まで行き東急に乗り換えて浅草まで・・・。

佐野では名物のラーメンを食べなかったような?、佐野といえばあの怖いラーメン道の先生と関りはありませんよね・・・笑

Commented by 一如 at 2009-07-14 21:20 x
オイラもオイラも
コメント欄閉じたのかしらん。。。と、残念に思ってました(笑
しっかし、でっか~~ぃ鳥居ですな(ヒョー
またしても山猫風画像偽造かとおもてしまいました(笑
遠野の地に「古峯山」の石碑は多く存在しているものの、ほんもんの古峯神社は写真でも初めてです!
今日もええもんみしてもらいました[E:confident]

ところで、例の予定ですけんども
最初から最後まで観る系ですか?タイムスケジュールを立てたいとおもてますのでぇ(笑

Commented by yamaneko at 2009-07-14 22:30 x
とらねこ様

ありゃりゃ、コメ禁止設定になっておりました。
これじゃ待てど暮らせど、声が聞こえないわけですね。

あまりの反響のなさにブログ稼業から撤退しようかと。。。(www

やはりぶれんど歴史班の重鎮でいらっさる!
5年前に網羅してらったのすね。

遠野に通うようになって初めて知った阿曽沼の名前・・・・前九年の役が絡んでいたのすね。
意外と関東野武士と遠野は関連性が深いのすね。

Commented by yamaneko at 2009-07-14 22:40 x
一如様

ほんにどでかい鳥居でしたよ。
ヤマイモを献上し忘れた悲劇が遠野物語にありますけど、
今でも信心厚い神様です。

さて、大出のでぃいぷな夜は、酒抜きで居たいですね。
じっくり浸って、、、、んでも途中で抜け出しても・・・(www

ああ、考えがまとまりません(www
お任せしまうす!

Commented by 宝飯爺 at 2009-07-14 23:29 x
お~いつぞやの潜入会議で予告していた足尾ですな~鉄は当然w東武日光線・・6050系の浅草行きでせうか・・?この路線ワダスが厨房の修学旅行で日光から浅草まで5700系か6000系の貸し切りで移動した記憶があります。
(特急けごんには乗せられなかったwww)
乗りたくともとしょり切符の守備範囲意外ですからね~(w

Commented by yamaneko at 2009-07-15 08:17 x
宝飯爺様
流石は鉄の総帥!(笑)
ワタクシは消防の林間学校の時に乗りましたが、普通の通勤電車タイプでしたな。
足尾は濃いめな土地ですよ。またしもつけ放浪をしたいと思います。



<< 猫の額に夏が来た!      下野放浪記 >>