山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 05月 16日

追いかけて大洞

大洞は土淵の奥に在りて貞任への上り口にあり。
昔日、大槌浜へ通ずる境木峠越えの道大いに賑わいたり。



その賑わいを記憶に留める者今も大洞にあり。



c0337257_12182126.jpg

その者背高く・・・・・



c0337257_12182171.jpg
今時期は仄かに朱差し行きかう人々思わず足を止めるは今も昔も変わりなしと云へり。



c0337257_12182140.jpg

樹勢衰えたりと云ふ人あり



c0337257_12182120.jpg

花の数少なくなれりと云ふ人もあり。



c0337257_12182146.jpg

いつの日か咲くこと能はざる時来るべし。



c0337257_12182110.jpg

思ふにその最期爆裂櫻となるらん。その様夜空の星の最期に似通うものなり。

人々の哀惜感謝に包まれ咲き終えし頃



c0337257_12182191.jpg

このもの二代目大洞の山櫻となりて隆盛を極めることになるらん。















by Wild_Cat_Seeker | 2009-05-16 10:14 | 花、植物 | Comments(4)
Commented by ゴンゲン at 2009-05-16 22:34 x
このもの二代目大洞の山櫻となりて隆盛を極めることになるらん。
う~ん、そりは、無理なるらん、あちきは、梅なるなん。

Commented by yamaneko at 2009-05-17 09:41 x
ゴンゲン様

おはようございます。

梅???
そんな、梅と櫻が一緒に咲くはず・・・・はっ!
(しげしげと見入る起き抜けの朦朧眼)

・・・・・・・・・・・[E:sign03]

パターン梅! 間違いありません。櫻色の梅です!

ここは遠野であった。
梅も櫻もすもももももも一気に咲いてしまう桃源郷であった。

ゴンゲン様ありがとうございました。

もう森のふくろうに至るまで遠野中の物笑いの種になっていると思いますので
敢えてエントリーの訂正はしないでおきます。

んでは赤面照れ隠しの歌をば

山猫は梅も櫻も花として愛でて消え入る穴の中
梅と櫻を取り違え花は花とて泣きなさい哂いなさい
遠い野は梅咲くらん櫻咲くらん山猫錯乱

ああ、恥の上塗り

・・・・・・・・_|‾|○   ‾|_|○

Commented by たみゃちょ at 2009-05-17 15:42 x
一枚目と二枚目の色違いがオモロイですね。
光の具合・・・・?うーむ。
ここの桜は色が濃いので、周囲の風景と相まってバツグンの
色彩空間ですよね。

>エントリーの訂正はしない

おおおー!
侠気あるネェ! えらいっ!
旅の恥はかきすてって・・・フォローになってませんて。
いや、自分のコトなんですがねっ(爆



Commented by yamaneko at 2009-05-17 16:06 x
たみゃちよどん

色の違いなんですが、我が冥界デズカメにワンポイントカラーなる機能がございましてな、好みの色を際立たせることが出来るのです。桜色を選択したつもりが下草の緑色に合っちまったようで(笑)

梅桜取り違え事件は久々に戦慄しましたよ。
ああコワ!
恥の旅は書き逃げかな?(笑)



<< 古き学び舎にて      魅せられて山口 >>