山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 01月 18日

風雪三ヶ月

わざわざ1月の大寒近くに遠野を訪問する目的は超低温と吹雪乱舞(ふぎらんぶ)を体験するためだったのす。

訪問初日は三陸沖で低気圧が猛烈に発達する典型的な西高東低、冬の嵐を呼ぶ気圧配置。
高まる期待(不謹慎w)



c0337257_12170589.jpg

市内では雪、風、寒さとも、タイシタことない。
路面は凍結気味ですが、視界良好、風にハンドルを取られることもない。



c0337257_12170577.jpg

ここは館石。笛吹峠への入口。此処を境に平野地形から谷地形に変わる。

この石碑群は、百万遍とかマイオキニ六角牛ポイントとして遠野ぶれんどの皆さんが紹介してらっしゃいます。ワタクシも山へ行く道すがら目にはしていたのですが、何故かじっくり腰を据えて対峙はしていませんでした。今回はちょっと腰を据えてみましょうかね。

気のせいかな? 
風が強くなったか? 雪が横から降っていないか?



c0337257_12170588.jpg

アングルを決めようと動きを止めるが、

「さむい、おれ寒い!」w



c0337257_12170522.jpg

山ヌコ目線でデズカメを構えても

「いたい、おれ手いたい!」

ああ、手袋してないよ。(おいおい)
山鮭(登山用ジャケットの意w)を羽織ってはいるが、基本的にはカントー式街ヌコ装備なので、顔から手から冬インナーを履いていない足からどんどん体温が奪われて逝く。



c0337257_12170566.jpg

ウウ、撮れる画像も寒々しいぞ!(それが狙いなのですがw)



c0337257_12170696.jpg

風は西から雪を伴って吹き付ける。

風を避ければ少しはしのげるかもしれないね。



c0337257_12170680.jpg

背後の山裾に廻り込むとウソのように風がない。
そして小高い丘の上には大岩と羽黒山の石碑とご利益3倍(w の赤い鳥居が見てとれる。



c0337257_12170630.jpg

ああ、此処がかの有名な・・・・



c0337257_12170682.jpg

さんかげつじんじゃ(爆)

社の裏手へ廻ってみた。



c0337257_12170684.jpg



c0337257_12170612.jpg



c0337257_12170792.jpg

巨石と表現しても良い大岩がゴロゴロと露出しています。

なんでしょうね?



巨石からして古代信仰の名残のような気がしますし、地形からして塚ですし、地名からして館ですし、羽黒山の石碑から修験のにほひがぷんぷんします。百万遍の石碑からは素朴な念仏信仰が伺い知れます。
時代を重ねて色々な思い、祈り、畏れが交差している場所のようです。

しかし・・・・・・



c0337257_12170759.jpg

「さむい、おれやっぱりさむい!」(爆)

活動限界です。
すみやかにクルマに戻ってください!



c0337257_12170707.jpg

エンジンをかけ、「あうあうあう」とあごで震えるワタクシをあざ笑うかのように「青いぱやちねバス」大草里発が駆け下りてきた。





















ふっ やるぢゃないか冬の遠野め。

そしたら少しだけ横から降る雪を動画で(w



language="javascript" src="http://dl.video.nifty.com/js/player.js?user_id=0000004637&catalog_id=090118161988&category_id=7&lg=0&width=300&height=245" type="text/javascript">



by Wild_Cat_Seeker | 2009-01-18 14:27 | 神社、仏閣、石碑 | Comments(6)
Commented by romi at 2009-01-18 18:16 x
まいスポットのUP,そすてぇ~~~裏から動画!!
新鮮(@o@)

やまねこ、やるじゃない!!
びゅびゅ~~んん===33

Commented by たみゃちょ at 2009-01-18 19:42 x
こ、KOREHA・・・・・!

ウワサの泣きながら・・・じゃなく、半泣き・・・でなく、泣きそうな位
さぶい中での決死の撮影部隊でしたか!

雪景色も似合う場所かと思いマス。
えっらく古いエントリへのジャンプありがとぅござ栗鼠。
お、おしょすぃ!
んねー。やっぱフツー「さんかげつじんじゃ」と読む・・・よね(w
大岩に立てかけてあった古い鳥居はなくなったのか・・・

冬に訪れた時に印象に残ったのは、雪に散らばる鮮血が道路わきから
さんかげつじんじゃの裏まで点々と続いていたこと・・・キツネとか
が獲物を運んだ跡かと推測しましたっけ。

・・・・・あんのぅ~・・・・・冬のトーノ郷でテブクロなしはかなり無謀
かと。
・・・・って、ワダスもそうだったんですがね(w
こりゃぁ「さむい、おれさむい!」を連呼しないとやってられない
わな!

Commented by ゴンゲン at 2009-01-18 20:09 x
 あのとき、肉球の無い足跡はヤマネコさんの足跡だったんですね。
 あっちこっち踏み荒らしたように痕跡が遺ってました。寒くて黙っていられなかったことが推測されました。

Commented by yamaneko at 2009-01-18 23:16 x
romi様

多分、romiさんやたみゃちょさんが大切にしている場所だから、ワタクシ遠慮していたのでしょう。
しかし、この場所・・・・濃いです(w
石碑の前の道は、おそらく笛吹古道でしょう。

Commented by yamaneko at 2009-01-18 23:34 x
たみゃちょ様

この場所をエントリーするとき真っ先に思い浮かんだのは、たみゃちょさんの「さんかげつじんじゃ」w
無断じゃんぷさせて戴きました。

めっちゃ寒かったです! やはりカントー仕様では無理があったようで(w

神社のある丘は、ホウリョウや松山の鳥居群にある丘と似通っていますね。
明らかに人為的に造成されたやうな感じがします。

きつね・・・真冬でも活発に行動しますからね(ニヤリ)
思わぬに人家の近くが生活圏ですからね(ニヤリ)
獲物はなんだったのだろう? 鶏かなぁ。

寒さにめげて、じっくり腰を据えられませんでした。結局(w

Commented by yamaneko at 2009-01-18 23:39 x
ゴンゲン様

う~む、踏み荒らす程移動した記憶はないのですが・・・
石碑の前を2往復だけ(おいおいw)

この石碑と六角牛山の組み合わせは素晴らしい構図ですね。
遠野を代表する絵になりますよ。



<< オドロカのかがやき(復活の潜入...      寄り道 >>