2008年 12月 18日

山裾の道逍遥~清心尼公の墓所

諏訪神社の隣・・・と言ったら語弊がありますかな。



c0337257_12164389.jpg

道標も地図もパンフレットも清心尼公の墓のみを紹介していますので、自ずとこちらがメインとなってしまいます。



c0337257_12164334.jpg

南部家統治時代の女殿様におわします。
先の諏訪神社は阿曽沼家統治時代の由緒であり、その時差はゆうに400年はある。



c0337257_12164332.jpg

此処には元々、菩提寺(大慈寺)があったのですが、廃されて墓だけが残ったとのこと。



c0337257_12164442.jpg

墓前は季節柄、紅葉黄葉の絨毯が敷き詰められ、時折射す晩秋の淡い陽光に輝いていました。



c0337257_12164445.jpg

花を手向けたのはご近所の方でありましょう。
落葉を手向けたのは・・・・・・さて、どなたでありましょう?



c0337257_12164434.jpg

清めの水にもキセツカン(もう完全に季節を無視していますw)



c0337257_12164493.jpg

陽が射せば、それはもう・・・・・言葉になりまっせん!
映像には再現しきれまっせん(w















by Wild_Cat_Seeker | 2008-12-18 23:28 | 神社、仏閣、石碑 | Comments(0)


<< 山裾の道逍遥~むらひょ~      山裾の道逍遥~諏訪神社 >>