山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 12月 17日

山裾の道逍遥~諏訪神社

c0337257_12164267.jpg

燃える赤の下をくぐると、さらに闇が奥の赤をくぐれと云う。



c0337257_12164238.jpg

暗闇に慣れない眼には、これくらい色の無い世界に見える。



c0337257_12164221.jpg

社は存外に小さきものなり。



c0337257_12164206.jpg

振り返ってみれば、闇を切り裂いて外界の色が目に映る。



謂れとか歴史を語るのは不得手ですので、そのあたりはお詳しい方にお任せすることにしましょう。



こちらです。



c0337257_12164337.jpg

ワタクシは陰影明暗症候群患者の発作に悶え苦しみながら、周りを見渡してみる。



c0337257_12164375.jpg

つつ神様も陰影濃き姿で捉え、



c0337257_12164330.jpg

大木のウロからは誰かが覗いているような錯覚に陥る。



「いだますか? どなたか、いだますか?」



いたら大変だけどね(w

















by Wild_Cat_Seeker | 2008-12-17 23:09 | 神社、仏閣、石碑 | Comments(8)
Commented by romi at 2008-12-18 11:55 x
見える人には見えるらしいですよー。
確かに住んでいるようです!

さまざまな思いが寄せ集まる場所が社でありますから。
そのまま居つく者も・・・・・・・。。。。。。。汗。

だから結界に出入りする時は必ず「鳥居」を・・・・・・・なんてね。
柏手で神を起こして守ってもらう事が必要・・・・・と。
私は信じております(^0^)/

Commented by 一如 at 2008-12-18 14:11 x
すわっ
ぁ、すづれい(笑
前えんとりで見ましたが、ぜぇぶんとええ色を捕まえますたね(笑
うらやますぃですよぉ~

それにしても左側はまだか(笑

Commented by 訂正一如 at 2008-12-18 14:13 x
うっほん
ぇえええ
×左側
○右側
ですた


Commented by ゴンゲン at 2008-12-18 18:56 x
 皆さんあなっこを見ると不思議にまがって見たくなるもんなんですね。


Commented by yamaneko at 2008-12-18 22:57 x
romi様

見えないヒトで良かったと安堵しますよ。
イロイロな想いが居ついてしまうって凄い話ですね。
んで避けるために鳥居をくぐるのすか・・・あ、だめだ!裏口からおばんです。をしでかしているワタクシは無防備だ!
しかも拍手・・・・していない・・・・通りで最近肩が重いと・・・・_|‾|○
神様を起こして守ってもらうのですね。
らじゃ! 次回からはそうしましょう。

本当に神様が起きてきたら凄いですけど・・・・
「あなたが神様ですか?」
「とんでもねぇ、あたしが・・・」

もうええっちゅうねん(www

Commented by yamaneko at 2008-12-18 23:00 x
一如様

あの色に「すわっ」と来なければ遠野に通う意味がないですよん。

総入れ歯、、、w
すれ違い遊ばしたとき、電話口で「きれいな赤・・・」と呟いていらしったのではなかったでしたっけ?

んで、左ね・・・ん? 左?

Commented by yamaneko at 2008-12-18 23:03 x
帝政一如様

あ、右ね(笑)

右や~左の~〇〇〇様・・・

ヴ、あぶね~あぶね~(w

Commented by yamaneko at 2008-12-18 23:05 x
ゴンゲン様

>あなっこを見ると不思議にまがって見たくなる・・・・・・

はい、男の子ですから。。。(化)



<< 山裾の道逍遥~清心尼公の墓所      山裾の道逍遥~序章 >>