山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 12月 05日

さかひかり

晩秋の頃、此処を訪れるのならば、キミ迷うことなく「さかひかり」の時にしたまへ。



c0337257_12163470.jpg

仰角20度の太陽光線はキミの網膜を焼き切るかも知れないが、手をかざして目を細めれば、見えてくる妙なる風景。



c0337257_12163429.jpg

光を拒めば影に沈む。



c0337257_12163416.jpg

光を許せば浮かぶ。
しかし、キミの網膜は限界を迎えていることだろう。



c0337257_12163476.jpg

振りさけ見れば微かなる六角牛山・・・・・・

さて、もう一度振り返ってみよう。



c0337257_12163418.jpg

さかひかりに映る謎のヒカリモノ

やはり、キミ此処を訪れるなら晩秋の夕刻を狙うべき。









by Wild_Cat_Seeker | 2008-12-05 22:37 | 神社、仏閣、石碑 | Comments(4)
Commented by 一如 at 2008-12-06 08:09 x
あんれぇ?
その光…hanaさんちでもオイラんちでも写っていたようなキガス
確かめてみよっと==[E:dash]

Commented by たみゃちょ at 2008-12-06 09:18 x
「さかひかり」ってナーンデースカー?

アア。・・・・ポンッ。逆光のことか!
ぷぷっ、ぷちけーき久々の登場!(コトバもねw)

ワダスもここでかっちょええ夕陽を見ました。
半闇に溶け込むお堂、見えそうで見えないさまがオモロイです。


Commented by yamaneko at 2008-12-06 09:19 x
一如様
おはようがんす
そちらは雪やこんこですか?

もしやしてこのヒカリモノこそ雪虫なるものなんかなぁ・・・と
後付で考えているのすよ。

Commented by yamaneko at 2008-12-06 09:26 x
たみゃちょ様 はけ~ん!(w

そうなのです。「さかひかり」は正しい日本語骨抜き化計画を裏で実行しているワタクシの造語です(w

晩秋から冬にかけては物見山に陽が落ちますから、良い逆光線が御堂を照らします。
を、雪原に映えるオレンジ色の夕日とお堂・・・・ポンッ

あ、今更ながら雪虫の正体は茶立て虫ぢゃなくアブラムシだったのですね。
謹んで訂正します。



<< 「旬」「残」「狂」      秋仕舞い >>