山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 10月 28日

小鎚川源流部

小鎚川の源流部は「カナホッパ」であり、詰るところは樺坂峠だとずっと思っていました。



c0337257_12160234.jpg

林道の向こう側、林の縁を細いながらも沢水が流れています。



しかし、飲み水に適しているか、と問われますと、飲むのは熊、あおずす、山猫くらいでしょう(爆) 
川床が泥っぽくて、清水とは言い切れないのですわ。
(2002年の白望山登山の折には飲みましたけどね。)

小鎚川源流の美味しい水を求める方は、是非こちらへどうぞ。



c0337257_12160280.jpg

場所は新山の展望台から少しダートを走ったところでした。
この看板・・・・2年前にあったかなぁ? 記憶にないなぁ・・・・・・



c0337257_12160294.jpg

さっきの看板から程なくして、小鎚川源流の立て札があります。
はて、水源らしからぬ開けた場所だが。。。と辺りを見回すと・・・・・



c0337257_12160299.jpg

ああ、どうやらあそこが水源だな。

折から雨が激しくなり、さらにUターンかまそうとしたら「青い彗星号」の後輪が空回りしたりとプチパニックに陥り、わずか50mの距離を往復することが出来ませんでした。

4WD車なら水源まで乗り入れられるでしょう。
でも、決してFR車では行かないほうが( www









by Wild_Cat_Seeker | 2008-10-28 06:23 | 旅行・地域 | Comments(2)
Commented by about at 2008-10-28 07:37 x
おはようございます。
平原が広がっているってことは明神平の一部ってことですかね。
鍛冶屋が投げ捨てた小槌は鉄(かね)なので沈んでしまいそれで小槌川、同時に投げ捨てた大槌は木なんで、川を流れ海に出て流れ着いたところが大槌川…なんだそうです。小槌明神を調査していてわかったんですケド。明神別当さんの近所の人も「鉄だ」って言ってましたし、場所柄からも間違いなく製鉄関係で祀られた明神なのでしょう。
…と、誰も聞いちゃいない明神の話しに持ち込んでみるテストw
参考までに「遠野上郷大槌町物語」でググってみて頂いて。私が書いていた明神記事下書きはpc不調とともに綺麗さっぱり消えちゃったんでもう書く気はありません、っていうか自分でもあんな記事もう書けないと思ってます><
笛吹さん並みに濃い中身だったのでw

Commented by yamaneko at 2008-10-28 23:42 x
aboutどん

あいや、その明神譚、ぜひとも見て見たいです。
記憶のヒダを絞りぬいて再現して欲しいものです。

鉄のかほり濃き新山周辺・・・・もしかして誰の目にも触れない鉄滓の貯まりが山中に眠っているのではないかと、夢想しています。

鬼打ち伝説は、土着の製鉄民と新参の近代製鉄民の争いだったという説に賛同します。



<< THAT'S ENTE...      三様一意の願い >>