山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 10月 25日

武蔵野の面影(三富紀行)

先般、銚子の街を徘徊した折、銚子出身の著名人の中に国木田独歩の名前を見出した。
国木田独歩といえば名著「武蔵野」を真っ先に思い起こさしむ。

「武蔵野」の風景とはどんなものか・・・



一言で表せば、「林と畑地と人々の生活が織りなす雑然たる美しさ」であろう。

独歩が彷徨った地は「渋谷」であり、「世田谷」の辺りであり、「小金井」の辺りである。



もはやそれらの地に「武蔵野」の面影は無い。渋谷なんざ無国籍化して日本ですらない。



しかし、独歩が愛した「武蔵野」の面影が色濃く残る場所が現在の埼玉県南西部にあった。



それが、「三富(さんとめ)」である。



c0337257_12155963.jpg

最寄の駅からは4キロほど歩くことになる。
郊外の新興住宅地はすぐに尽き、路は畑地の中を往く。
遠くに白き一帯が見えている。



c0337257_12155948.jpg

蕎麦の花であった。暦は秋に大きく一歩を踏み出した。



c0337257_12155938.jpg

丸々と肥え太った蟷螂も秋のしるしだ。



c0337257_12155988.jpg

古くからの開墾地であるがゆえ、古き長屋門なども残っている。
右端のオブジェは何であろう?
きのこ? コンセイさま? いえいえ郵便ポストでした(w

などと寄り道をしながら歩きますと



c0337257_12155961.jpg

多福寺に至る。
此処はすでに三富の一角である。

ここで「三富(さんとめ)」の説明をはさみましょう。

三富(さんとめ)とは上富、中富、下富の三地域からなる開拓農地である。
1694年(元禄7年)、時の川越藩主柳沢吉保によって開拓推進された。
c0337257_12155953.jpg

間口40間(72m)、奥行375間(675m)の短冊状の地割の集合体であり、それぞれに屋敷地、耕地、雑木林が配された。屋敷地には屋敷林として、竹、杉、檜、欅、樫などが植えられ、防風林の役目を兼ねると同時に、建材、細工物の材料の供給源であった。



c0337257_12155992.jpg

耕地の背後に拡がる雑木林は楢、クヌギ、エゴノキ、赤松などから成り、防風林の役目の他、燃料、堆肥 の供給源となり、見事な循環型農耕を確立していた。
c0337257_12155964.jpg

これが、現代に残る「武蔵野」の面影です。
何気ない林間の小径が平安時代から続く古道だったりします。



c0337257_12155902.jpg

古い開拓地ですから古刹もあります。



c0337257_12160019.jpg

地割の中の農道を往けば、雑木林のトンネルが控えています。



c0337257_12160087.jpg

街道沿いには開拓名主の屋敷が移築残存していました。



c0337257_12160059.jpg

ああ、持病の陰影明暗症候群が再発したようです(爆)



c0337257_12160090.jpg

管理人の方からこの鉄瓶のお湯でお茶を入れて戴きました。



c0337257_12160051.jpg

生活用具の数々・・・・・これらが屋敷林の竹から作られ、実際に使われ、或いは貴重な現金収入源となったのでしょう。



c0337257_12160086.jpg

お気に入りの1枚が撮れました。
あ、決してヤラセではないですよ。最初からこの状態で置いてありましたから。
(あ、古民家ファンを悦ばすための仕掛けか?・・・)

とにもかくにも
良い秋の休日を過ごしました。

歩いた距離は推定14キロ
帰りの電車では爆睡でしたよ(w





























by Wild_Cat_Seeker | 2008-10-25 14:50 | 旅行・地域 | Comments(4)
Commented by romi at 2008-10-25 20:06 x
今時14kmも歩くなんて・・・考えられません(@o@)
で、蟷螂と言えば・・・云えば・・・・五月みどり?(古ですかねー)
ラストの画像が・・・・ス・・・・・・キッ!!
びゅびゅ====ン!!!

Commented by yamaneko at 2008-10-26 01:32 x
romi様

んん? コメカウンター0なのにコメがある???

ああ、すいません。発見が遅れましたです。

14キロは歩いてしまえば大した苦労ではないですよ~。
ほとんど手ぶらですしね。

なんか古民家マニアになってしまいそうなくらいに気に入りましたよ。
遠野ふるさと村や伝承園にも行ってみたくなりました。
あ、正確には伝承園にはまだまがってみたことがありません_|‾|○

Commented by 笛吹爺 at 2008-10-26 16:38 x
 開拓地の正しい整備の仕方とでもいえそうな模範的な場所ですね。なんか、こういうの好きなんだようねえ~。
 笛爺若かりし頃、花小金井辺りから、三鷹周辺まで、「わげ~あねっこ」と歩いたことがありますが、この景色とあまり変わらない武蔵野を堪能することができました・・・トサ!

Commented by yamaneko at 2008-10-26 18:09 x
笛吹爺どの

整然としていますでしょう?
なんと宇宙からもこの整然とした地割の様子が判別できるそうです。
元々が萱原だったので思い切った開拓が出来たようですね。

んでんで(ヌコをも〇す好奇心w)

花小金井から三鷹近辺が農地だった頃というと30年前くらいですかに?
堪能したのは、農地ですか? それとも「わげ~あねっこ」ですか?(爆)

あ、野暮な質問でしたね。
オホホホホホホホ~(遠ざかるドップラー効果)



<< 両宮な夜      紅葉はらほろひれはれ >>