山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 10月 11日

金沢なる地

加賀の金沢ではござらん。



岩手県上閉伊郡大槌町金沢でござる。



c0337257_12154031.jpg

今は県道26号線をスピードに任せて走ってしまえば気付かずに通り過ぎてしまう程の一集落に過ぎない。

立ち止まって見回せば、郵便局、交番、ガソリンスタンドが視界に入り、この近辺の中心地であることがやっと判る。

この地のことを知らずに生涯を閉じる可能性の方が多かったと思う。

しかし、遠野物語に出会ったことにより、この地の漠然とした情報を手にした。

すなわち、



金沢村(かねさわむら)は白望(しろみ)の麓、上閉伊郡の内にてもことに山奥にて、人の往来する者少なし。(64話)



金沢村の字長谷は土淵村字栃内の琴畑と、背中合わせになった部落である。(拾遺21話)



金沢村の佐々木松右衛門という家に、代々持ち伝えた月山の名剣がある。(拾遺142話)





遠野から見ればとてつもなく遠い山奥であり、上記3話のみに語られる地という認識であった。

しかし、その後、とある本(鳥海文書とも云うw)に出会い、認識が一変した。

すなわち。。。。



★遠野物語の語り手、佐々木喜善の情報源であった「辷石谷江(はねいしたにえ)」の婿養子は金沢村の出身だった。



★金沢村は江戸時代中期から昭和初期に至るまで断続的に金山で栄えていた。



★内陸と海岸を結ぶ街道があり金沢村と遠野には古来交流があった。





出来れば金山跡のひとつも訪ねてみたいところであったが、暑さと睡魔に負けました。_|‾|○











c0337257_12154062.jpg

見聞きしたことのある寺院に名前が目に入った。

「鳥海文書w」に此方の過去帳を調査し、金山の盛衰を傍証した事が載っていたので、よろよろっと足を向けていました。



c0337257_12154077.jpg

石段の上に山門という典型的な山寺の様子にニンマリ。



c0337257_12154058.jpg

本堂に「山澤金」の額。



c0337257_12154054.jpg

こじんまりとした鐘楼。



c0337257_12154011.jpg

ふと、振り返れば狛犬。

ぬぁにぃ~? 狛犬~~?

お寺さんに狛犬・・・・これはどういうことだろう???



しかしながら、このあたりで探索意欲<暑気睡魔となり、哲学的思考能力は消滅したようでした。

結局、久恋の金沢訪問は上滑りしただけで終了したのですた(w





期待してエントリーを待っていた方々には・・・



「ただいまの決まり手は肩透かし、肩透かしで山猫山の勝ち。」(w



もちろん八百長はありません。(爆)













by Wild_Cat_Seeker | 2008-10-11 12:51 | 旅行・地域 | Comments(10)
Commented by 一如 at 2008-10-11 20:32 x
あんのぅ

山澤金
で、「きんたくさん」と読むのですよね[E:happy02]

Commented by romi at 2008-10-11 22:00 x
かねじゃ  と地元では云っていた気がする。
人生・・・金じゃ!ではござらん(笑)

で、65496番デスタ・・・・足跡・・・ペタッ!!
びゅびゅ~~んん===3

Commented by numako at 2008-10-11 22:25 x
その鳥海文書の記述をもとに、アタリを付けて逝ってみたら確かに抗口がありましたですよ。
10年ほど前の事ですがバイクで逝ける範囲で一つ見つけましたから、普通に歩きで登ればもっと見つかるかもです。

「全ては我々のシナリオ通りだ。問題ない」w

Commented by 24地割 at 2008-10-11 22:33 x
昨年の春、下りました。
土坂峠の先、北を向く辺りは眺望に感激してしまいました。

僕はハンドルを握っていなかったので
ドタッと両手をダッシュボードにつき
行司の軍配が上がりました(w

同乗者が多く
想いが叶いません(w

オォ~ という画像を期待していますよ(w

Commented by yamaneko at 2008-10-11 23:20 x
一如様

ぎゃはは、ワロタ、、ワロタよぅ!

きんたくさんね。

人生、金がすべてではない!!!  と信じたい(w

Commented by yamaneko at 2008-10-11 23:26 x
romiどの

う、かねじゃ・・・・金じゃ、金じゃ、金買うてこい(て、それ酒www)

このエントリーを企てるまで、かなざわ とハチオンしていました。_|‾|○

65496・・・
おかげさまで一日 100ユニークアクセス前後のご訪問を戴いております。
ありがとうございます。

Commented by yamaneko at 2008-10-11 23:37 x
numakoどん

続石は沼独句機関の精鋭エージェント。
すでに川向こうの聖地を探索済であったか。
そんな予感はしていたのですよ(w

鳥海文書を目にした者、この場所に足が向かない筈はないとオモてましたわい。

今回はスルーしましたが、

いざゆかんクマーが眠りにつく頃雲の峰

Commented by yamaneko at 2008-10-11 23:50 x
24地割様

ダッシュボードの手。。。
それは「かばい手」でセーフです(w

確かに峠北から見上げた山々は雄大に見えましたよ。

かねじゃ(今日知りました)の巻は今日でお終い。

明日は、、、ぉおなシャシンは。。。。な、ないません。 
いやありません(w

Commented by hana at 2008-10-12 01:12 x
金沢村が金山で栄えてたなんて知りませんでした^^;
yamanekoさんの記事で勉強になりました^^v
私も以前に大勝院の写真アップして事ありますよ。

<a href="http://blog.goo.ne.jp/hana0226_001/e/3d370dc65d91e4f1100e3993de6093c2" rel="nofollow">http://blog.goo.ne.jp/hana0226_001/e/3d370dc65d91e4f1100e3993de6093c2</a>
2006年の11月の記事です^^;
私の記事は知性も知識もない記事になってます^^;

Commented by yamaneko at 2008-10-12 02:36 x
hanaさん

あ、こんなやくざなブログでも役に立つときがあるのですね~[E:happy01]
といいますか、ワタクシも とある本の受け売りをしているにすぎないのですが[E:sweat01]
小学校の辺りが金の精錬所だったらしいですよ。

hanaさんの大勝院も拝見しましたよ。
鐘楼が大根干し場になってる[E:happy02]
キセツカン溢れる好い光景ですね~。



<< 悶絶!(回想の潜入捜査官)      ある谷間の暑き郷で >>