山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 04月 13日

変化を追う①~来内川

遠野の街中徘徊を始めて約2年が経ちました。
撮り貯めた画像データを見返すと著しい変化を遂げた場所が浮かび上がってきます。



来内川の中の橋付近は最も変化を遂げたエリアではないでしょうか?



c0337257_12130389.jpg

2006年5月、「中の橋」から「お多賀橋」を見ています。



c0337257_12130305.jpg

古い石垣と、川岸に通じるカドの跡らしきものが見て取れました。
無造作に空き地が草生している状態でした。
この忘れ去られたような「あやふやさ」が好きです(笑)



c0337257_12130398.jpg

ちょうど1年後の2007年5月。同じ場所からの光景です。
かなり大規模な工事が進んでいました。
二つあったカド跡のうち一つは潰され新しい石垣が組まれていました。
どうやら遊歩道が整備されるようだ、とこの時判りました。画面左奥、お多賀橋の向こうはすでに遊歩道が完成していました。



c0337257_12130492.jpg

とおの昔話村方面からも遊歩道が延びてきていました。



c0337257_12130400.jpg

2007年8月。川辺の遊歩道は完成し、背後にあった「あやふやな」草地は立派な遊歩道に変化していました。



c0337257_12130411.jpg

最後まで残った工事現場は親水公園の様相を呈して・・・・・



c0337257_12130422.jpg

2007年9月。こうなったわけであります。



c0337257_12130465.jpg

ふたたび過去に遡り、2006年7月。
ユンボのいる辺りが水車の場所でした。

この雑然とした「あやふやさ」がワタクシには好ましく映っていた。

来内川親水公園的風景が市民権を得つつある今、おそらくこの光景は瞬く間に忘れ去られることだろう。

記録することで記憶にとどめておこうと思います。















by Wild_Cat_Seeker | 2008-04-13 12:01 | 遠野の街中で | Comments(4)
Commented by ゴンゲン at 2008-04-13 21:57 x
 45年前の画像と重ねると半世紀も経たないうちにこんなにも変わるものなのかと。
 その内50年後は来内川全体に蓋が架かり駐車場に変わっているかも知れませんから、貴重な画像となること疑いなし。

Commented by 24 at 2008-04-13 22:39 x
はい、バイカモの揺らぎを見ているだけでも遠小の前は素敵な景観でした。
幼稚園など西側から川へ降りる石段は風情がありました。
まして郵便局から落合うところまでの西側は戦前の趣(モチ!ワタシ戦後生れです)を感じさせる一角でした。

Commented by yamaneko at 2008-04-13 22:53 x
ゴンゲン様

遠野第2ダム完成の折には、来内川の流れ自体を無くすこともできるでしょう。
そうなれば跡地は親水公園化。。。駐車場・・・なんでもありですね。

今までの50年はこれからの5年と考えてよさそうです。

遠野が全国平準化の波に飲み込まれるのも時間の問題かと・・・

Commented by yamaneko at 2008-04-13 23:05 x
24様

おそらく、貴方様には40年前の来内川の風景が映っているはず・・・

川の流れや水質は、そんなに変わってないはず。。。
一番変わってしまったのは人々の考え、思いでしょう。
50年前と50年後では意味が全く変わってきます。

たった2年の変化を見た者としては僭越なエントリーでした。



<< 変化を追う②~仙臺屋      さんらいず&さんせっと >>