2007年 12月 28日

三光坊の墓

国道を突っ走っていると、まず見落としてしまうだろう。
そんな小さな社がある。



c0337257_12114385.jpg

緑濃き時季ならばなおさらのこと。葉の落ちた今だからこそ気づいて急制動をかける。

三光坊の墓。
ワタクシにはどんな話が潜んでいるのか到底判らない。
詳細を知りたい方はこちらへGO!



c0337257_12114396.jpg

この石像の話も笛吹童子様のブログで出自が判った。
そして、三光坊の墓と明記されている社が御銭堂であると指摘されている。
御銭堂=おせんどう=おせんにんどう=せんにんどう=仙人堂



c0337257_12114384.jpg

繋がった!
今は無き仙人峠の仙人堂に収められていた御神体は今、三光坊の墓と呼ばれるあのお堂に収まっているのだ。



c0337257_12114497.jpg

クルマに戻る途中、気配を感じて目をこらせば、仲良く量産型赤い祠「MS−06S」(w

きっと、此処にも埋もれた歴史があるのだろう。







by Wild_Cat_Seeker | 2007-12-28 06:35 | 神社、仏閣、石碑 | Comments(0)


<< 大納会      小峠の光景 >>