山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 10月 14日

フラッシュは焚かないで

外は断続的な雨
行きずりの彼女とは別れた。(レンタカーのみにかちゃんを返却したという意味)w
正直歩き回るのは少々嫌気がさしていた。
そこで雨が降ったら行こうと思っていた場所に・・・・・・



c0337257_12105499.jpg



c0337257_12105477.jpg



c0337257_12105493.jpg



c0337257_12105479.jpg



c0337257_12105522.jpg



c0337257_12105580.jpg



c0337257_12105565.jpg



c0337257_12105551.jpg

軒端の雨だれの単調な音階を聴きながら巡る。
光の届かない廊下の奥の闇に、見上げた天井の木目に限りない畏れを感じた幼少の記憶が蘇える。

フラッシュを焚いてはいけない。
そうすると遠い日の記憶は消え去ってしまう。



「先生、ワタクシ良くなっているのでしょうか?」
「・・・・・・・ま、気長に根気良くですよ。お薬2週間分出しておきますから。」



どうやら陰影明暗症候群は悪化の一途らしい。 (爆)



















by Wild_Cat_Seeker | 2007-10-14 08:58 | 遠野の街中で | Comments(10)
Commented by 名梨 at 2007-10-14 18:12 x
 昔話村ですなぁ。
 この建物(高善旅館)はここに移築される前に個人医院として使われたことがある。
 さすがyamaneko薬の臭いもかぎ分けられる優れ鼻。

Commented by yamaneko at 2007-10-14 21:46 x
名梨様
え? 医院だったことがあったのですか!
まったくの偶然です。
あ、びっくりです。

Commented by 一如 at 2007-10-14 22:34 x
 そーです。ヤーマネーコがよく、ねごっこを追いかけまわしている増○旅館の斜向かいのとこだったす。
 大工町駒線の始点のあたり、水路は石積で、隣倉の鱗壁をおもいだします(しみじみ)

Commented by とーほくの湘南ッ子 at 2007-10-14 23:19 x
闇と闇と闇と光のマジツシ~山寝子ドン。
古い建物は恰好の題材かと思います。
でっかい戸棚もいいし、町屋の造りならではの中二階から階下を見下ろしてみるのも乙なモノかと・・・

闇に潜むモノを物語してみてけさいん。
「1」枚目で、柳田翁が「んっ」と振り向いていたりして・・・ひぁああ~

愛想の影響で粒子が飛び交う現象が写るのですねー 数値を減少させればいいのですねー

オイラのヤツァ、オート設定だと愛想3200のフシギな世界になってしまうのれす。愛想振りまき過ぎなんですねー オモロイけど・・・


Commented by yamaneko at 2007-10-14 23:41 x
一如様
あの高善旅館跡の石碑が建っている辺りですね。
ワタクシがねごっこ追いかけ回しているなんて、そんなことおまへんがな。ねごっこが出迎えてくれるのっす。しゃ~っ←メーテルはなのネコパンチが(w

あらあら、姐さん、しみじみしちゃって
しじみの味噌汁でもご馳走しましょうか?

Commented by yamaneko at 2007-10-14 23:53 x
とーほくの湘南ッ子様

病状は悪化しております。

闇に隠れて生きる♪(w

ここでは仏間と死者の肖像が「どしーっ!」でした。
愛想3200たぁ、どんな絵になるのやら・・・
愛想50なんつー設定も出来るようなので、
同じ被写体で撮り比べてみようっと

Commented by 宝飯爺 at 2007-10-15 22:19 x
ここだけの話・・宝飯爺仕事で呼び出された時に
誰もいないはずの二階で歩く音が・・・
最初は誰かいると思ったのだが、意を決して戦闘モードにて上がるも誰も無し・・相棒もやはり察知しているらしい・・座敷わらし?かな~??
夜は何かある場所ですよん(仕事柄怖くないがキモい)

Commented by あ~る at 2007-10-15 22:32 x
陰影明暗症候群が、だいぶ悪化しておりますな。
しか~し、御安心なされよ。
祖父、曾祖父の形見の医療道具一式がありますので、
オイラが治療して差し上げます。
なに、無免許で活躍しておる医者もいますし、大丈夫ですってば

「早く人間になりた~い!」(w

Commented by yamaneko at 2007-10-15 22:35 x
宝飯爺どの
ここだけの話・・・ううむ・・・正直、1階の仏間のあたりは落ち着かなかったですよ。
ウチの旧実家はここまで立派ではないにしろ、昭和初期の家だったので、懐かしい雰囲気でした。
ま、何かいたって不思議はないです。

Commented by yamaneko at 2007-10-15 22:39 x
あ~るどん (皆のもの、居たぞ~!)

むむ、医者の家系ですか!
医者と弁護士はトモダチにしとけ・・・と言いますな。
あ、あ~るどんはブラックジャックですか? うう、それとも・・・・ぶひぶひ

妖怪人間!
今のご時世じゃ、TVで再放送は絶対無理だア(爆)




<< 桂の木の下で      寺沢はカーテンの向こう >>