2007年 10月 10日

会下家の道標

会下は(えげ)と読みます。
地名ではございません。個人のお名前でございます。



c0337257_12105228.jpg

「会下の十王堂」
この表記でピンときたら、貴方様は遠野物語フリークです。
此処はアプローチが難しいのでございます。
c0337257_12105253.jpg

完全に個人の御宅の裏庭です。
しかし、今回お伺いしたところ、新しい看板が出来ていました。
以前は標柱のみ、今回は矢印看板が・・・・・これはどうしましょうか・・・・・おそるおそる侵入すると・・・・・・



c0337257_12105283.jpg

御庭の先に新たな看板が・・・・・ええ? このタンクの中に入るのすか?
そんなワケはないのでございます。



c0337257_12105265.jpg

母屋と納屋の間をすり抜ける。
もう気分はドロボウそのもの・・・・・抜き足差し足でございます。



c0337257_12105296.jpg

トイレがありました。これは個人で使用しているものでしょうか?
それとも観光客向け?



c0337257_12105209.jpg

無事、十王堂に到着です。
なんともアプローチが楽になったものでございます。
そう・・・・最初に庭を横切る勇気さえあれば・・・・・普通はこれが出来なくて田圃の畦道なんかを歩いてゆくんでございます。

は?
十王堂の説明でございますか?
今日はここまでにしとうございます。
おほほほほほほほほ(斎場方面に遠ざかるドップラー効果)









by Wild_Cat_Seeker | 2007-10-10 06:25 | 遠野物語の地 | Comments(10)
Commented by 名梨 at 2007-10-10 06:58 x
 おはようございます
 丁度雨が止んだ頃でしたな、バッタリとお会下のは、まさかあそこで出会うとは、yamaneko恐るべし。
 そごらへんは都市計画で道路や市営住宅やらと様変わりする日も遠くないと思います。

Commented by くつろぎ at 2007-10-10 09:16 x
会下(えげ)は、遠野郷らしい地名ですね。一般の農家の方に、「会」って頭を「下」げて、十王堂の由来について、聞いてみたら良いなと思いました。久しぶりにセンサーが・・・

Commented by yamaneko at 2007-10-10 21:08 x
名梨様
おあいした(お会下)
お見事!

本当に目を疑いましたよ。
まさか、こんなところで、しかも朝から名梨様にお会いするとは!!
真っ先に浮かんだ言葉は「遠野は狭いな~」でした。そして朝からご奉仕なさっている名梨さんに敬礼!

会下さんにはお会い出来ませんでした。母屋を訪ねたのですが人気がなく・・・順路?を歩みました。いや。。。あの・・・いい雰囲気でした。
正直、十王堂より面白いものがいっぱいありました。

まわりの変わりようには気付きました。
一回それにクローズアップしてエントリーしたいと思います。

Commented by yamaneko at 2007-10-10 21:12 x
くつろぎどん

お、少しはヒネッたコメが・・・と思ったら名梨さんのパクリぢゃないですか。

おおーい山田くん、三遊亭苦痛労鬼どんの座布団全部持ってって!
ということで笑点、お開きの時間でございます。
ちゃんちゃらすちゃらかすっちゃんちゃん ぱふっ!

Commented by 一如 at 2007-10-10 22:08 x
 どわんどわんどわん、ん、んん(ドップラー効果のさま)

 えっと、そのかぼちゃですけんともおなまえが
「雪化粧」さんと申しますの。
おいしゅうございますの。
ちょっと前は流行っていたのですがね、最近少ないでんな

 会下さんでしたな、あ、ちゃう、十王堂さんでした(笑)後のおたもしみってことで

Commented by yamaneko at 2007-10-11 06:15 x
一如様
を? 今なにか目の前を賑やかに通り過ぎていったようで・・・(w

むむ、かぼちゃに目が行くところなんざぁ、続石一如さんです。
なんか、この先の展開を読まれているな~
姐さんには隠し事出来ないや(w

Commented by romi at 2007-10-11 10:38 x
転校して更に数年後に戻ってきた同級生が居た。
話題作りには余念のないヤツでした。
市役所の裏にアイシタと言う彼女が居るとか・・・・彼女の名前はアイシタ○×△だとか。
アイシタ????会下・・・エゲだろう~が!
と心で思ったが余りにも本気で喋っているのでドン引きした記憶がある。
博爺若かりし頃の話なり。

Commented by yamaneko at 2007-10-11 19:27 x
romi様
マジボケですか?
彼女の名前をず~っとカン違いしていたのすか?

バレタ瞬間別れるな、こりゃ(w

Commented by 宝飯爺 at 2007-10-11 19:44 x
ここの息子さんやお父さんには仕事上お世話になっております。夏の終わり頃に仕事でお邪魔した。ついでに十王堂を案内して頂きました。大きな桂の木の回りには古い墓石があり今は無縁仏とか・・こちらのお宅で供養しているそうです。
昔、お寺があった場所でその昔、基礎工事の時に炭が出たとか?昔の火災で類焼をまぬがれたのが十王堂の木像だと会下さんが言っておりました。
歴史のある家のようですね~

Commented by yamaneko at 2007-10-11 20:06 x
宝飯爺様

お、復活ですね。
この度はご愁傷さまです。同世代が去っていくのは本当に悲しいです。

うちの祖父が逝く寸前に、こう言ったそうです。
「知っている人は皆逝ってしまった」
101歳の大往生でした。同世代がいない境遇は想像もつきません。

で会下家は名梨様も縁遠からぬとか。宝飯爺様も・・・本当に遠野は狭いです。

はい桂の木の根元に風化した墓石があります。
初取材のとき、無邪気に石碑だ!と近寄って墓石と判り、引いてしまったことを思い出します。

ここがお寺さんの名残だという話は知っています。寺とか神社は不滅だと思っていましたが、存外そうでもないのですね。
会下家の十王堂前でそう考えました。



<< 区画整理      遠野 DE ランチ >>