山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 09月 29日

小さい秋

9月中旬という時季を考える。
ワタクシの住める地方ではまだ残暑の季節でして、昨今の温暖化傾向によって、もはや盛夏と言ってもいいくらいの暑気です。



しかし、遠野では小さいながらも秋の姿が見受けられました。



c0337257_12104328.jpg

毬栗(いがぐり)の追いかけっこ
距離が縮まることは永遠にないと思う



c0337257_12104449.jpg

山で避暑を楽しんだ赤とんぼたち
三々五々里へ降りてきて今度は秋を楽しみます。



c0337257_12104440.jpg

早いところは稲刈りが始まっていた。
いくらなんでも早すぎないかい? と思ったが結果的には正解だったのかも知れない。
翌日からの集中豪雨は少なからぬ被害をもたらしたはずだ。



c0337257_12104476.jpg

田の色が微妙に違うのは、かの名文にあるところの「名処」の違ひなのか?
c0337257_12104428.jpg

山間ほど金色の輝けることはなはだし。

今週末の遠野は稲刈り最盛期でしょうね。
金色の野を楽しめるのも今週限りか・・・・・・











by Wild_Cat_Seeker | 2007-09-29 07:27 | 花、植物 | Comments(10)
Commented by 名梨 at 2007-09-29 08:30 x
 最後の画像は上宮守ですな、行動半径が益々広がってますね、そのまま寺沢登ったのすか?。
 今日明日は里もお祭りですが、山もお祭りでしょう。

Commented by romi at 2007-09-29 08:39 x
あや、お嬢とおんなじアングル。
赤い糸が見えますね~。
通い人の目線がここまでシンクロするとは(@o@)
驚きを越えた運命を感じます。

山猫目線のローアングルが久々な気もします。
秋のど真ん中、名梨さんではありませんが里も山もお祭状態です。

Commented by くつろぎ at 2007-09-29 12:07 x
山里の小さい秋発見、大きな幸たくさんありますね。稲穂が、ゴールドに輝いています。岩手の方は、「岩手純情米」かな?

Commented by 一如 at 2007-09-29 12:37 x
あーーんあんあん
あ~~~んあんあん

はじかれた、秀作コメ

Commented by yamaneko at 2007-09-29 19:55 x
名梨様
続石、一目で上宮守と見抜かれましたね。
ええっと逆で、寺沢から下りてきました。

此処はいろいろと面白いスポットがありますね。
今後追っていきたいと思います。

Commented by yamaneko at 2007-09-29 20:00 x
romi様
通い人なら飛びつく光景ですよ。
多分一番早い稲刈りですから。
しかし玉嬢はペットボトルに着目した。ワタクシは今日まで気付かずにいた。この違いは大きいですよ。観察眼の質が全然違うのですね。

里も山も収穫の時季ですね。
ああ、新米くいてー
キノコ汁くいてー
遠野ホップを使ったビールのみてー
食欲の暴走が怖いこの頃です。

Commented by yamaneko at 2007-09-29 20:03 x
くつろぎどん
コメは新米に限りますが、流通とおして買ったコメはもはや信用できんですよ。
本当の新米を食べたければ、生産者と直に渡りをつけないと・・・・ま、古米混ぜられても気付かない鈍感な消費者も悪いのですけどね。

Commented by yamaneko at 2007-09-29 20:05 x
一如様

わわ、落ち着いてください。じっくり落ち着いてそのコメを思ひだして再投稿を・・・・

ココ○グ・・・・今日おかしかったです。
朝、ネタの仕込みをしようとしましたが、遅くて遅くて・・・・放棄して遊びに行っちゃいましたよ。今も画像アップが遅くて遅くて・・・

Commented by あ~る at 2007-09-30 00:31 x
「その者、蒼き車を用いて金色の野に降り立つべし
失われし大地との絆を結び ついに人々を碧き清浄の地に導かん…」
言い伝えは本当じゃった。

あっ!!青い彗星号じゃなかったんだっけ?
人・・・猫違いでした。

Commented by yamaneko at 2007-09-30 07:04 x
あ~る様

青い彗星号も結構ガタきていますし、それ以上に運転者が老朽化しておりやうな次第で・・・・・
日程に余裕があれば出動可ですよ。
あ、冬はイケマセン。夏服の箱入りクルマですから(爆)



<< スクープ!妖怪睡魔くん      墨絵の街 >>