山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 06月 23日

6月の花々

詳しいどころか無知に近いのですが、やはり美しいものには惹かれてしまうので
6月の遠野で出会った花々を一挙公開!



c0337257_12093657.jpg

郷のあちこちで見られた白い花。名前? わかりません。_|‾|○



c0337257_12093693.jpg

大振りで紫の花。 名前? わかりましぇん。_|‾|○



c0337257_12093675.jpg

ちょっとくたびれていたかな?
菖蒲? アヤメ? カキツバタ? わかるはずなかろー_|‾|○



c0337257_12093682.jpg

高原にいっぱい咲いていました。
梨の仲間?山梨? わかりまっせん_|‾|○
他にケショウヤナギが房を飛ばせていました。それは幻想的でしたね。



c0337257_12093677.jpg

なんか、リンゴの仲間らしいですよ。名前? 座敷親父さーん?_|‾|○



c0337257_12093672.jpg

これは判ります! ふじ、フジ、藤、ふじこちゅぁ~ん!(キモチワル!)



c0337257_12093642.jpg

これ、結構見かけたのですが、名前知らず_|‾|○



c0337257_12093678.jpg

これも初夏の雑木林でよく見かけます。オオカメノキ?
自信なし_|‾|○



c0337257_12093613.jpg

おお、ついに出ました!

五月に萱を刈りに行くとき、遠く望めば桐の花の咲き満ちたる山あり。
あたかも紫の雲のたなびけるがごとし。



c0337257_12093751.jpg

されどもつひにそのあたりに近づくこと能はず。

ワタクシ思うに、紫にけぶっていたのは藤の花ではないかと・・・・・
桐の木が深山に群生しているとは到底考えられないので・・・・

でも、もし桐の木が群生していたとしたら、それは人の手が加わっている証拠であり、桐を栽培し、何かを作る集団が山奥に住んでいた証拠になります。
ちょいと妄想入ったかな?



by Wild_Cat_Seeker | 2007-06-23 06:42 | 花、植物 | Comments(12)
Commented by about at 2007-06-23 07:30 x
お早うございます。
「藤」しかわからないッス。
林崎宝了社にも咲いていたのですが残念ながら映像に残せませんでした。傍のりんご屋さんは早朝から仕事に励んでいまして写真を撮りに行き難かったんです。時季を逃してしまいました。

ホーリヤウの社には必ず藤を裁ゑあり候
これは藤の他の木に絡りたる様が蛇に似たる故と存じ候

石上問答からの引用ですが「童子さん」のところから更に引用しました(笑)。

Commented by 一如 at 2007-06-23 09:05 x
 2枚目はテッセン、最近はクレマチスと言われているが違いがわからん。先日aboutさんちでもUPしてたねぇ。
 4、5枚目は相棒が「山梨だ」と断言しております(ホントカ:笑)
 藤の次は栃の花でやんすね(関取デハナイ:笑)バイパスにも植えられてますし、盛岡の中央通県庁前の通りにも植えられています。拾うのが楽しみじゃ
 桐で妄想しとりますな。木地屋集団が木も栽培していたのかっ???

Commented by yamaneko at 2007-06-23 15:01 x
about様
こんちや。
むふふ、林崎のホウリョウの藤は前回訪問時に遠くからですが確認しました。
同じく、婆様が畑仕事をしておりましたので、遠くからシャッターを切っただけで終わりました。

Commented by yamaneko at 2007-06-23 15:13 x
一如様
へぇ~鉄扇・・・・テッセンねぇ。
栽培種だったのですね。てっきり野の花かと・・・’パール ダズール’なんて名前もあって面白いです。
5枚目も梨でしたか・・・てっきりヒメリンゴの類かと思いました。
で栃の花(東前頭10枚目くらいですか?−笑い-)
おお、トチノキでしたか。土地持ち・・・栃餅が有名ですね。
本来彷徨える人々が木を植えるなんてことするかしらん・・・いやいや50年後100年後の子孫のために桐畑を各所に持っていたりして(モーソー!)

Commented by fusehime at 2007-06-23 16:08 x
こんにちわ fusehime です 山猫氏は、紫のお花が好きなようにお見受けしましたが
遠野の山々は紫の花が多いだけなのでしょうか?
きれいな花には、毒があります お気をつけ下さい 

Commented by タマ千代 at 2007-06-23 16:39 x
やぁっぱ、7月頃迄が夏の華やかな花が盛りかなっ。
山ン中なのにぜぇぶん色々見かけたんですね。クレマチスを見るとドナタカを思い出します。
秋に栃があったトコに行けば、実がいっぱぁい落ちているかも知れないですね。
三ヶ月神社んトコを思い出します。
餅にするには、結構手間が掛かるそうです。

・・・・そっか、マヨヒガに行きたる途中に桐の花あるは、そんな事も考えられますねーさっすがぁの一如しゃんなのです。

梅雨の合間の一点晴れみたいな週末で、遠野が呼んでいる気配がすれど・・・・妖怪ダル神に取り憑かれているかもん。


Commented by 座敷親父 at 2007-06-23 16:42 x
呼ばれて飛び出てジャジャジャジャ~ン
あれっ、お呼びでない
一如さんが解決してらっしゃる。
しかし、
花弁の色は梨みたいでやんすが、花の咲き方がりんごでやんすよ。
yamanekoさんが最初に思ったとおりでやんす。

梨もりんごも同じバラ科なんでやんす。
花を見て、何が違うかと申しますと、りんごは1頂芽に4~6の花が咲き、中心の花(中心花と申します。)から咲き始めるでやんす。それに対して梨は螺旋状に下の花から咲くでやんす。
りんごの食用品種は全て外来の品種が基になっており、自生種はカイドウと呼ばれるもの(台木として使われている「三つ葉カイドウ」「丸葉カイドウ」が有名なところでがんす。)、姫りんごの様に小さなりんごしか無いと思っていたでやんす。(紅玉だって原産はアメリカ大陸でやんす。本名はJonathanと申します。)
りんごも梨も自家受粉はいたしやせん。近くに別の品種がないと実が成らないものでがんす。
折角山に自生していても、近くに同じ科の違う品種が無いと実にならないでやんすね。

Commented by yamaneko at 2007-06-23 20:20 x
fusehime様

ご無沙汰です。大出の学校閉校ネタ以来ですか?

>紫のお花が好きなようにお見受けしましたが

あ、確かに青系統の色は好きです。でも遠野って言われてみれば紫の花、ありますね。敦盛草もそうですし・・・・

>きれいな花には、毒があります お気をつけ下さい 
あい、新宿や池袋や渋谷の毒ほどじゃないと思いますが、美しいものは怖いものというのも真理と心得ております。(爆)

Commented by yamaneko at 2007-06-23 20:25 x
タマ千代どん
花は全部無視!
というスタンスで行くかとも思ったのですが、
6月の遠野は花多すぎ!

無知な山猫も思わずデジってしまう華やかさでした。
栃の実は灰汁抜きに手間がかかるとぐぐりました。
栗栽培したほうが楽でんな。
は、それで三内丸山に栗林があったのすか??

この週末、初夏の晴れ遠野ラストチャンスですよ。
杏の家がおそらく百花繚乱ですよ。(と唆すw)


Commented by yamaneko at 2007-06-23 20:31 x
座敷親父どの!
ま、待ってました!
この専門的解説が欲しかったのっす!

実はこの木に至る間に、非常に珍しいヒメリンゴが自生しているから心して進入せよ、という看板がありました。
この花が咲いていた場所は、本当にパラダイスでした。(釣師はご存知かも!)
感動のあまり、公開するかどうか悩んでいる次第でやんす。(あ、うつった!)

Commented by 一如 at 2007-06-23 23:36 x
 三内丸山遺跡の栗もそうですが、新田遺跡でも栗、胡桃、楢などの木の実を採れる木を植樹していたと思われております。
 ぉお、泡物摂取中なのにちょっと真面目んなおいら…プフフ

Commented by yamaneko at 2007-06-24 06:44 x
一如様
泡物・・・・・ククク、ワタクシ、家ビールで睡魔君と格闘した後力尽きました_|‾|○

縄文が狩猟採集文化という通説はもう通用しないかも知れません。結構大規模に環境操作をしていたのではなかろーか?
と真面目に返す・・・・プププ



<< 土曜スペシャル      たまたま玉スポット >>