山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 06月 18日

私設早池峰案内所-河原坊

小田越を越えて旧大迫町側へ・・・・・・実はワタクシも初めて伺います。
わくわく



c0337257_12093238.jpg

到着~! ここは河原坊(かわらのぼう、からのぼう) 花巻市側の登山ベースになります。
平日ならば此処まで自家用車で来られます。土日祝日はさらに下の岳(ダケ)で進入禁止となりシャトルバス利用となります。



c0337257_12093214.jpg

この日も平日にも係わらず、ちらほらと登山者の姿が・・・・さらには観光バスが1台待機していました。続石は早池峯です。
ここには無料休憩所、トイレなどあります。



c0337257_12093282.jpg

小田越ルートの稜線も見えるのは六合目くらいまで。



c0337257_12093284.jpg

清い流れ・・・なんですが飲用不可です。大腸菌汚染されているようです。チャレンジ精神旺盛な方はどうぞ、ぐびっといっちゃってください。(爆)
ワタクシ? いけますよ。この世の中、ばい菌と仲良くしなきゃ生きていけませんもの(爆)!



c0337257_12093216.jpg

いつか、あそこまで縦走しなきゃね。



c0337257_12093265.jpg

帰途の小田越。
薬師岳は全貌を現していました。登高意欲を誘います。



c0337257_12093217.jpg

本来、駐車してはいけない小田越に堂々と止まっているのは某公共機関の車両。
今頃、厳しい救助訓練を行っているのでしょう。(6/8のことです。)
頼りになりますが、お世話にならないように気をつけましょう。
さぁ、短い夏山シーズンの始まりです。











by Wild_Cat_Seeker | 2007-06-18 06:17 | 旅行・地域 | Comments(8)
Commented by 玉千代 at 2007-06-18 09:36 x
淡々と案内しつつ、ノドから手を出していたのではないかと推測します。

川原坊登山口・・・・うわっー懐かしいー
ここから2度登りました。小田越からはマダなんです。
ちょっと先に、ビジターセンターのようなモノがあったかな。
そこで、早池峰の小冊子を買ったコトがありました。

薬師岳登り口も懐かしいー 
下山時、この手前で小雨になったけど地面はまったく泥濘まず水捌けがいいんだな、と感じました。
下山直後に大雨となった際どさが面白かった・・・・。


Commented by 一如 at 2007-06-18 12:43 x
 何年か前、自分だって休日に訪問したくせに、人の多さに閉口しました(勝手なヤツ) そして、登山専門の服装して ”マナーなし”の人々を目にした時「来なきゃよかった・・・」と思ってしまいました。休日に行くのは恐怖である…

 あっ、山頂じゃなくこの道路付近の話でござる。

Commented by 某公共機関の猫 at 2007-06-18 12:58 x
普段駐車してはいけない場所に堂々と停めていた某機関の一員です・・・謝

開山間近の平日であっても、20名以上の方々と山頂及び途中で遭遇しております。

厳しい訓練前に山登りでバテルかと思ってましたが、割と体力的にも余裕がありましたし、その夜に26時までの大騒ぎ、しかも3日を要しての筋肉痛に襲われる覚悟ながらもピークは2日後、4日目には、ほぼ完治・・・下半身は「わげすたず」だったことに喜びを感じております・・・汗

我々某機関は遠野市分の小田越が守備範囲、河原坊は、小田越より遙かに厳しいコース、無論事故が無いにこしたことはございませんが、密かに小田越でよかったと思っております。

Commented by romi at 2007-06-18 13:57 x
トラとヤマのニアミスだった証拠写真ですね。
トラもヤマも26時まで・・・・たいしたもんだ。
おら、後遺症が4日も続いた・・・今も・・・。
マイクは禁止しないと駄目なようです。(๑→‿ฺ←๑)

Commented by yamaneko at 2007-06-18 21:17 x
玉千代どん
我こそは喉から手なる怨霊~!!!
これがもし午前中だったならば、五合目までは登っていたでしょう。雲が無かったら、間違いなく頂上まで!!!

薬師岳は花崗岩の山。早池峰は蛇紋岩の山。
お隣同士でも全く異なる生い立ちなのです。
それがまたフシギです。
花崗岩だから水はけも良かったのでしょう。
今回のエントリーは玉千代さんにとって「センチメンタル・ジャーニー」でしたね。

Commented by yamaneko at 2007-06-18 21:27 x
一如様
本当の山人山女は早朝にそっと姿を見せて、ハイヌーンにはすでに麓で蕎麦でも手繰っています。
一如様が見られたのはエセ登山家でしょう。
これは一つの矛盾です。
元来、自然に接する者たち(登山家、釣師、漁師、林業従事者etc)が自然をないがしろにしている現実はあります。

ここに観光行政の浅はかさを感じます。
だれもが、貴重な大自然を満喫出来るよう、至れり尽くせりの歓迎は得てして自然破壊を招くもの。早池峰の周囲をすべて立入禁止にされないように、ワタクシたちは節度を持った行動を心がけるものです。

Commented by yamaneko at 2007-06-18 21:30 x
某公共機関の猫様

訓練お疲れ様でした。
そのあと26時までお付き合い・・・すごい、凄すぎる!!
鬼の目にも涙!!


Commented by yamaneko at 2007-06-18 21:33 x
romiどん
声帯が弱いのは先天的ですから。
でも、アリスはしっかり歌い上げていましたよ。(笑)

やまのかみ様も声帯が弱いようでしたね。
唄いたいけど声が出ない!
まるで変声期の子供みたいにデリケート。



<< 足ヶ瀬グリーン      旬の筍を戴く >>