2007年 03月 22日

馬木ノ内

遠野物語拾遺189話

上郷村佐比内の佐々木某という家の婆様の話である。以前遠野の一日市の甚右衛門という人が、この村の上にある鉱山の奉行をしていた頃、天気のよい日であったにもかかわらず、にわかに天尊様が暗くなって、一足も歩けなくなってしまった。そこで甚右衛門は土にひざまずき眼をつぶって、これはきっと馬木ノ内の稲荷様の仕業であろう。どうぞ明るくしてください。明るくしてくだされたら御位を取って祀りますと言って眼を開いてみると、元の晴天の青空になっていた。それで約束通り位を取って祀ったのが、今の馬木ノ内の稲荷社であったという。



c0337257_12082928.jpg


この物語を読んだとき、これは科学的に説明つけられるはずと考えた。

物語の時代は幕末(1859)から明治初め(1873)まで佐比内鉱山が稼動していて奉行なる役職がいた間ということになる。



c0337257_12082980.jpg

さて、甚右衛門さんが遭遇した、天尊様が急に暗くなる現象だが、素直に捉えれば日食ということになりますな。



c0337257_12082973.jpg

過去に岩手県で見られた日食を調べてみると鉱山の歴史と合致するのはひとつだけ。
1872年6月6日 最大86%が欠けたらしい。



c0337257_12082916.jpg

欠けはじめは11時13分。最大時は12時58分。欠け終わりは14時36分。

よっしゃ、これで謎は解決だ。
しかし、待てよ。甚右衛門さんこんな長い間突っ伏していたのかな・・・・・・・???

実際、単に貧血を起こしただけだったりして(笑)
鉄鉱山の奉行なのに鉄不足とは(爆!)

ま、結局のところ真相はよくわかりません。









by Wild_Cat_Seeker | 2007-03-22 06:22 | 遠野物語の地 | Comments(6)
Commented by 一如 at 2007-03-22 13:07 x
 結論→んだべ そのとおりだべ と思われます。しっかし日食の話題がある時期を見てUPされるとはおぬしもやるのう うほっほ(だれじゃい)

 稲荷さんの社は随分立派ですね。網は糞害予防かしらん

Commented by 玉千代 at 2007-03-22 22:54 x
ま、またしても載せ忘れ神社・・・・
金色の海原の向こうに佇む姿は、今の季節ではねへぇ・・・
そんな曰くありげなトコだったとは。
りさぁち不足をしみじみと感じて居ります。

馬木内という地名も不思議ですねー
何か、ヒミツの機関がありませんでしたっけ・・・?



Commented by yamaneko at 2007-03-22 23:32 x
一如様
ほっ? 日食の話題がありましたっけ?
世情に疎い山猫を露呈(笑)

しっかし、日食が神の怒りと思われていたのはせいぜい平安時代まででしょうね。江戸時代にはすでに天の岩戸の神話は皆既日食だという説を唱える学者さんがいたそうですよ。
ですので鉱山奉行どんはやはり重度の貧血かと・・・(爆)

Commented by yamaneko at 2007-03-22 23:42 x
玉千代どん
ははぁ、スルーしちゃいましたか?
此処こそは鉱山奉行どんがお稲荷さんの怒りに触れて倒れた場所ですよ。(もしくは貧血 爆!)

馬木ノ内
たぶん、「まぎのつ」と読むのではと思うわけで
まぎと言えば・・・・

この社の地下2208mの地点にセントラルドグマがあり、そこには三体の生体コンピュータが鎮座しているらしい。それぞれ
magi shiro(マギー司郎)
magi shinji(マギー審司)
magi minenko(マギーミネンコ)
と呼ばれ、実質遠野市政を司っていると云ふ。

ひゃ~! また妄想しちまった。
今月の妄想料金は高くつくなぁ!

Commented by タマ千代 at 2007-03-23 18:26 x

>magi shiro(マギー司郎)
>magi shinji(マギー審司)
>magi minenko(マギーミネンコ)

こ、コレがいまだにわからない・・・・
フィクション?
yamanekoどんの創作?

謎は深まるばかりだわー・・・・


貧血爺様に、yamanekoどんの霊力・・・鉄力を分けておあげなせえ。
・・・・アッ。故人か;


Commented by yamaneko at 2007-03-23 22:28 x
タマ千代どん

ええ~、これで全て晒してますよ~。
無論ワタクシの創作というかパロディです。

エヴァのmagiと遠野の馬木(ノ内)を掛けて、さらにバルタザール、メルキオーレ、カスパーに相当するところを思案していたところ、いるぢゃないですかmagi(マギー)と名を冠する芸人さんが・・・って説明している内に自分でも「なんてアホなことを?」と我に返る。(爆)



<< えんでわーるど(望岳編)      宇南田の地 >>