山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 01月 15日

山崎のコンセサマ

ここも超有名観光スポットです。
それ故に足が遠のいていた場所でもあります。



c0337257_12075486.jpg

1997年に来ているから10年ぶりか・・・・・
人間の記憶はあやふやですなあ。
なんか、初めて来たような気がしてきた。



c0337257_12075406.jpg

心なしか体感温度が2~3℃急に下がったように感じた。



c0337257_12075496.jpg

しかし、まぁ、なんと言うか、おおらかでユーモラスな神様ですよ。



c0337257_12075452.jpg

思わず平伏してしまいそうになる。(笑)



c0337257_12075497.jpg

この看板も相当色あせましたね。

周囲や、ここに至るまでの間、ご神体(?)がいっぱいありますが
映像の公開はちょっとね・・・・・
ま、ご自身で確認しに行ってください。(笑)









by Wild_Cat_Seeker | 2007-01-15 06:57 | 神社、仏閣、石碑 | Comments(8)
Commented by romi at 2007-01-15 07:42 x
人類の根源ですから・・・・
ぴゅぴゅ~ん(←ん?)

Commented by about at 2007-01-15 12:44 x
こんにちは。
おゎ!山崎のコンセイ様。しばらく見ないうちに立派に整備されていますね!
ここの付近に同級生宅があり小学生のころはしょっちゅう遊びにきてました。もちろんココも遊び場でしたよ。お堂左にある「丸い石」のご神体は当時はありませんでした。しかし河川整備の際に「出てきた」んです。下まで流されていたんですね。
と、小学生のころの記憶なのでもっと違う場所から見つかったのかもしれません、忘れました(笑)。
見つかった当時もまだ小学生で「変わった石が見つかったぞ」とか言ってこともあろうに、「あの石」の上に上ったりして遊んでました…。当然、右側の東北大学の地震観測所も中に入ってみようとしたり…。
えぇ、みんな田舎の「ばがガギ」でした(笑)。

Commented by yamaneko at 2007-01-15 22:10 x
romi様
やや、いつもと逃げる音が違うような・・・(爆)

しかしながら、人間の記憶はあやふやですよ。
社の位置や、国道からの距離など10年前の記憶とは段違いでした。
びっくりくりくりくりっくり! でした。

で、このあと「じぇすともあべ」に向かった次第です。

Commented by yamaneko at 2007-01-15 22:13 x
about様
一言で言って「うらやましい」です。
子供時代は東京の下町でしたから、身近に自然なんかありゃしません。自然の中で冒険をすることに限りない憧れを持っていました。
そんな幼児体験が山猫化を招いたのではないかと山猫風呂糸博士は分析するのでアリマス。(爆)

Commented by tamachi at 2007-01-15 22:42 x
あはは。ワタクシもイナカのバカガキでした。
神社やお寺の境内で、よく遊んだっけ・・・
今は町の天然記念物となり、立ち入り禁止になってしまった木によじ登ったり・・・・
山奥の旧跡を一人で探検したり・・・

メジャーな観光スポットは、ワタクシも卒業・・・という訳ではないけど何故か素通りですね。
改めて行けば新しい発見がありそうです。
この場所・・・(ウホ、おしょすいごだー)遠野初体験の時、一日で2サイクリングコースを激走した時に行ったんだっけか・・・(←あんた、バカァ?!)




Commented by yamaneko at 2007-01-15 23:00 x
tamachi様
えー、ワタクシは神社の境内やお寺の境内が唯一の身近な自然でした。あ、近くの大きな川もかな?
ワルガキの冒険といえば、その川を渡る(貴女もヨ~クゴゾンジノ)J盤線の鉄橋を歩いて渡ったり(アブネー!)、
その大きな川の源を探す旅に出たり・・・・
驚くなかれ! 20歳の時にその場所へ辿りつきたり!

うう、「ようつべ」の絵羽関連の動画が消えてしまって悲しい!
せっかく、なんとなく判ってきたのに・・・・


Commented by romi at 2007-01-16 01:30 x
バカガキごっこ???・・・・無無無参戦!!
おらは、田舎の正統なエリートでしたんよ!(マジ)
膝株の見えるツギハギズボンに両袖は鼻汁でカピカピ。
顔中バッテンマークにして、他の男どもは理性があって出来ないことも結構先頭を切ってやってました。
学業はてんでダメでしたが、遊びは一流でした。
メンコ、ビーダマ、釘刺しは敵がいませんでした(小さな世界でしたから・笑)
2級上の子を子分に従え、喧嘩は体が小さかったので急所攻めの禁じ手ヨロシクの・・・お子さんでした。
当地方ではこう云ったガキ(遊びと喧嘩のエリート)を豪傑と呼び、恐れおののいた物です(たぶんです・爆)
エピソードは沢山ありすぎます・・・いつかそのうちに・・・

Commented by yamaneko at 2007-01-16 07:13 x
romi様
なんか、典型的昭和のワルガキって感じですね。
今では絶滅してしまった貴重なイキモノです。(笑)
エンデのいまひろテンボでげすな!
いろいろ面白い話がありそうです。
びゅびゅ=ん



<< 遥かなる影Part2      小鎚明神奥ノ院ふたたび >>