山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 12月 14日

街中徒然日記

何気に気になった絵を一気に公開。



c0337257_12073740.jpg

駐輪場・・・・月極でいくら?・・・・・ではないだろう。



c0337257_12073772.jpg

囚人・・・・・ではないだろう。
しかし大きい草鞋に下駄だこと!



c0337257_12073796.jpg

「あ、顔は写さんといて! 取材なら事務所を通してくれへんか?」
と言っているように見える・・・・わけないよね。 (いや、困惑している!)



c0337257_12073730.jpg

小さな社。
元は此処に建っていた家の氏神様だったのか・・・・



c0337257_12073844.jpg

きれいなドウダンツツジだ・・・・・ん?



c0337257_12073835.jpg

目に入っちまったからにゃ、仕方ねぇ!紹介するか。
えーっと、大カッパ小カッパです。(笑)
横にはどてかぼちゃが見えていますな。

遠野の街中は徒然なるままに歩くと、面白きものに遭遇しますな。
街をあげて「通い人」を驚かすことに徹しているように思えます。









by Wild_Cat_Seeker | 2006-12-14 07:56 | 遠野の街中で | Comments(10)
Commented by romi at 2006-12-14 10:40 x
経済的には裕福な所とはいえない町です。
夕張市のようにならないようにせねばー(市長の心根)

でも心は豊な方かもしれません。
何せ世界民話博のパビリオンを遠野一円とした、前市長が居りましたからー。

遊心はある意味余裕がナイトね!
ほんと、暇はないね・・・・儲からないけど。。。。。(涙)

Commented by 一如 at 2006-12-14 12:31 x
 自転車のとこは遠高通り、中の建築物は築40年以上は経っているでしょう。仁王像のとこは、智恩寺。かっぱ様は○田石材店の軒先ですな。大抵の景色はわかってしまう遠野人特有のアンテナ・・しかし、お社はわかりませんなぁ。この流れからすると新町界隈のはず。見たことない形状のお社ですね。車でブーっと走るだけなので気づかないかも。たまには歩いてみよう。山猫様、いつもありがとうございます。あなたのおかげで色々なものを新発見、再発見しています。

Commented by about at 2006-12-14 17:32 x
お晩です。
門が駐輪場に使えるとは家主も予想外だったと思いますね(笑)。

Commented by とらねこ at 2006-12-14 18:54 x
丸渕君のお父さんと弟がおりますね。

自転車置場としている門、門の横には料金をいれる缶が置いてあって、入れると「チャリン・・コ」と音がします・・・・大汗・・・びゅ~ん

Commented by たまやん at 2006-12-14 22:07 x
六日町から「なかのはし」辺りまでかな?かな?
遠野高近くの屋根付き自転車置き場(2台限定)にはいつもチャリが置いてありますが、放置ではないですよね~がっ、少なくとも今年の3月からありました。

「丸渕君」の生家は「ここ」だと推測します。
しゃーます(もてあます)しそうなカボチャは、町行く人にオロロキと笑いを与えながら充分役に立っているようです。

智恩寺の門は、朝多賀神社の石段を登って鍋倉山麓に至るトコから見ると、素晴らしい眺めになりますですよ~


Commented by yamaneko at 2006-12-15 02:04 x
romi様
tohnoの光と影ですね。
通い人を驚かすだけじゃ、稼げないですものね。
でも、遊び心はひしひしと感じます。
ある意味、それが他の地方都市とは一線を画している良い例だと思います

Commented by yamaneko at 2006-12-15 07:18 x
一如様
最後の社は、お察しの通り、新町です。
朝散歩は、普段見落とす「コネタ」を拾う絶好の機会ですね。
いやー、お褒めの言葉いただくと、背中がこそばゆいです。(痒いの意)。

Commented by yamaneko at 2006-12-15 07:20 x
about様
なんか、由緒あるお屋敷だったような造りです。
ここは、2.3回通りましたが、常に自転車が置いてあります。

Commented by yamaneko at 2006-12-15 07:21 x
とらねこ様
ちゃりんこ・・・・!!
びゅびゅ~ん!

Commented by yamaneko at 2006-12-15 07:24 x
たまやん様
この日は、ことのほか冷え込みまして・・・・街限定の朝徘徊でした。
でもネタいっぱいの良い朝でしたよ。



<< 人から猫へ      風の通り道 >>