山猫を探す人Ⅱ

okenamay.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 11月 15日

杏の家

小友町の谷の奥に、その家と庭はあった。
一目見た瞬間、思い当たった。
これは玉千代さんが絶賛していた花屋敷だ。



c0337257_12071866.jpg

2,3回シャッターを押したところで、家の方からお声が・・・・よく見ると小柄な女性がいらっしゃる。

あ、またプライバシーの見えない境界線を越えてしまったか! と恐縮しつつ
「すいません。素敵な花だったので写真に撮ってましたぁ。」と言うと、手招きして下さる。

そして幸運なことに、素敵な花々や珍しい木を次々と紹介してくださるではないですか!!



c0337257_12071851.jpg

露地植えの菊は今が盛です。中央のつつじはこう見えても樹齢ン百年の古木で岩を抱えるように生えています。



c0337257_12071850.jpg

「今はいちばん花の少ない季節です。」とこちらの主様はおっしゃいますが、なんのなんのです。視界に入る花の数はいくつあるのでしょう?



c0337257_12071811.jpg

聞けば、桜の木を一例にしても種類を多く植え、順番に花が咲くように工夫しているとか。
周りの広大な敷地を花の園にしておられる。しかも一人で・・・・!!



c0337257_12071846.jpg

鹿おどし・・・・きのこ・・・・干した大根・・・・なんとも風情溢れる光景!!
きのこは裏山から調達したそうな。春から山菜がいっぱい採れるよ。と主様はおっしゃられます。



c0337257_12071857.jpg

裏山といえば、この落葉松林の奥に高貴なお方の墓所があるとか・・・・・



c0337257_12071844.jpg

で、この朽ち果てた大木が「あんずの木」で、そこから屋号が「杏の家」となったそうです。
屋号の元となった由緒正しい木を朽ちるままにするには忍びなく、 別の木を巻きつけて倒れるのを防いでいます。主様の草木に対する深い愛情を感じる光景です。



c0337257_12071829.jpg

「今度は桜の頃か、菖蒲の頃にいらっしゃい。」と主様
うん、そうさせていただきます。
帰り際に飲み物の差し入れまでいただきました。
本当にありがとうございました。





by Wild_Cat_Seeker | 2006-11-15 00:27 | 花、植物 | Comments(10)
Commented by のら at 2006-11-15 07:40 x
yamanekoさ~ん だ~い好き!! ^^
『花屋敷』の秋、ありがとうございます。満足^^ 秋の様子がとても気になっていました。
(主様と言葉を交わされたのですよね・・・いいなぁ~)



Commented by about at 2006-11-15 08:53 x
おはようございます。
晩秋の花屋敷もなかなかですね。日本ほど四季のはっきりした国も無いそうですが、その四季が広い敷地に表現されているのですね。手入れとか管理とか大変そうですが私のようなアバウトな輩にはそんな苦労など知る由もありません…。

Commented by tamachi at 2006-11-15 18:48 x
autumn colorを意識したかのような庭に変わっています。
お庭を維持する手間や苦労は計り知れませんが、きっと「大変」だなんて思っていないような気がします。
大好きなんだと思います。

お家の方と出会えてラッキィでしたよー
可愛らしい方でしょー
「杏の家」の由来を聞けてよかったですー
また、行ってみるどう。
場所柄、花が咲きそろうのは平地より遅いようです。多分桜も。
菖蒲の季節、確かにとても良かったです。
ショック受けましたよー現実世界じゃないみたいで。
で、この途中も面白い風景がありましたの。


Commented by とらねこ at 2006-11-15 20:08 x
外山ですか?
高貴な人物の墓所・・・及川善右衛門のお墓でしょうか?

Commented by yamaneko at 2006-11-16 00:13 x
のら様
ほほ、光栄です。ぽっ(赤面)
なんか、主様のお話を伺っている間、浮世を離れていました。
秋には秋の風情がありました。タシカニ!


Commented by yamaneko at 2006-11-16 00:16 x
about様
苦労しています。と言いながらまんざらでもない主様のご様子がまた、頼もしかったです。
志村けんが来る来ない、の話がまた面白かったです。

Commented by yamaneko at 2006-11-16 00:20 x
tamachi様
おそらくtamachi様の先駆的記事がなかったら、素通りしていたことは間違いないです。
感謝感激雨あられです。(コテコテ表現)

ここは春夏秋冬、訪れるべき場所です。
年間何百人と訪問者がいるのは、頷けることです。

で、オモロイ風景ってなんじゃらほい?

Commented by yamaneko at 2006-11-16 00:23 x
とらねこ様
そのお名前までは聞けませんでしたが、おそらくとらねこさんのおっしゃる人物と思われます。

なにやら、墓所の碑を建てた折には、ゆかりの方々がバスを仕立ててお参りに来たらしいです。

外山(あ、バレバレでしたか)は濃い空間です。

Commented by はやと at 2006-11-18 22:14 x
いやぁ・・・ まだまだ こんなに
隠れたステキな穴場があるんですねぇ・・・
遠野の里に植物を愛でる方
yamanekoさんのデジから
キモチが伝わってきます。
いいなぁ 次回遠野に行くときは
ここらへん界隈もぷらぷらしたいなぁ と
思うのでした。。。


Commented by yamaneko at 2006-11-18 22:47 x
はやとさん
こんばんは!
本当にガイドブックに載らないところの方が濃いのですよ。遠野って本当に不思議な土地です。

ここは是非、はやとさん自ら取材してみてください。ワタクシのデジ力(りょく)では見逃したものが一杯あるはずですから。

5月の桜の頃か、6~7月の菖蒲の頃ですって。
(と煽る)



<< 切伏の風景      ダーティファイトin種山ケ原 >>